--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016年04月16日 (土) | 編集 |
2週間のご無沙汰です。ぽちこです。

さて表題。
発達屋・心理屋として給料もらいながら人様の人生の物語を拝見するようになって十年目の春のおいら、とっくりと考えました。
いわゆる残念な対人援助職とそうでない対人援助職とは、どこでどう分かれるのかと。
しかし。

わかんない。

わからないのですよこれがまた。

あ、残念でない援助職というのはですね、自分の無力さ残念さを日ごろから痛感していて、それに打ち克とうと少なからぬ努力をしている人のことを言います。
適性の有無とも近い話なのかもしれない。
上記のような努力ができる人は、適性があると言っていいと思うのですよ。問題はその逆の人でして。
自分の無力さからひたすら目を背け、努力もせずに、あるいは間違った努力をし続けてはケースの陰口を叩くという根性の悪いあいつのことです。
あなたのそばにもいますよね?いましたよね?そういう人。

そういう人に限って、自分にとってはこの仕事が天職だとかペロッといえちゃうあの感じ。
そしてまるで大天使様であるかのような上から目線とふるまい。
翻って、腕のいい対人援助職は、まるで悪魔か魔女のようです。
でもって、わたしは後者のたたずまいのほうが、対人援助職には合っている気がするのです。
洗濯屋他人の垢で飯を食い とは江戸時代の川柳だったと思いますが、対人援助職も同じだと思うんですよ。生老病死はもとより、人様の感じる不適応感や親子間・家庭内の不和を飯の種にしているんですから。
人間同士の諍いをエネルギー源として生きる悪魔の方が、対人援助職としてはふさわしいのではないかなあ。

こう考えてくると、天使と悪魔がそうであるのと同様に、適性は生まれつきなのかななどと思ってしまいそうになりますが、いやいや教育の力は偉大なんじゃないかなとか、思いたいわけです。
分かれ目かあ。
うーん。
どこなんでしょ?
スポンサーサイト
2016年04月02日 (土) | 編集 |
さて続きです。

最初に言っておく!俺は、自己愛的な人が苦手だし嫌いだ!

はーすっきりした(↑の元ネタが分かる人はおともだち)。
ということで、SVと自己愛の話。

[続きを読む...]
テーマ:臨床
ジャンル:学問・文化・芸術
2014年07月21日 (月) | 編集 |
ごく最近,フールプルーフという言葉を知りました。

フールプルーフ 【 fool proof 】

工業製品や生産設備、ソフトウェアなどで、利用者が誤った操作をしても危険に晒されることがないよう、設計の段階で安全対策を施しておくこと。正しい向きにしか入らない電池ボックス、ドアを閉めなければ加熱できない電子レンジ、ギアがパーキングに入っていないとエンジンが始動しない自動車、などがフールプルーフな設計の例である。

「fool proof」を直訳すれば「愚か者にも耐えられる」だが、その意味するところは「よくわかっていない人が扱っても安全」。その思想の根底には「人間はミスするもの」「人間の注意力はあてにならない」という前提がある。安全設計の基本として重要な概念である。


引用元はこちら

で,思い浮かんだのは,検査所見をどこまで非専門家向けに砕いて書くかということ。
WISC-Ⅳになってから,検査所見の扱いが非常にシビアになりました。
なった,というか,もともとシビアだったのが,改めて掲示されたというか。
具体的には
・所見を,下位検査名と評価点が明記された専門家向けと,それらが書かれていない非専門家向けに分ける
・専門家向けは非専門家には非開示,学校での保管は禁止
というところが大きいかなと思うわけですが。

私もこの業界に入って8年,いろーんな所見を見てきました。
一番多かったのが,プロフィール表1枚だけのものですかね。これはまあ普通に論外。

あとは,内容がうすぼんやりしてて,根拠が見当たらないまま「~と思いました」とか書かれてるやつ。
ポエムか?ポエムなのか?みたいな。

あとは,「聴覚情報が多くなると覚えきれなくなるようです」とか,一見ほほう,と思わせておいて,実は一般的なことしか書かれていないもの。
こんなん10分面接すればわかるわな,ということが,センモンヨウゴもどきをまとってかかれているものですね。

これらは結局,その所見の目的がどこにあるのか,を所見作成者が分かっていないのだと思うのですよね。
そして,保護者だけに伝わればいいという目的意識のもとで書かれた所見は,個人的には糞だと思います。
その所見がその後専門家の手に渡ることになったとして,その時に何が伝わるか,それを意識せずに書かれた所見はダメです。使えない。

一方で,よくわかっていない人が扱えること,フールプルーフを意図して書いた,というのはわかるんだけれども,それは逆に,その子の専門家としての保護者をバカにしてはいないか。
そして,そういう所見をもとにした対応案をずらずら書いたとしても,それを達成できる余裕が保護者にあるかどうか,それは相談の中で見極めていくことであって,所見に書いとけばいつか見てくれるだろう,というのはフールプルーフの対極にあると思うのです。
プルーフのつもりでできてないというのは,一番使えないものだと思います。

子どもを支えている保護者を支援する,という視点が欠けていることが透けて見える所見は,読んでて気持ち悪いなあと思うのでした。

とりあえず,
・10分話してわかることを賢しらに書いてある所見
・見立ての根拠が書かれていない所見
・読んでも要点がよくわからない所見
は,ダメ,ということで。

でも多いんだよな,この手の所見。
テーマ:心理学
ジャンル:学問・文化・芸術
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。