2005年10月11日 (火) | 編集 |
ロテ職人さんのところでまたしても研究の重要性について触れられているので便乗して。

おいらね,勉強と研究は違うと思ってるですよ。
これは師父の受け売りなんですが。
「勉強」ちう字を見てみると,れるくすると書きますやね。
何から免れるのか。
そりゃピンチからでございましょう。チャンスから逃れてどーする。

そう考えると,試験「勉強」や受験「勉強」は受験失敗というピンチ回避のためにあるとも言えますよね。
志望校合格という目標を自ら設定し,その目標達成失敗を免れるために,進学したい若者は「勉強」するわけで,自分で「ピンチを免れる力」を強める意志と実績のない奴はすっこんでろ,というのがロテさんの主張ではないかと思うわけです(違ったらすみません)。

そんで受験「勉強」である程度以上の努力という危機回避能力を得,大学入学後は,より多くの思想と視点を,「独りよがり」というまた別な危機を回避するために「勉強」するんですよね。

そんでもって大学院は,というと。

「研究」するところ。

なわけですよ,基本的に。

んじゃ「研究」って何さ,と思ってまた字をじ~っと(ぁ)みると,「」いて「」めると書きますやね。
何を「研」いて「究」めるのか。
[続きを読む...]
スポンサーサイト
テーマ:心理学
ジャンル:学問・文化・芸術