2008年01月30日 (水) | 編集 |
先週末からちょっとばかしお出かけしてたおいら。
その途中でこれ買おうと思ったんですが,

方法としての行動療法方法としての行動療法
(2007/07)
山上 敏子

商品詳細を見る

これ買うならEdyでマイルがたまる,地元の本屋の方が良いなあと考え直して,代わりにこれを買いました。
鹿男あをによし。ドラマの原作本です。

鹿男あをによし鹿男あをによし
(2007/04)
万城目 学

商品詳細を見る


なんつーか,ぎりぎりの作品ですね。
これ以上軽くては下品だし,これ以上ふくらますとくどい。
そして読んだ後に何も残らないこの感じは,うーん,幻冬舎w
出版されて1年未満でドラマ化,というのも胡散くs(ry

でもこの人,句読点をはじめとする文章内記号の使い方が,すごくうまい。

おいら,映画にしろドラマにしろ文学にしろ,作り手がその表現媒体にしかできないことが分かっているなあと思えるものが好きなんですが,この作者はそこクリア。
小説にしかできないことを,たぶんよく知っている。

で,そん次に来るのが句読点やら記号やらなんですよ。
文章の中の記号というのは,その文章の呼吸そのものだと思うのです。
ここは一息に読ませたい,ここは印象づけたい,その緩急をびしっとつけるのが記号なんじゃないかと。
今まで記号で息を呑まされたのは,芥川龍ちゃんに,川端さんでしょ,最近だと山田詠美に花村萬月。
花村萬月の「笑う山崎」にはぞくぞくしたもんなあ。

で,記号を駆使して取り混ぜた,地の文と会話文の混ざり具合もおいら好みです。
ストーリーもなかなかシュールで面白い。一言では言い表せない中身です。
でも冒頭でも言いましたが,これ以上シュールすぎるとラノベです。
書き手の文章力がそれを阻止してますけどね。

<以下ネタバレ含みます>
[続きを読む...]
スポンサーサイト
テーマ:文学・小説
ジャンル:小説・文学
2008年01月23日 (水) | 編集 |
センモンカのくせにケースの子どものことを名前で呼ばず「自閉ちゃん」「アスペちゃん」と呼ぶヴァカが大嫌いなぽちこですおハローございます。
自閉っ子ってのが,かなりアウトに近いギリギリセーフだったり。

いや~ここ最近寒いっすね。
地球温暖化って,どこの地球の話?ってな感じですよね。
こないだ,寒いねえ,と子どもにこぼしたら
「だって冬の真ん中だもん,そりゃあ寒いよ」
と言われて“冬の真ん中”という言葉がなんかいいなあとほっこりしてしまった。
子どものボキャブラリーって素敵。

しかし,そんな子どもを取り囲む大人にも,ちっとも素敵じゃない大人がゴロゴロいるわけでしてね。
[続きを読む...]
テーマ:心理学
ジャンル:学問・文化・芸術
2008年01月14日 (月) | 編集 |
3連休,皆さまいかがお過ごしでしたでしょうか。
そういえば今日は成人式ですね。新成人の皆さん,おめでとうございます。
成人式か~。おいらには2年後の話ですね(ぇ
だって永遠の18歳だし( ´_ゝ`)
という冗談はさておいて,ハタチの頃と今の自分を比べてみると,経験値は増えましたが,瞬発力が落ちましたね。
何かこう,ポーンと投げかけられた何かに反応するときの速度が,格段に落ちた。
これはいいことなのか悪いことなのか。
反射力はまだ何とか保ってる(と思う)けど。その辺は,ま,人じゃないからね。動物ですからね( ´_ゝ`)
食わず嫌いはしてこなかったと思うので,その辺の後悔はないけどね。
ひとつのことに燃えるか,あれこれフットワーク軽く手を出すか,それはその人それぞれだと思いますが,おいらは後者を推したいなと。
何にせよ,ハタチの今しかできないことはたぶんたくさんあると思うので,お若い皆さん,思い切りよく元気よく。

-------

そういえば今日は,南極に置き去りにされたタロ・ジロが観測隊と再会できた日でもあるそうで。

南極物語南極物語
(2001/11/21)
高倉健、渡瀬恒彦 他

商品詳細を見る

わんこは人を裏切らないのですよね。人はわんこを裏切るけど。

-------

今クールのドラマ,皆さん何観ます?
今のとこおいらは

<視聴決定>
ヤッターマン(ドラマじゃないけどアラホラサッサー♪)
薔薇のない花屋(久々の二枚目慎吾ちゃんに期待)
斉藤さん(ストレス解消できそう)

<視聴未決>
あしたの,喜多善男(小日向文世好き。なわりに1回目見逃した)
鹿男あをによし千秋先輩玉木宏好き。去年奈良いったし)
ボンビーメン(小栗旬とユースケサンタマリアがキサラギを思い出させるので)

キサラギ スタンダード・エディションキサラギ スタンダード・エディション
(2008/01/09)
香川照之、ユースケ・サンタマリア 他

商品詳細を見る


な,感じ。
てかフジばっかりだね。それ以前に偉いことテレビっ子だというツッコミは禁止。
好き嫌いの分かれるであろう野島ドラマ,おいらはイケるクチです。
あそこまで突き抜けてもらうと,いっそ清々しい。

-------

また新しい1週間ですね。
おいらは今週来週と,書類作りに勤しむことになりそうです。あう。
正月飾りも神社に持っていかねば。
がんばろ。

今月もあと半月です→人気blogランキング
テーマ:日々のつれづれ
ジャンル:日記
2008年01月11日 (金) | 編集 |
買って読むと安心するというのは何かの病理かもしれないorz
今日も今日とてかいまくりんぐでございますよ。

死と死別の社会学―社会理論からの接近 (青弓社ライブラリー)死と死別の社会学―社会理論からの接近 (青弓社ライブラリー)
(2005/11)
澤井 敦

商品詳細を見る


死別から共存への心理学―スピリチュアル・ペインとケア・カウンセリング死別から共存への心理学―スピリチュアル・ペインとケア・カウンセリング
(2005/10)
品川 博二、赤水 誓子 他

商品詳細を見る


臨床社会学の実践 (有斐閣選書)臨床社会学の実践 (有斐閣選書)
(2001/08)
不明

商品詳細を見る


人間の最高の贅沢は,生きながら死を想えることだと思う。
その辺の話は,またいつか。

Memento mori→人気blogランキング
テーマ:心理学
ジャンル:学問・文化・芸術
2008年01月10日 (木) | 編集 |
株価や市場のニュースに必ず出てくる「ダウ平均」の「ダウ」って何?と常々思っているぽちこです今日和。

9割9分がた,くっだらないことでアタマがイッパイなおいらですが,今回もそれネタを。
我が国のマレビトな心理臨床家を海外の著名臨床家と結びつけて,日本の○○としてみるテスト。

はい,敬称略で行ってみます。
ご本人達が所属してる学派は関係ないです。あくまでイメージね,イメージ。
以下の話は,おいらがご著書や講演なんかから勝手に判断してることですんで,その辺よろしくですよ。
[続きを読む...]
テーマ:心理学
ジャンル:学問・文化・芸術
2008年01月07日 (月) | 編集 |
仕事始めは無事終わり。
あると思ってた大仕事が順延になったけども。

で,年賀状出しそびれたおいら,寒中見舞い用のカードを買いに行って,何故か13 3年横線当用新日記も手にとってしまった。

ほんとは元旦から用なんですが,そこはまあ,ね,仕事始めが年の初めということで。
思い出せた分だけは書く,ことにします。

なんだか最近時間が飛ぶように流れてて,今さらながらに空恐ろしくなったということと,そろそろ過去の自分を振り返るということも必要な年かも~なんて思った次第。
たぶん今年は自分的に大転回な年になると思うので,その記録をつけておきたいというのもあります。

今までは普通のリングノートにいろいろ考えを書き付けてたんですが,続かないっすねー。超飛び飛び。
しかも自分の状態の悪い時にしか書かないので,ネガティブで後ろ向きこの上ない文章のオンパレード。
読み返すと死にたくなります。それは,恥ずかしいからでは決してなく。
おいおい,遺書かと思うほどの文章だよまったく。>過去の自分よ

その点この日記ってば日付まで入っててべ~んり~。スペースも限られてるので余計なことを書かずにすみそうです。
とりあえず今日から,ペンと一緒に枕元に置く予定。

のんびり気張らず続けて行きたいと思います→人気blogランキング
テーマ:日記
ジャンル:日記
2008年01月05日 (土) | 編集 |
浅木さんとこのテンプレートがやたらかわゆくて日参してるおいらです。おハローございます。
いや~,んもうぬっこぬこ~♪

今日書店を回って気になったご本をご紹介~。

そらとぶねこそらとぶねこ
(2007/11/02)
junku

商品詳細を見る

もう,もうね,肉球全開。それに尽きる。
いいなー,J(仮名)が猫恐怖症じゃなければもっふもふぬっこぬこな日も夢ではないのだけどなー。
J(仮名),かつて子猫と遊ぼうとしてでれんでれん子猫に近づいてったら,お母さん猫に空飛ばれてそのまま強烈なとび蹴り食らったですよね。
以来,猫ダメ。
無理に飼ってもJ(仮名)とぬこ,両方にかわいそうなことになるだろうし~。
なので,道端のぬこに声をかけてさみしさを紛らわす不憫なおいら(´・ω・`)
この本も,買ってしまうとぬこ恋しさが募ってしまうと思うので,購入予定はなし。

ペット系購入予定なしつながりでこっち。

ペットはあなたのスピリチュアル・パートナーペットはあなたのスピリチュアル・パートナー
(2007/09)
江原 啓之

商品詳細を見る

や,あの,あれですよ?美輪様は好きですけど,あっちの世界に行ったわけでないですよ?立ち読んだだけだし。
ただね,やっぱりね,ペットと聞くとついね。モニョモニョ

それがですね,まるっとトンデモ系の本かと思ったら,犬猫の飼い方や日常について書いてある前半は,ふつーにいいことゆってるんですよー。
ペットが行方不明になったらこういうところへ知らせなさいとか最後まで飼えとかノーリード(・A・)イクナイ!!とか動物はアクセサリーじゃないんだぞーとか。
非常に現実的,かつ(おいらから見て)マトモ。

後半はすぴりちゅある全開で「・・・(;・∀・)」ですけどね。
鉱物が前世って(でも一応読んでみた)。
ダイヤモンドとかはむしろヒトなんかより徳が高そうな感じするぞ。真珠とか。

専門関連書籍だとこれですかね。買うかはわからんけど。

発達障害の子どもたち (講談社現代新書 1922)発達障害の子どもたち (講談社現代新書 1922)
(2007/12/19)
杉山 登志郎

商品詳細を見る

タイトルが少し気になりますがまあいいとして(何故かえらそーなおいら)。
内容はともかく,センモンカ以外も読む新書で,杉山御大がどういうふうに「発達障害」について説き明かすのか,ということに興味があったりなかったり。

週があけたら仕事始めだってことを思い出してしまいましたorz→人気ブログランキング
テーマ:本の紹介
ジャンル:小説・文学
2008年01月03日 (木) | 編集 |
3日ほど過ぎてしまいましたが,当ブログにお立ち寄りの皆さま,あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。
今年も当ブログでは心理学系駄文をだらだらとつづっていくつもりでおりますが,まあ,毎日更新とかってのはどう考えても無理なので,今まで書く書くと言っておきながら書いてないことどもを中心に,無理せず気張らずゆるゆるだらだらのんびりやってまいります。
あ,それじゃ去年と変わらんですね。
それもまたよし。

さて,明けて今年は2008年。2008年は何の年でしょう?

北京五輪。
そうですね。星野ジャパンには頑張っていただきたい。

サミット@洞爺湖開催。
環境問題,大事です。

ではなくて。
この年じゃないですか!

未来少年コナン 30周年メモリアルボックス (期間限定生産)未来少年コナン 30周年メモリアルボックス (期間限定生産)
(2008/01/25)
小原乃梨子.信沢三恵子.青木和代.永井一郎.吉田理保子.家弓家正.山内雅人.伊武雅之(現:伊武雅刀)

商品詳細を見る

そう,未来少年コナンが冒険の旅に出る年なんでございますよ!
最近CSで再放送してるのでたまに見るんですが,この作品ってば,過度の機械化により崩壊した世界,その世界を救うための鍵となる少女,その少女を助けに行く少年などなど,宮崎アニメのエッセンスがこれでもかっちゅうほど凝縮されてる話なんですね。
と,いうか,実はこれがすべての原型で,同じような題材をうまいこと昇華してるのが不思議の海のナディアだったりラピュタなんですねー。
ほほー。

しかしこれで「未来少年」が「現代少年」になってしまうのですね。
それ言ったらゴッドマーズなんてもう10年以上前に済んだ話だしな。
プリンス・ハイネルはたしか1995年に攻め込んできてたし。

なんやらこう,ロボットアニメの描く未来はやたらツルツルピカピカしているイメージがありましたが,実際その時代になってみると,我々ってばやっぱり畳にコタツでみかん食べてるんですよね。
日本家屋に住んでる人も多いしな。

でもその中で,草くんが出てるフレッツ光のCMが,やっぱりちょっとかすかにハイテク未来っぽくていいと思うんだ。
しかしSMAPの中では最も結婚から遠そうな(他意はありません)草くんが子持ちを演じることが多いってのは不思議な感じ。
実際の子持ちは一人暮らしっぽいひとを演じることが多いのに。

閑話休題。

おそらく人間はそんなぱっぱぱっぱ変わらずに,のんびりゆったり行くのでしょう。
一人100年もない人生,それもそうかなと思います。

何の話してたんだっけ。
ああ,未来が現在になってしまったという話。
未来の現在化なんてあっという間ですね。
時間においてかれないように,今年もぼちぼち参りたいと思います。

今年もひとつ,よろしくです→人気ブログランキング
テーマ:謹賀新年
ジャンル:日記