2009年07月27日 (月) | 編集 |
20090727234731
こんちは。久しぶりのJ(仮名)です。

何か良くわかんないけど、ここ何日か、尻尾のへんがかゆくってなめなめしてたら血が出ちゃって、病院に強制連行されますた。
かゆいのは、ゲンインフメイのヒフエンだって。

そいで、かゆいとこにお薬ぬってもらって、コーセーザイとかゆみどめっていう注射してもらって帰ってきたの。
先生がね、帰るとき、
「今日からしばらく電波を受信してね♪」
ってうふふって笑うから何かと思ったらこういうことでした。

このアンテナのおかげでかゆいとこには手が届かないし、かーちゃんもとーちゃんもぼくの顔見て笑うんだよー。
なんだよー。ひどいよー。

もうふて寝してやるー!
スポンサーサイト
2009年07月24日 (金) | 編集 |
自立も自律も出来ていないおいらですこんちは。
今日も今日とて自分専用スケジュールが立てられません。
人さまとの約束事なんかは遅刻しつつも何とかかんとか一日に2~3件ブッキングできるのですが,自分で自分のために何か立案して一日に2~3件のことを実行するというのはほぼ無理です。
やれたことがない。

例えば今日はこうですよ。

相方は朝早くにゴルフに出かけ,自分は午前中に起きだしたはいいものの,昨夜の暑気払いの余韻か,ずきずき頭痛がしたため結局午前中いっぱい寝たり起きたり,やっと頭痛が治まったので,午後イチのホットヨガの予約のためゴソゴソ起きだして準備をし,合間に水でも飲もうとウォーターサーバーにコップを押し当てるも水は出ず,水のタンクを変えてみてもやっぱり出ず,どういうことやー!と水屋さんに電話をしたら不具合の説明はあまり要領を得ず,お互いめんどくさくなって明日サーバーの機械その物を交換してもらうことになり,この時点でホットヨガは時間的にアウト。頑張ればいけたんだろうけど気分的にアウト。夕方の回に振り替えることにする。
で,ふとまだエヴァ:破を観ていないことを思い出し,ゴソゴソと調べるとおお,3時の回がやってるではないの。よしよし準備準備,と風呂に入るも風呂から出たら出発時間になってて再びアウト。

そいで今この文章を打ってるわけです。
あれだ,「気分的にアウト」になってしまうのがいかんのだろうな。
これが相方なら
「いや,まだ間に合う」
と,かなり頑張って間に合わせるんだろうなー。
おいらの場合,自分のためだけに何かを頑張るというモチベーションが徹底的に欠けているのがいかんのだろうなー。
だからあれですよ,人のためにご飯は作るけど,自分のためになんか作る気は全然しないのです。自分向けにはかなり頑張ってチキンラーメン。
どんべえはそんなに頑張らなくても大丈夫。
ちなみに,美容院とか,自分のお手入れのためのところへ行く時も,かなりひどい遅刻をします。
予定時刻30分オーバーとか普通。
もちろん前もって電話はしますけども。

というところまでは分かっているのだけれど,でもだからって,どうにもしないしする気もないおいらなのでした。

我ながら,健康度低~。→人気ブログランキング
テーマ:研究者の生活
ジャンル:学問・文化・芸術
2009年07月22日 (水) | 編集 |
欲しい~。
と思って買ったもの。

もやしもんDS 限定かもしBOX(「もやしもんカルタ」&「もやしもん巾着ポーチ」&「オリゼー液晶クリーナー」同梱)もやしもんDS 限定かもしBOX(「もやしもんカルタ」&「もやしもん巾着ポーチ」&「オリゼー液晶クリーナー」同梱)
(2009/07/23)
Nintendo DS

商品詳細を見る


DSでかもすらしいです。
もやしもん8巻も同日発売のようで,こちらは特装版を近所の本屋さんで予約。でもちょうど予約を締め切っちゃったところで,週明けにまた問い合わせてみるけれども間に合わないかもしれない,とのことなのでドキドキです。

で,これは相方が買ってきたので拝借中。
[続きを読む...]
2009年07月21日 (火) | 編集 |
暑さに脳みそがとろけそうな今日この頃,友人からある面白そうな学会のことを教えてもらいました。
その名も日本時間学会

設立趣旨からがさっとコピペ。

時間学の領域においては、文系と理系、基礎理論と応用理論の枠を取り払った融合的な研究が目指されています。
たとえば、生物時計のメカニズム、生活のリズムと病気との関連、時間管理の社会政策、文化圏ごとの暦の多様性、こうした諸分野の研究を「社会的時間と人間的時間の調和」という視点から体系化する。このような融合的研究が、時間学の領域では可能になります。

時間学の研究テーマには、他にもさまざまなものがあります。地球環境と生物進化の数万年単位での相互作用について。西欧と東アジアでの時間表象の相違について。人間はどこまで精密な時計を作ることができるのか、そして、人間の時間認知は時計の時間とどのような「ずれ」を見せるのか、といった問題群。また、哲学や物理学で取り組まれてきた「時間とは何か」についての理論研究も、時間学の大切な基盤となります。



たまらんですね,この多角さ。
やっぱ時間研究はこーでないと。
身体と精神と脳のはざまを,時間はゆくのですよね。うひょひょ。

結構真剣に入会を検討しています→人気ブログランキング
2009年07月03日 (金) | 編集 |
今年も残りあと半年を切り,またしてもばたついてます。
コメントの返信が遅れていますが,もうしばらくお待ちくださいませ。

そいでもって最近の疲れには無性にこの曲が聴きたくなるのねん。



手嶌葵ちゃんVerを聞くと安らいじゃって,無性に訳してみたくなるけど実際には手ごわくて手が出ません。
2番難しいよ2番。

来週にはもう少し落ち着きたい…→人気ブログランキング
テーマ:研究者の生活
ジャンル:学問・文化・芸術