--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年01月10日 (火) | 編集 |
FSのあと,結構久々に泳ぎに行ってきますた。
550mほど。

今までに比べて距離は半分ほどなんですが。
なぜか今日は格別にきつかった。
水の中での身体の動かし方も,息の仕方もすべて忘れてしまったかのような苦しさが,300mあたりまで続きました。
なので,最初1km泳ぐ予定でいたのを,半分に変更。
多分,無駄に身体に力が入っていたため,わたついていたのだと思います。
今のおいらの心と同様に。

だもんで,これではいかん,と,前に進むことよりも,水に浮かんでいる自分の身体の動きや状態に注意深く泳ぐことを優先していたら,ふうっと楽になりました。

ああ,身体と会話するってこんな感じなんかしらん。
と,思いながら,残り200mを終了。
しかし身体はまだいけるというのでもう50mだけ余分に泳いだところで上がりました。

身体はまだいけそうだけど,これ以上泳いだら明日がないと思ったのでw

考えてみたらおいら,水泳を自分のコンディションの占いとしても使ってたんですよね。
あ,今日は調子がいいなとか,今日は微妙だな,とか。
そんな中で決まって翌日ばてるのは,怒りやいらいらに任せて(要するに身体よりも自分の目の前の気分を優先して),一気にがつがつ泳いだ時でしょうかね。

これは辛い。
泳いでる時も辛いけど,上がってからがもっと辛くなる。
このことに気付いてから,泳いだり身体を動かしてる間は,思い切って,うだうだ考えるのをやめて(っていうか,うだうだ考えてたのかよ>自分),頭空っぽにするようになりました。
そうするとまた,運動し終えたあとの頭の回転具合も良くなるようで。

そんなことを今日の初泳ぎで強く感じたんで,今年はダイエットって言うよりも,心身のメンテナンスの為に泳ぎに行こうかと思います。
有酸素運動だから,ダイエット効果ももちろん期待しますけどねw

さて,体動かして頭がほぐれたところで,もう一仕事,がんがりますですよ。

今年の基本は健康第一で→人気blogランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
クロールの泳ぎ方を習い直してるところなのですが、ひなさんと似たようなことを感じてました。
ただがむしゃらに体を動かしても、苦しいし泳ぎ終わった後もしんどさが残るだけなんですよね。
最近ようやくそのことに気付き始めて、大分ラク~に泳げるようになったし、泳いだ後は頭も体もスッキリするようになりました。

昨日も泳ぎに行ったけど、明日も行こう♪
2006/01/10(Tue) 23:33 | URL  | yuino #-[ 編集]
全く泳げない私。。
何かの過ちで水に落ちたときはひなさんにつかまろう。。
2006/01/11(Wed) 00:28 | URL  | あげは #-[ 編集]
>yuinoさん
おおお,泳ぎを習ってるんですね~。うらやましか~。
おいらも基礎からきちんと習えば,もう少し要領よく泳げるようになるんじゃないかと密かに思ってるのですが…(言い訳
でもねー,レッスンの時間がどーにもおいらのスケジュールと合わなくて,歯噛みしております。
でもいつか,いつかー!(遠吠

因みに,遠い昔に短期で習ってた頃に聞いた,クロールの手は「水を抱く」ようにするとよいという言葉だけが印象に残っていて,以来,水中ではずっと水を抱いております。
何かエロくていいです,響きが。

>あげはさん
おいら着衣水泳は出来ないので,その時は潔く(?)一緒に溺れましょうw
2006/01/11(Wed) 02:56 | URL  | ひな #grcoP6NM[ 編集]
うんうん、体を動かしていると時にそれまで意識していなかった自分に気づくことがありますよね。
私は弓を引いているときによく思い知らされました。
いつもと同じことをしているはずなのに、何かへこんでいるときとか、いやなことがあったときって全然体の動きが違って、全く中らなくなってくるのです。
私はかなりの若輩者なので、そうなると焦っちゃってどんどん深みにはまってしまう事の方が多いのですが(笑)
体と心のつながりって不思議ですね~。
体との対話って、やってみると気持ちがいいし何だか頭が冴える気がします。
トップアスリートとか、熟練者とか言われる人たちってそういう自分の体の声を聞くこともうまいのかなーなんて思います。
あー、弓引きたくなってきた(水泳の話題なのに・・・)
2006/01/11(Wed) 21:54 | URL  | てぃぱな #CJIpUFxU[ 編集]
>てぃぱな
弓は精神的なコンディションによって左右されることも,その振り幅も広そうだよね~。
「○○道」をやってる人の話を聞くと,従事する人の精神的なものや精神性そのものまでまるっと含めたからこその「道」なのかも,と思います。

やっぱり心技体ってーのは運動の基本よ,うん。
心と身体を連動させながら,技を体得することの難しさがあるんだよねきっと(と知ったような口を利いてみるテスト)。
だから技が小手先じゃなくなるわけなんだろうし。
心身の連動だけでぜーはー言ってるおいらにゃ想像もつかない見地だにゃー。

ところで,洋弓だったか弓道だったか忘れたけど,弓の達人になると,矢を放つ時の脈拍までコントロールできるって,マジ??
2006/01/11(Wed) 22:29 | URL  | ひな #grcoP6NM[ 編集]
>洋弓だったか弓道だったか忘れたけど,弓の達人になると,矢を放つ時の脈拍までコントロールできるって,マジ??
洋弓はわかりませんが、和弓の場合は弓を引くときに呼吸法にとても気を遣います。
力むと全然ダメなので。
脈拍のコントロールは聞いたことがないのですが、呼吸を整えて引くということは、脈拍も整うのではないかと思います。

数年前に、大正時代かそれくらいに弓の達人に師事したドイツ人が書いた「日本の弓術」という本を読みましたが、ほんとに超人的でした(笑)
2006/01/12(Thu) 21:02 | URL  | てぃぱな #CJIpUFxU[ 編集]
>てぃぱな
そーなのかー。やっぱすげーな「道」は。
おいらが聞いたのは,弓の達人は脈拍のペースを自在にコントロールして,矢を放つ時には拍動しないように出来るという話でごんしたよ。
確かに呼吸を整えたら出来るかも分からんね。

「道」の達人はやっぱし超人になるんだろうかね。
神田橋先生しかり。
2006/01/13(Fri) 00:08 | URL  | ひな #grcoP6NM[ 編集]
>脈拍のペースを自在にコントロール

だいたいの日本の武道は脈拍のコントロールをやってます。呼吸法に伴うものだけど、自律訓練法みたいなものかな。私も自在とまではいかないけど、ある程度はコントロール可能。

>矢を放つ時には拍動しないように出来る

ヨガの達人も1分間の拍動数を1桁まで落とせるらしいから、多分可能なのでしょうねえ・・・。

>「道」の達人はやっぱし超人になる

そうですよねえ。合気道の創始者、植芝盛平氏は、満州に出征中、至近距離からモーゼル銃で撃たれたけど、銃弾をよけたらしい。
2006/01/13(Fri) 07:15 | URL  | しゅう #zcj9HRiI[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。