--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年03月02日 (木) | 編集 |

「第22回ヒューマン・アニマル・ボンド心理学研究会(HAB心研)」のご案内

投稿者:社団法人日本心理学会 ヒューマン・アニマル・ボンド心理学研究会 安藤孝敏(横浜国立大学) 20060209
下記のとおり、第22回のHAB心理学研究会を開催いたします。ヒューマン・アニマル・ボンド研究に関心のある方ならどなたでも参加していただけます。会場の設定や資料などの用意もありますので、参加の有無はメール(t-ando@ynu.ac.jp)にて、2月28日(火)までにお知らせくださいますようお願い申しあげます。


日時:2006年3月4日(土) 午後2時から午後5時まで


場所:桜美林大学新宿第2キャンパス
渋谷区代々木2-5-5 新宿農協会館7階 TEL:03-5350-0590
JR線・小田急線新宿駅南口より西方に徒歩2分
http://www.obirin.ac.jp/001/032.htmlをご参照ください


内容:話題提供

『身体障害者補助犬の現状と研究』
水越美奈(国立身体障害者リハビリテーションセンター研究所 障害福祉研究部 特別研究員)

  現在、日本には盲導犬が957頭、介助犬が28頭、聴導犬が10頭。身体障害者補助犬法が施行されて3年が経ち、今年度は補助犬法の見直し、日本身体障害者補助犬学会設立と補助犬を取り巻く環境は変化し続けている。今回は補助犬育成に関わる日本における現状と課題、諸外国の状況、補助犬に関する研究の動向をお話しする。



行きたい…けど行けない… 
ああ…法事さえなければ…(TдT)

行きたい方へないしょの話。反転してちょ。
あんまし大声では言えませんが,おいらの経験上,当日参加も多少はありですし,過ぎてしまって申し訳ないのですが~,と安藤先生にメールしてみるのもよいかと。
あ,その際,おいらのことはもちろん内緒で。


誰か行く人いませんか?→人気blogランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/03/10(Fri) 14:46 |   |  #[ 編集]
コメントありがとうございました。

なんですが,何についてのどのあたりの情報を収集してらっしゃるのかわかりません。
その点をもう少し具体的にお書きくださればと思います。

それに,いただいたコメントそのものは,別に公開してもなんら問題のないものだと思うのですがいかがでしょう?
非公開にする意味がわかりません。

人と動物関連の話題については情報源が乏しく,人脈も作りにくい分野ですから,せめてここでは,なるべくおおっぴらに議論していきたいと考えております。

今後ともよろしくお願いいたします。
2006/03/13(Mon) 12:46 | URL  | ぽちこ #grcoP6NM[ 編集]
お騒がせしました
あまりヒトのサイトに書き込んだことが無いので、
「秘密」という単語に過剰反応してクリックしただけです。
お騒がせしました。

実は私は情報を収集しているだけで、AAT実践希望の当人は海外におります。
AATの研究レベルはまだつかめていないので第一線の方の動向がわかるだけでも、大いに参考になります。

まだ作成中ですが、リンク集掲載しています。
今月中にはマシな形にしますので、冷やかしにでも来てください。
2006/03/15(Wed) 11:03 | URL  | あやこん #VoGVIJDI[ 編集]
>あやこんさん
いえいえ,これをきっかけに交流の輪が広がれば嬉しゅうございますよ。

AATと一口に言っても,理学療法・リハビリテーション方面から論じられているものもあれば,おいらのように心理学的な立場から論じている者もおります。
おいらが第一線かどうかはわかりませんが(多分違うw),お役に立てれば幸いです。

リンク集,楽しみにしています。
2006/03/15(Wed) 12:30 | URL  | ぽちこ #grcoP6NM[ 編集]
まめですね
リンク集少しは書いたのですが、このサイトのようなスタンスで書けなくて残念です。
ほぼ見解は近いのですが、相方に人間関係の件でクレームを付けられて、トーンが下がってしまいました。
動物介在療法の研究者の少ないのにもびっくりしましたが、(大学へのコメントも随時書きます。)
それ以上にうさんくさい団体が多すぎるような気がします。
(相方もそれは認めています)
ネットだけで情報収集するのも検索サイトが利益優先に走ってからきつくなりました。
(視力も衰えたが)

お体に気をつけて、本音トークで頑張ってください。老兵は死なず、ただ消え去るのみです
2006/03/15(Wed) 23:10 | URL  | あやこん #-[ 編集]
>あやこんさん

>ほぼ見解は近いのですが、相方に人間関係の件でクレームを付けられて、トーンが下がってしまいました。

ええと,これは誰と誰の見解が近いのでしょうか?
人間関係の件,というのは??

>うさんくさい団体が多すぎるような気がします。

団体もそうですし,個人レベルでも胡散臭い人はこの分野に限らず多いですね~。
きちっとしてそうでも内実は(以下略 というところも少なからずありますし。

>老兵は死なず、ただ消え去るのみです

いやいや,そんなことをおっしゃらず,がんばってください。
HP拝見しました。
この先を楽しみにしております。
2006/03/15(Wed) 23:52 | URL  | ぽちこ #grcoP6NM[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/03/23(Thu) 13:12 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。