--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年04月01日 (土) | 編集 |
発達心参加報告をする前に,ちょっくら。
こんな記事見っけました。

高校教科書検定:父子・母子家庭に意見相次ぐ

 05年度の高校1年用家庭科教科書の検定で、父子・母子家庭に触れたり、ペットを家族とする記述に、意見が相次いだ。これらの記述をした複数の現行教科書に対し、一部の国会議員が「これでは“家庭崩壊科”」と非難する動きがあり、01年度の前回検定から一転して「逆風」にさらされた形だ。編集者からは「現実にさまざまな家族形態があり、選択肢を示しているだけなのに」と戸惑いの声が上がっている。

(中略)

 ペットを家族とみなす記述にも意見が付いた。開隆堂の「家庭基礎」「家庭総合」の申請本に掲載した「次にあげる関係を家族と考える?」の例示のうち、修正後は「愛情を込めて育てているペットと自分」との記述が削除された。この記述は前回検定で意見が付かなかったが、文部科学省は「家族は通常人間と考えるべきだ」と説明している。

(中略)

◇選択肢提示が役割

 山田昌弘・東京学芸大教授(家族社会学)の話 「家族はこうあらねばならない」と示しても教育効果はない。ペットを家族だと思う人が多いことは数々の調査で判明しているし、小泉純一郎首相も離婚している。現実を示して、実社会で幸せになるための選択肢を示すことが教科書の役割ではないか。

(後略)


うーん,何と言ったらいいものやら。

「家族構成員=人間限定」であるべき というのはおいら的にはYes and Noなんですよねえ。

と,いうのも。

今までおいらが聞き取りをしてきた中で「ペットはどんな存在ですか?」という問いに,ダントツで多い答えは「家族の一員」なんですよね。
でもさあ,逆に言えば,ペットはもともと「家族」の外側にいるからこそ,わざわざ「家族の一員」という言い回しが出るわけで。

だっておとーさんやおかーさんやおじーちゃんおばーちゃんのことを,わざわざ「家族の一員」とか言わないでしょ?
むしろそんな風に言ったらなまら失礼でしょ?

そう考えると,ペットのことを「家族の一員」だという人は,本来はペットが家族の外側にいることがわかってるんじゃないですかね。

でも違和感は検定する側にもあってですね,文科省としては,ペットにそこまで入れ込まないほうが人として健康的,と言いたいのだろうし,その前提の上で,国民はみな健康度が高いはずだ,と思いたいのだろうけど,おいら,そうとは言い切れないと思うです。
家族=心のよりどころとなる他者,であるなら,ペットを飼ってるお年寄りにとって,そのペットはまさしく家族だと思うんですけど。
要するに,「家族」という言葉の定義自体が検定する側とされる側で食い違ってんじゃねーの?(←長井正和風味で)

でもとりあえず,人の健康度の高低とペットへの依存度の相関は,おいらの知る限り調査されてないのですが,あたかも相関があるように,しかもそれがネガティヴなイメージややたらポジティヴなイメージでもって語られるのは我慢ならんですね。
どっちにしても虫酸が走る。
ペットがもたらす「癒し」(( `д´) ケッ!)だとか人の精神的健康度とペットの存在の関連も調べてないのに,ペットが癒しを与えてくれる,とか,その逆に,ペットを溺愛するのは寂しい人だ,とか,ペットに癒しを求めなきゃならない社会は変だ,とか,言ってのける行為ってのは,一言で言えば く だ ら ね え よ 。
もっと他に言うこともやることもあるだろうが。

と思うおいらはやっぱり柄が悪いのだろうな。

とか言いつつこんな本を紹介してみたり。

家族ペット―やすらぐ相手はあなただけ家族ペット―やすらぐ相手はあなただけ
山田 昌弘

サンマーク出版 2004-05
売り上げランキング : 314,006
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

記事内でコメントを寄せている山田昌弘氏のご本ですな。
「パラサイト・シングル」という言葉を生み出している氏が,ペットと家族についてどんな考察を加えているのか興味津々で,おいら早速買いました。

この記事についてはも少し考えてみたいので,上記の本のレビューとともに,またそのうち。

ちなみにJ(仮名)は家族ではなく彼氏ですが何か?→人気blogランキング

4/9 15:12 追記:記事の引用部分が長いので一部略しました。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
>人の精神的健康度とペットの存在の関連

↓こんなんあるみたいですよ。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/query.fcgi?cmd=Retrieve&db=pubmed&dopt=Abstract&list_uids=16308387&query_hl=1&itool=pubmed_docsum
2006/04/08(Sat) 18:51 | URL  | izugaeru@出張中 #-[ 編集]
ありがたやぁ
>izugaeruさん
うひょ,ありがとうございます~って,おいらの不勉強さがまた白日の下にorz
いついかなるときにもアンテナ高くしてないといかんですね。

ご紹介くださった内容は,きちんと読んで,いつか(っていつ?)何とかupできればと思っております。

出張中なんですね,お気をつけて ノシ
2006/04/09(Sun) 03:30 | URL  | ぽちこ #grcoP6NM[ 編集]
帰還しました。
ちなみに紹介した論文はPubMedで"pet" "mental" "health"って入れたらたまたま引っかかったやつです。読んでみるとちゃんとメンタルな部分にも触れてるみたい。
今日びの医学雑誌は心理系の話題が豊富なので,チェックしとくとよいですよ。
2006/04/10(Mon) 13:35 | URL  | izugaeru #-[ 編集]
>izugaeruさん
>読んでみるとちゃんとメンタルな部分にも触れてるみたい。

そのようですね~。もちょっときちっと読みますです。

>今日びの医学雑誌は心理系の話題が豊富なので,チェックしとくとよい

゚д゚)っφ メモメモ...
いや,ほんとに,いいこと聞きました。
ありがとうございました。
このご恩はかr(ry
2006/04/14(Fri) 04:28 | URL  | ぽちこ #grcoP6NM[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。