2006年04月02日 (日) | 編集 |

僕が女だったら、妊娠しますよコノ映画。



とオダギリジョーに言わしめた映画だそうで。
まだ観てないんですが,ジョー様がそういうなら(!?)ちょっと観てみようかすぃら。

それにしてもジョニー・デップ。
なぜにこの人はこんなに芸達者なのでしょうかね。
みてよこの貴族っぷり↓
ジョニー・デップ@リバティーン


おいら,この人をはじめて知ったのは映画「シザー・ハンズ」だったのですけどね。あの役で,うまいなあ,と思い,「ギルバート・グレイプ」で,実は結構見た目も麗しいことに気づいてですねw,以来,実は気になる俳優さんなんですが,ここ最近の活躍ぶりは目を見張るものがありますねえ。

「ギルバート・グレイプ」はディカプリオもうまくて,しみじみとしたいい映画だし,「シザー・ハンズ」も哀愁系ファンタジーだもんで,おいらてっきりこの人はそういう,何て言うかこう,繊細青年~中年系で行くのかと勝手に思ってたですよね。

それがあなた,ジャック・スパロウに工場長(だっけか?)ですよ。
あんな振り切れた役もできたのね~家族向けだけど,と思ったら,この「リバティーン」はそうじゃないらしい。
色気と狂気を兼ね備えた美貌の作家役だそうで。

舞台は17世紀,王政復古時代のイギリス。
破天荒で破滅的な美貌の貴族と女優の,道ならぬ恋。

いや,ベタですな~(笑
でもだからこそ(・∀・)イイ!!
日本人がやるならやっぱジョー様かすぃらん。
しかし,メインキャラは全て実在の人物だっていうのがまた驚き。
すげーよイギリス。

閑話休題。

んでもこの映画,製作されたのは「チョコレート工場」の前,「ネバーランド」と同時期?
あらためて,振り幅広いのね。
4月8日公開だそうです。楽しみ。

放蕩も 色男なら ありなのよ 自分の男にゃ 許さないけど(ぽちこ詠む)→人気blogランキング
スポンサーサイト
テーマ:ジョニー・デップ
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
コメント有難うございます。
シザーハンズは何故だか2度映画館で見ました
男には全く興味がありませんでしたが
後年有名な俳優さんだと知りました。

ショコラも見ましたが女の方にしか目が行きませんでした。
2006/04/03(Mon) 19:48 | URL  | さと #-[ 編集]
>さとさん
シザーハンズ,映画館で観たんですね~。いいなあ。
おいらはビデオでしか見てないのですよ。

>男には全く興味がありませんでしたが
>後年有名な俳優さんだと知りました。

ジョニー・デップはあの頃はまだ有名,というよりも,新進の俳優って扱いだったような気がします。

>ショコラも見ましたが女の方にしか目が行きませんでした。

ショコラの女性,というと,ジュリエット・ビノシュでしょうか?
彼女チャーミングですよね。年齢を重ねても透明感が薄れないってすごいです。
2006/04/08(Sat) 15:13 | URL  | ぽちこ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック