Still, Life goes on.

真実は人の住む街角にある

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【久々に】さとさんに反論らしきものをしてみる【AAT話】

さとさんによるblog,さとの店番日記の,AAT--医療関係者からの見地(推測)というエントリを読んで,この分野の隅っこで研究をしているものとして,これはぜひとも一言言わせていただかねば,と思いましたので書きます。

詳細はリンク先を読んでいただくとして,さとさんは同エントリ内で,

医療従事者の、アニマルセラピーに対する姿勢は
学者>医者>>>>>>獣医>>>>>>>ボランティア>越えられない壁>>愛犬家
といったところか。

とおっしゃってますが,おいらこれを少し改変したいと思います。
おいらの中では,

研究者=専門家>>>>>>獣医>>越えられない壁>>ボランティア

となっています。
とはいえこれは,立場の強弱や偉さの優劣ではなく,発言や行為に求められる責任の大きさと,それに伴う発言権の強弱についてです。

まずAATは心理療法への応用であれ理学療法への応用であれ,人への医療行為であるわけです。
ある療法を,副作用を少なく,効果を最大限引き出すためには何が必要か。
それを知るのになくてはならないのが,人の分野にいる研究者による徹底した基礎研究,効果の実証と安定化です。
これらを実現するにはまず,われわれ研究者が,人と動物の間で何が起こっているのかを解明し,動物を治療的に用いることには効果があるという塵のようなエビデンス(証拠)をこつこつと積み上げ,開示していき,現場の人に関わる専門家がそれを吟味するという作業が先になされるべきです。
実用化はそれからでしょう。

AATに限らず,その他の療法にしても,この過程を経ないものは全て,単なる迷信や民間療法と言えます。
迷信や民間療法の全てが悪いと言っているわけではありません。
ですが,世の中に流布する「アニマルセラピー」は,民間療法の中でも首を傾げたくなるような実践の多いものだと思います。

でも臨床ラインに乗っけるなら,そのような民間療法とは一線を画さねばならない。
臨床現場で使える手法・技術は皆,研究・吟味という手続きに耐えうるものでなくてはならないからです。
それは誰でもない,未来の患者さんやクライエントのために,です。

「お手軽だから」「多くの人が動物に癒されてるから」「うちの子は可愛いから」というだけではだめなのですよ。
こういった思い込みやそれを声高に発言するという行為は,容易にAATを怪しげな唾棄すべき民間療法に貶める元凶です。
そうしないためには,研究の後さらに吟味したあとに実践へ,という伝統的な構造にのっとっていくのが最善の方法でしょう。
もう遅いかもしれませんが。

第2に,人の専門家は誰しも,患者さんやクライエントの命を預かってる身です。それだけの責任と発言権を認められてもおかしくはない。つーか認められなきゃおかしい。
逆に言えば,治療においての責任は,ハンドラーにも,動物の専門家たる獣医療従事者は問われることはないということです。
AATにおいて動物とそのハンドラーは治療者ではなく治療用具です。それを忘れてはいけない。
ですから,さとさんの
何のことは無い、自分たちより劣っていると認定しているモノに対しての嫉妬の感情が根底なのである。
という指摘は,いささか的外れではないかと思うのです。

我々はエリートでも何でもない。
ハンドラーが劣っているとも思っていない。
しかし治療の中では,ハンドラーと動物は治療のための道具です。
いくら生きた道具と言えど,治療用具が治療に口を出すということ自体,他の療法をかえりみても,基本的にはありえないでしょう。
もちろん,治療していく中で専門家から要求されたことで,ハンドラーと動物に負担がかかりすぎると分かりきっている場合や,希望に添えないことがある場合には,それを伝える権利と義務は当然ありますよ。

ですがその上で,ハンドラーと動物に求められることは,治療方針に口を出すことではなく,ただひたすら自己研鑽することです。

つくづく,割の悪い仕事ですねー。
人と動物と,両方が好きで,両方について明るくないと無理ですねー。
だからプロの「アニマルセラピスト」など現実的ではないのです。
上記の割の合わなさに加えて,人と動物の間には好き嫌いや相性がありますから,特定のハンドラーと動物が,専門家からいつも治療への参加を要請されるわけではない。
そんなんで,安定した収入なんざ,現時点では到底見込めない。

ですから昨年Delta Societyの研修を受けたときには,少なくともDeltaの周辺では,セラピストがハンドラーを兼ねるケースが増えているということを聞きました。
まあ,治療の効率と安全性を考えたら,これは自然な流れだと思いますですよ。

これで久々に人と動物話をまとめたい欲に軽く火がついたので,人と動物関連の話,も少し続く,かも。

改めて,この分野の研究の大事さを実感しますた→人気blogランキング
スポンサーサイト

*Comment

トラバしたこと無いのですみません。

読まんでもいいのにw

あら,それは残念。

こちらこそ突然のTB,すみません。

>読まんでもいいのにw

いやいや,リンク先を読んで回るのは楽しみのひとつなものですからw

ついでに言えば,最近このブログを

アニマルセラピスト 収入

なんつーワードで検索してくる方が結構いらっさるのでついでにと思って書きました。

アニマルセラピスト?ねえよそんなもん!
  • posted by ぽちこ
  • URL
  • 2006.04/14 15:48分
  • [Edit]

検索と言えば......

サイトを作り変えました

「アニマルセラピー」で検索した人は、「人気ブランド」で検索する人の4倍ぐらいの数なのです。

AATや動物介在等のフレーズで検索する人はオタクです。

ヤフーで「人気ブランド」で検索してみてください。
トップが我が家です。

次はまとめサイトが「アニマルセラピー」でトップを狙います。

1ヶ月ぐらいかけて挑戦してみようと思ってます

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

いくつになったの

いつでも里親募集中

Power PUSH!

あなたは当事者ではない-〈当事者〉をめぐる質的心理学研究-
宮内 洋 今尾 真弓
4762825824
おいら的要チェキの当事者研が,ついに本になりました。
当事者とは何か?当事者とは誰のことか? 刺激的なタイトルですが,質的研究を志す人ならば必携です。


Fly Me to the Moon
Oscar Peterson
B000EXZFAI
ころころと転がる音の粒にうっとりして下さい。犬飼は疲れた時によく聞きます。

Advertisement



マクロミルへ登録

[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。

プロフィール

ぽちこ

  • Author:ぽちこ
  • 「心理学的見地からの人と動物の関係論」を追っかけている,質的研究好き。好きな言葉は「精進」。
    似てるポケモンはソーナンス。
    似てるモンスターははぐれメタル。
    好きなガンダムキャラはランバ・ラル。

    ※基本リンクフリーですが,一言下さると管理人喜びます。
    ※スパム,誹謗中傷コメント/TBお断り。管理人がそれと判断した場合は予告なくさっくり削除いたします。

    メールは件名を「ぽちこ賛江」として下記アドレスまでお願いいたします。
    Still_Life_Goes_On@ほっとめーる.co.jp(全て半角英数字)

ブログ内検索

携帯でもどうぞ

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

左サイドメニュー

生存確認

千客万来☆


CalendArchive

ぽちっとな☆


banner


新着コメント

LinkinGood!!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。