Still, Life goes on.

真実は人の住む街角にある

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

のどが痛い。でも読む。

今日の昼あたりからのどの痛みを自覚しましたぽちこですこばわ。
東京←→北国と往復してたらいつかどこかで風邪菌をもらっていた模様。

やばい。
やばいですよ。

今週末,またしても関東に上陸せねばならない身としてはかなりやばいです。

月末には発表も控えてるしな。
風邪なんか引いてる暇はないのこと。
ガンガレおいらの免疫システム!

そんな体調なんですが,最近おいらの中の人はアタッチメント理論にアツくなってます。
4月30日のエントリでも書きましたが,いやあ,もう,ねえ。
某講習会以来,利様萌えなんだかアタッチメント萌えなんだかよう分からん事態になってるですよ。

でですね,その浮かれ具合(北国弁では「おだち具合といいますな)の勢いあまって,別のゼミの,乳幼児の研究をされてる先生に,某講習会,面白かったんですー!と,言わんでもいいことを口走ったら,先生ニコニコしてこちらの本を薦めてくださいました。

4004304091やさしさの精神病理
大平 健
岩波書店 1995-09

by G-Tools

先のエントリで紹介した本のスタンスは,ボウルビィが提唱したアタッチメント理論の原点に返って,生涯発達を見渡してみよう,というものだったんですが,この本はそのボウルビィを批判的にぶった切っているそうで,「きっと読んだら面白いですよ」とのことなので,今日早速購入。

ちらりと読んだらとっつきやすそうな感じ。週明けまでには読みきれてしまいそうです。

わくわくわく。

でもやっぱり愛着って好きなんだわ~♪→人気blogランキング
スポンサーサイト

*Comment

すごーく内容知りたいです。

ってか自分で読めって話ですかね・・・orz
  • posted by Deco
  • URL
  • 2006.05/13 01:42分
  • [Edit]

すんません,レビューはもちっと舞ってて待っててくだせえ。
でも先生から言われたほどには,否定的な感じはしないっす。
  • posted by ぽちこ
  • URL
  • 2006.05/21 20:13分
  • [Edit]

かなりご無沙汰です。

あー、懐かしい!
これ学生時代に読みました。
ボウルビイとかあんまり気にせず読んでしまったので、ぶった切ってたかどうか全然記憶が・・・。
現代日本人にとって「やさしい」って何だろうというのをケースを交えて記述されていたのが面白かったです。
今もう一度読み直してみようかな。
  • posted by てぃぱな
  • URL
  • 2006.05/25 20:12分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

いくつになったの

いつでも里親募集中

Power PUSH!

あなたは当事者ではない-〈当事者〉をめぐる質的心理学研究-
宮内 洋 今尾 真弓
4762825824
おいら的要チェキの当事者研が,ついに本になりました。
当事者とは何か?当事者とは誰のことか? 刺激的なタイトルですが,質的研究を志す人ならば必携です。


Fly Me to the Moon
Oscar Peterson
B000EXZFAI
ころころと転がる音の粒にうっとりして下さい。犬飼は疲れた時によく聞きます。

Advertisement



マクロミルへ登録

[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。

プロフィール

ぽちこ

  • Author:ぽちこ
  • 「心理学的見地からの人と動物の関係論」を追っかけている,質的研究好き。好きな言葉は「精進」。
    似てるポケモンはソーナンス。
    似てるモンスターははぐれメタル。
    好きなガンダムキャラはランバ・ラル。

    ※基本リンクフリーですが,一言下さると管理人喜びます。
    ※スパム,誹謗中傷コメント/TBお断り。管理人がそれと判断した場合は予告なくさっくり削除いたします。

    メールは件名を「ぽちこ賛江」として下記アドレスまでお願いいたします。
    Still_Life_Goes_On@ほっとめーる.co.jp(全て半角英数字)

ブログ内検索

携帯でもどうぞ

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

左サイドメニュー

生存確認

千客万来☆


CalendArchive

ぽちっとな☆


banner


新着コメント

LinkinGood!!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。