--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年05月25日 (木) | 編集 |
この本を買いに行ったのに,
4788509911ワードマップ グラウンデッド・セオリー・アプローチ―理論を生みだすまで
戈木クレイグヒル 滋子
新曜社 2006-04

by G-Tools

店から出てきたときにはこの本を持って出てた。
4762825034ペットと生きる―ペットと人の心理学
B. ガンター Barrie Gunter 安藤 孝敏
北大路書房 2006-05

by G-Tools


つーか,感涙。
何でかって言うとね。

おそらく日本で初めてなんですよ。

アニマルセラピーだの,癒しだの,アニマルセラピストの養成だのを言い出さずに,心理学の分野での基礎研究を抽出してまとめた本って。

本書は訳本ですが,それはもうエレガントに,今までのヒューマン・アニマル・ボンド研究をまとめてあります。
研究のヒントもイパーイ。
卒論・修論でこのHABをテーマとして選んだけど悩み中,という学生さん,買うべしですよ。
この分野に関してどこまで研究が進んでるのか一望できる本は,現時点ではこれ以外にないと思います。

感激です。感涙なんです。
今夜は枕の下に敷いて寝ます。

そして至福の週末へ。→人気blogランキング
スポンサーサイト
テーマ:心理学
ジャンル:学問・文化・芸術
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。