--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年07月10日 (月) | 編集 |
という語呂合わせを古典で覚えた気がしますが何の語呂合わせだったか忘れましたぽちこですこばわ。
まほし,む,ず,むず あたりだっちうのは分かるのですが。

何でこんな語呂合わせが出てきたかと言うと,ええ,咳の次は蕁麻疹ですよ。
というか咳しながら蕁麻疹ですよ。
体の抵抗力がだいぶ落ちてることに加えて食べ合わせも悪かった模様。
古い食材は無理して食べちゃいかんですなorz

それにしても,痒いのなんの。
起きてるうちは掻かないよう我慢してるんですが,どうも寝てる間に掻き壊すほど掻いてるみたいで,アキレス腱あたりが真っ赤です。
痛いんだか痒いんだか分かりません。

そんで夕べは,痒みを忘れるためにこの本読んでました。
4480059954「こころ」の本質とは何か
滝川一廣
筑摩書房 2004-07-06

by G-Tools

相変わらず,素敵です。
臨床と人生の営みをここまで美しく素朴に知的に書ける人はそうはいないでしょう。
特に,ここで触れられている不登校論以上に納得できる論は,たぶんないな,おいら的には。

著者の滝川先生は,ご存知のとおり児童精神科医でいらっしゃいますが,この本ではむしろ統合失調症,自閉症,不登校という「3つのふしぎ」が,時代と社会を読み解くツールとして用いられている気がします。
それでいて「3つのふしぎ」についても説き明かされてるからまたびっくり。

そんでもって,次にはこれが控えてたりしてな。
4896917022「こころ」はだれが壊すのか
滝川 一廣 佐藤 幹夫
洋泉社 2003-02

by G-Tools

ぐへへ。
楽しみだのう。

あ,膿が出てきたΣ(゚д゚lll)<蕁麻疹

2006/07/10 追記
病院行って来ますた。
蕁麻疹でなくて湿布によるかぶれでした(汗
痒み通り越して痛いよう(´Д⊂ヽ

何とかならないすかね;→人気blogランキング
スポンサーサイト
テーマ:心理学
ジャンル:学問・文化・芸術
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。