--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年08月15日 (火) | 編集 |
行きましたね,小泉さん。
やっとこの日に。
でもね,なんだか少し複雑ですよ。
そもそも靖国参拝を外交上のカードにしてしまっていいものかと。
これ読むとね。

いわゆるA級戦犯―ゴー宣SPECIALいわゆるA級戦犯―ゴー宣SPECIAL
小林 よしのり

幻冬舎 2006-06
売り上げランキング : 6
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

そんで,これ観るとね。

東京裁判東京裁判
東京コンサーツ 武満徹 小林正樹

キングレコード 2004-08-04
売り上げランキング : 36

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

戦勝国が敗戦国を裁いて,何が公正だというのか。
判決ありきの裁判のばかばかしさここにあり,という感じ。

別においら,天皇ばんざいでもその反対でもないですが,でも,日本は好きだし日本が一番だと思ってますよ。
ちなみに君が代にも日の丸にも抵抗ないです。
オリンピックとかで流れるときには『短くて暗い感じの曲調で映えないわねー』と思うくらいでしょうかねw

そんなおいらが考えるに,本当は,この裁判のあと,出来れば昭和天皇がご存命のあいだに,大東亜戦争とは日本人にとって何だったのかを誰の手も借りず日本人が総括すべきだったのに,それをする機会を奪われたから,今のようなA級戦犯云々,靖国云々という問題が紛糾するのでしょう。

「A級戦犯」というレッテル貼りは,責任とって詰め腹切らされた人たちが英雄視されないための処置なのでしょうし,それを問い直そうという動きがでてきても不自然ではない。
その動きの一端が,前掲書でしょうし。

靖国が象徴するのは,大東亜戦争の残した情緒的な部分だと思います。
外国勢にその日本的情緒が分かるとは思えないし,だからこそ,靖国問題でプレッシャーかければ日本は言うこと聞くぞなもし,と外交カードに出来たのだと思いますし。

でもやっぱり,情緒的な側面と政治上・外交上の問題は分けて考えなくてはならないと思うのですよね。
そもそも,靖国に頭をたれる,というのは,国を想って散っていった人々のために祈る,というきわめてシンプルな行為だったはずなのだし。

そのような視点からいくと,首相の靖国参拝にクレームつける中韓も,それを知ったうえで自分の参拝をイベント化する小泉さんも,英霊たちに不敬極まりないですよ。


今まであえて避けてきましたが,政治的な問題に対するおいらのスタンスを,終戦記念に寄せてここですこし開陳してみますた。どっとはらい。

遊就館をおすすめしながらぽちっとな人気blogランキング
スポンサーサイト
テーマ:靖国参拝
ジャンル:政治・経済
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。