2006年10月06日 (金) | 編集 |
先のエントリ【izugaeruさんへ】萌え感情に性差は存在するのか?【ラブレターv】で,密やかに秘めやかに(ほんとか?),izugaeruさんとおいらで萌え談義をしているわけですが,残念ながら,よしながふみ作品には絵柄的に萌えられぬ,とのこと。

うむむ,これでは萌え感情の比較検討が出来ないじゃないか。

と思いつつ,未だに購読しているLaLaを手に取る。

……


アッタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

これなら!
これなら関係性萌えが分かっていただけるのではないかと!
たいていのマンガ喫茶にもあると思うし!
お兄ちゃんと一緒 3 (3)お兄ちゃんと一緒 3 (3)
時計野はり

白泉社 2005-02-05
売り上げランキング : 143140
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

(都合により3巻の提示です。1~2巻は画像がなかった。なぜだ~)
両親の再婚によって一時は同居していたが,その両親の離婚によって離れ離れになっていた,4人の兄と末の妹・桜。
彼らが同居を始めたところからお話は始まります。
今も連載中。

それぞれのキャラも立っていてキャラ萌え要素もありながら,兄たちとの微妙な関係がツボです。
兄萌えもあるにはありますが(ちなみおいらは次兄の隆お兄ちゃん萌え),やはりベースは兄妹関係萌えでございます。

因みに最近の少女マンガの,いわゆる逆ハーレムもの(ヒロイン一人にヒーローイパーイというパターン)は,従来の関係性萌え(カップリング萌えとも言いますな)に,キャラ萌えが大々的に加わってきてる気がします。

参考資料↓
桜蘭高校ホスト部 Vol.1桜蘭高校ホスト部 Vol.1
葉鳥ビスコ 坂本真綾 宮野真守

バップ 2006-07-26
売り上げランキング : 289
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


それに対する関係性萌えの王道といったらやはりこれでしょう。
参考文献↓
ときめきトゥナイト (1)ときめきトゥナイト (1)
池野 恋

集英社 1998-10
売り上げランキング : 58536
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関係性萌えの真髄は,読み手がヒロインに自分をダブらせつつも,置き換わったりはしないことなのだということがよく分かる作品です。

真壁君の相手は蘭世じゃなくちゃだめで,その逆もまた然りなわけですよ。
わっかるかな~。

しかしまじで,関係性萌えに関する一考察とか萌え感情の性差とか,調査したら面白そうだよなあ。

izugaeruさん,その時にはぜひとも共同執筆を!w
マンガって,やっぱ(・∀・)イイ!!→人気blogランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
「お兄ちゃん」とはまた核心をついてきましたね・・・
ご紹介ありがとうございます。

やっぱ女性の側からすると,♂がいっぱいいる方がいいんだなあ。男性の趣向に沿う場合は,余分な♂はマイナス要因にしかならないので,読むときに少々負担を感じそうですが,とりあえず表紙の感じはOKですね。特に,妹とおぼしき人物(下右端ですよね?)の髪型が神がかってます。

これは期待できるかもしれない(*´Д`)'`ァ'`ァ
2006/10/06(Fri) 18:33 | URL  | izugaeru #-[ 編集]
>やっぱ女性の側からすると,♂がいっぱいいる方がいいんだなあ。

いやあやっぱ,気分はお姫様ですからねえ,自分をかわいがってくれる♂がいっぱいいると。

>余分な♂はマイナス要因にしかならない

メモメモ
やっぱ競っちゃう感じなんでしょうかね?

>妹とおぼしき人物(下右端ですよね?)の髪型が神がかってます。

そうです,下右端です。真ん中は長兄です。おかまキャラです。肝心な時には男に戻りますがw
ツーテールに弱いのか・・・(再びメモメモ
桜ちゃんは髪をおろしてもかわいいですよ。
2006/10/07(Sat) 02:36 | URL  | ぽちこ #grcoP6NM[ 編集]
>やっぱ競っちゃう感じなんでしょうかね?

いえ,言うならば,余計な認知的負荷はいらねーという感じでしょうか。
これは完全な主観的推測ですが,heterosexualな趣向のみを持つ男性においては,異性の萌え対象に注意を向け,認知的処理を行うことに全リソースを費やしているのだと思うのですよ。後の登場人物は飾り,背景のようなもので,ただ,対象に文脈を与える部品でしかない,と。

んなわけで,♀が増えるのならリソースの振り分けが可能ですが,♂が増えてもリソースを振り分ける価値を見出せず,でも呈示されるからには情報は入ってくるわけで・・・

ああ,認知心理学の知見を絡ませてみたいっ。
2006/10/09(Mon) 20:22 | URL  | izugaeru #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック