--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年11月04日 (土) | 編集 |
今月やたら金のないぽちこですこばわ。
金ないのにやめられない止まらない♪のは本とCD買いですな。

まずは心理学の本(仮題)でご紹介されていたこちら。
All Cats Have Asperger SyndromeAll Cats Have Asperger Syndrome
Kathy Hoopmann

Jessica Kingsley Pub 2006-10-04
売り上げランキング : 35739

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
題名だけ訳すと,
にゃんこはみぃんなアスペルガー
てとこでしょうか。写真カワユス。いいなあ,訳してみたいなあぁあ(←ほぼ趣味)。
でもこれ,日本で訳したら大騒ぎなんじゃないかなあ。
「アスペの人を動物扱いする気かー!」とか。違うんだけどなあ。
そう。違うんですよ。

動物大好きなおいらからすると,他の動物と比べると,人間というのは大変にいびつで過度に複雑で,脆弱な動物だと思うのですよね。

確かに人間の脳みそはめちゃ大きくて複雑です。それに比すると,他の動物はコンパクトでシンプルな脳みそです。
けれど人間は,他の大方の動物が持っている感覚の鋭敏さを失ってしまった。動物としての在り方も,飛びぬけて独特になってしまった。

たとえば,真正面から目を見るというのは動物界ではタブーですが,人間界では推奨されたりとか。
動物は基本的に鏡が好きじゃない,とか。
刺激に対して素直で敏感,時に過敏なところとか。
それら最低限の敏感さを持っていなければ,野生動物は生き残っていけませんやね。

犬や猫などの家畜=元・野生動物は,感覚もだいぶ鈍化されてますが,それでも人間とは比較にならないほど敏感です。
筋緊張なんかにもその辺の動物っぽいところがでますけども,人間の中の動物くさいところは,あらかたなくなってしまっている。

これは,生き残り,繁殖するということを最大の課題とする動物としては致命的でもあるわけで,そういう風に野生の動物としての正しい在り方ということを考えると,語弊があるかもしれませんが,定型発達者よりも自閉の方のほうが,断然正しいんじゃないかと思うのですよ。

けれど,(上記の意味での)動物的ではないやり方の,独特な在り方が求められる人間といういびつで妙な動物の群れ社会の中では,それは目立ってしまうのかなあとか。
おいらそんなことを常々うすぼんやりと思っていたのですが,同じように感じる方が,海外にもいたのね,と。

でもって,高機能自閉症の当事者テンプル・グランディンも,似たような方向性の本を出していますね。

動物感覚―アニマル・マインドを読み解く動物感覚―アニマル・マインドを読み解く
テンプル グランディン キャサリン ジョンソン Temple Grandin

日本放送出版協会 2006-05
売り上げランキング : 42297
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

彼女は苦痛の少ない屠殺機の特許を数多く持ち,多くの大手ファーストフード会社と契約してるようです。
それというのも,動物が何を恐怖するのか,どうすれば動物が落ち着くのか,彼女には直観的にわかってしまうからなのですよね。
そしてそのことを,彼女自身は自分の独特な脳機能によるものだとしているわけです。

それと以前,やはり自閉症のドナ・ウィリアムスの視覚世界を巧みなカメラワークで再現してた番組がありましたが,それを初めて観た時のおいらの印象は,
「これって,草食動物の見え方に近いんじゃなかろうか」
ってことでした。
この辺のことを研究してる人っていないもんですかねー。やっぱり無理なんだろうかー。

そういや,自閉の方(今考えるとおそらく高機能)とにゃんこの相性がよいようだ,というのはIAHAIO@プラハの時に事例研究があったようななかったような。
距離感つめつめかつかまってちゃんな犬よりは,マイペースでのんびりで,距離遠めな猫の方が,一緒にいても落ち着くんだろうなあ,というのは予想がつきますね。

ちなみにその頃はまだ,高機能自閉やアスペルガーという概念が一般的でなく,あんなのは自閉のうちに入らない!とかいって怒ってる人もいたのよね。
なつかすぃー。
あの人たち,今どうしてんだろ。

10年一昔とはよく言ったもんだ→人気blogランキング
スポンサーサイト
テーマ:心理学
ジャンル:学問・文化・芸術
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
『あなたがあなたであるために―自分らしく生きるためのアスペルガー症候群ガイド』の英訳『How to Be Yourself in a World That\'s Different: An Asperger\'s Syndrome Study Guide for Adolescents』が出ることを知った瞬間,すでに『十人十色なカエルの子―特別なやり方
2006/11/06(Mon) 18:26:22 |  心理学の本(仮題)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。