Still, Life goes on.

真実は人の住む街角にある

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【見当違い】ピーマン頭,行動学の原理に触れてみる【かもしれず】

佐呂間町で竜巻…((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
そろそろちゃりんこしまおうかと考えているおいらですこばわ。
週末には雪ですってよ奥さん!

さて,既にバレッバレなこととは思いますが,おいら対象関係論好きです。
主に読んできたのは(っても斜め読みだけど)サリヴァンとかウィニコットとかスターンとか。
日本なら小此木先生とか青木省三先生とか村瀬嘉代子先生とか中井久夫先生とか。

そんなおいらですが,この秋から野暮用でこれらの本を読んでるですよ。
ザ・カルチャークラッシュ―ヒト文化とイヌ文化の衝突 動物の学習理論と行動科学に基づいたトレーニングのすすめザ・カルチャークラッシュ―ヒト文化とイヌ文化の衝突 動物の学習理論と行動科学に基づいたトレーニングのすすめ
ジーン ドナルドソン 橋根 理恵

レッドハート 2004-07
売り上げランキング : 8320
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

うまくやるための強化の原理―飼いネコから配偶者までうまくやるための強化の原理―飼いネコから配偶者まで
カレン プライア Karen Pryor 河嶋 孝

二瓶社 1998-06
売り上げランキング : 38245
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

でですね。
思い切って言っちゃうとですね。

すみません,おいら行動分析とか,好きじゃないんです…
積極的に嫌いというわけでもないのですが。

いやあの,2冊とも,良書ですよ。
カルチャー~の方は犬のことをピーマン頭ピーマン頭言ってて,いやな意味での人間中心主義臭にちょっとイラつきましたがw,まさしくピーマン頭のおいらでもさくさく読めてしまいましたし。
オペラント条件付けをどういう風に応用してくのかってのも,多分基礎の基礎ですがわかりますし。
でもねー…
いくつか気になることがあるですよ。

これね,一応はさくさく理解できる(あるいは理解した気になる)のですよね。
わんこのコンパクトでシンプルなアタマに,効率よく人間社会でやっていくための術を教えるには,行動学の原理を応用すればよい,というのは分かるのですが。
でもね,細かいことが気になり始めるとだめですわ。

たとえばね,シェイピングのタイミングや誘導の仕方のうまさってのは,経験値がものを言うんじゃないのか?とか。

あげるご褒美にしても,関係性によってインパクトが違うのではないか?(Aさんからもらうのと,Bさんからもらうのとではご褒美の受け手にとっての意味合いが違うのではないか?ということですかね)とか。

それと,物語で「賢者の贈りもの」ってあるじゃないですか。
最後の一葉,賢者の贈りもの最後の一葉,賢者の贈りもの
O.ヘンリ 大久保 康雄

新潮社 1988-11
売り上げランキング : 1121150

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

プレゼントは一般的に,強化刺激として働くんじゃないかと思うのですが,この物語のように,そのプレゼントの背後にある文脈はこの原理だとどう説明されるんだろうかー,とか。
(即時が強化の基本ですから,この話の「贈りもの」はそもそも強化刺激にはなりえないのかもしれませんが。)

あとはね,川端康成が,
「別れる男に、花の名を1つ教えておきなさい。花は毎年必ず咲きます。」
なーんつうことを言っていて,これは要するに,花が咲く時その男はその名を教えたあなたのことを思い出すはずですよ,という意味なんですが,これも条件付けなんだろうかーとか(これと似たことに,別れた相手と同じ香りがその相手を想起させるなんてこともありますな)。

こーんなことを考えてしまうのは,先日すえぞうさんが,分析系をして「文学だ」とおっしゃってたのがどっかに引っかかってたためかもしれません。
おいらにしてみりゃ,関係性だとか経験値だとか,そういった人間の「ゆらぎ」のようなものが前提として入れ込まれているならば,あるいは使う人がそれを意識しているならば,行動系のすべての所作も,程度の差こそあれ,文学なんではないかと思うのですが。

ていうか,人が人に対して何か働きかけあっているということ自体が,文学そのものなんじゃないかなあ(相手が機械だったら?そりゃ数学でしょう)。
それらが入れ込まれてない,意識されてないなら,多分おいらは今後もこっち系の理論には魅力を感じないと思います。だからどうしたって感じですが。
使えること&とこがあれば使うんだろうけど。でもややこしそうだからなー。

でもまあ,その,なんだ,うちの犬のしつけがんばりますということですよ。
でも着実においらがしつけられてる罠orz→人気blogランキング

06年11月7日 20:56 加筆
スポンサーサイト

*Comment

もと文学青年(自称)で現在は行動系萌えなizugaeruが横から勝手にお答えします。

>この物語のように,そのプレゼントの背後にある文脈はこの原理だとどう説明されるんだろうか

この場合は,プレゼントを渡す側が渡した相手の反応を見てプレゼント行動が強化されるんでしょうね。

>関係性だとか経験値だとか,そういった人間の「ゆらぎ」のようなもの

関係性の一部は質問紙で測定可能です。経験値は順序変数に変換可能。実際そうして研究は蓄積されています。

行動系を文学的に解釈しても楽しいかもしれませんが,臨床行為と文学は切り離すべきです。
  • posted by izugaeru
  • URL
  • 2006.11/07 21:42分
  • [Edit]

>プレゼントを渡す側が渡した相手の反応を見てプレゼント行動が強化される

これくらいはいくらピーマン頭でもわかりますよう。
私が聞きたいのは,そーじゃなくって,「これこれこういういわく由縁のあるプレゼント」という意味づけを,行動系のことばで説明するとしたらどうなるのかってことなんですが。

賢者の贈りものの場合は贈りものそのものに,「相手が相手自身の大切なものを売り払ってゲットした」という文脈・意味づけがあり,だからこそ二人は幸せ感うpしてるんだと思うのですよね。
その辺のことを行動系のことばで説明するとどうなるのだろうかなーと。

関係性についても同じく。
一部しかわからない質問紙での内容はどーでもよくて(ぇ,実際の臨床場面で,たとえば一人の子どもの療育において,A先生とB先生とC先生で,トークンつかってやってる内容やタイミングは同じなんだけど,A先生の時が一番学びがよいようだ,というのは,行動系のことばでどう説明するのかと。

経験に関しても,以前izugaeruさんのとこのコメントで,「経験もマニュアル化すべき」みたいなことをおっしゃってたのをおいら覚えていて,おお,行動系も経験に頼るところがあるのか!と思った次第なんですよね。
経験を順序変数に変換する,という作業が,臨床場面にどう響くのか,ということが知りたいです。

あと,このエントリで言ってる「文学」とは,すえぞうさんがおっしゃってる意味での「文学」に近いものだとお思いください。
妥当性=最重要事項だと思っていない人間がいるということもお忘れなく。
  • posted by ぽちこ
  • URL
  • 2006.11/08 13:17分
  • [Edit]

すみません,誤解してました。すえぞうさんの「文学」の定義ですね,ここでは。

賢者の贈り物の場合は,強化される行動が「二人は幸せ感うpしてる」ということでいいんですね?それだと行動理論の説明は難しい感じがします。無理にはしないほうがよいかもです。

>「経験もマニュアル化すべき」

これはたぶん,了解可能な行動に変換して他の人が学べるようにする,という意味だと思います。

>経験を順序変数に変換する

経験年数だと勘違いしてて,おまけに研究場面だけに限定した想定をしてました。臨床場面だとよくわかりません。

  • posted by izugaeru
  • URL
  • 2006.11/08 20:39分
  • [Edit]

ぽちこさん,TBありがとうございます!
izugaeruさんとのやりとりも含めて興味深く拝見しました.
コメントしようと思ったら長くなったのでエントリにしてしまいました.
ご一読くださるとこれ幸いですw
  • posted by すえぞう@仕事さぼってるわけではないですよ・・・
  • URL
  • 2006.11/09 11:36分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【ぽちこさん】臨床における行動理論の活用?【ありがとう】

ブックレビュー書いたけれど,何の反響もなく,「しょせん俺のブログなんて・・・」と落ち込んでいたら,ぽちこさんからTBが!!!ぽちこさんありがとぉ~~~~~!!しかも,そのエントリでizugaeruさんとこれまた熱いやりとりが・・・コメントしようと思ったら,異常に長

右サイドメニュー

いくつになったの

いつでも里親募集中

Power PUSH!

あなたは当事者ではない-〈当事者〉をめぐる質的心理学研究-
宮内 洋 今尾 真弓
4762825824
おいら的要チェキの当事者研が,ついに本になりました。
当事者とは何か?当事者とは誰のことか? 刺激的なタイトルですが,質的研究を志す人ならば必携です。


Fly Me to the Moon
Oscar Peterson
B000EXZFAI
ころころと転がる音の粒にうっとりして下さい。犬飼は疲れた時によく聞きます。

Advertisement



マクロミルへ登録

[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。

プロフィール

ぽちこ

  • Author:ぽちこ
  • 「心理学的見地からの人と動物の関係論」を追っかけている,質的研究好き。好きな言葉は「精進」。
    似てるポケモンはソーナンス。
    似てるモンスターははぐれメタル。
    好きなガンダムキャラはランバ・ラル。

    ※基本リンクフリーですが,一言下さると管理人喜びます。
    ※スパム,誹謗中傷コメント/TBお断り。管理人がそれと判断した場合は予告なくさっくり削除いたします。

    メールは件名を「ぽちこ賛江」として下記アドレスまでお願いいたします。
    Still_Life_Goes_On@ほっとめーる.co.jp(全て半角英数字)

ブログ内検索

携帯でもどうぞ

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

左サイドメニュー

生存確認

千客万来☆


CalendArchive

ぽちっとな☆


banner


新着コメント

LinkinGood!!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。