2006年11月23日 (木) | 編集 |
考えがあぶくのように浮かんでは消え浮かんでは消え。
まとまりつかないのでそのまま書いてみる。


最近この本を読み返してます。

「ゆらぐ」ことのできる力―ゆらぎと社会福祉実践「ゆらぐ」ことのできる力―ゆらぎと社会福祉実践
尾崎 新

誠信書房 1999-12
売り上げランキング : 192398

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

福祉実践と心理臨床ってどこか似てるよね。とか思いつつ。
でも何かが違う。言葉に出来ないけれども。
この本は「ゆらぎ」がテーマなのだけれども,その「ゆらぎ」を表現している形が,エピソード記述とどこか似ている。

エピソード記述入門―実践と質的研究のためにエピソード記述入門―実践と質的研究のために
鯨岡 峻

東京大学出版会 2005-08
売り上げランキング : 39015

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

生の実相を切り取るには,一瞬の「ゆらぎ」を誰かに伝えるためには,やはりこの方法しかないということか。



徳島のがけっぷちわんこ,助かったみたいで安心。
飼いたいという申し出が多数とか。
願わくば,他のわんこにもそのあたたかさがもたらされますように。

人はなぜ動物を飼うのか。
そんなことを考えつつ,処分される犬の頭数を思う。
どうぶつたちへのレクイエムどうぶつたちへのレクイエム
児玉 小枝

日本出版社 2005-02
売り上げランキング : 40901

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

捨て犬のココロ捨て犬のココロ
坂崎 千春

WAVE出版 2001-10
売り上げランキング : 49747

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

しんしんと降る雪に,我が家のわんこと遊びつつ。
とりあえず,目の前のこの子を抱きしめよう。



すみません私信です。
システム論的AAT。
ナラティヴAAT。
ことばとしては胡散臭いですがw,後者はやってる人がいます。
イスラエルのCPさんです。動物はThird Objectなのですって。
そしておいらが今考えてるのは前者の原型だったりする…のかなあ。
最近亀口先生やらベイトソンやらを読んでます。
某所でのやり取り,ねちっこくて失礼いたしました。
が,大変楽しゅうございました。
また,何かの機会に。ぜひ。



そだ,おかげさまで臨床発達心理士1次試験,通った模様です。
二次試験と総合して合否は決まるようなので,まだ何とも言えませんが。



修論書いてる皆々様,あともうひと頑張りでつよ。
とか言いながら,おいらも自分の仕事をちゃんとしなくては。
修論の体裁整えるのと(今頃かい!というツッコミはなしでw)研究計画書と発達心のための準備。
んにゃー。



おいらと同じフィールドにやってくる後輩から,服装について尋ねられ,この本を思い出す。
体験と経験のフィールドワーク体験と経験のフィールドワーク
宮内 洋

北大路書房 2005-09
売り上げランキング : 150528

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

一度涙を流すと,後はしみじみと来るものがあるこの本。
フィールドに赴く前の人も,フィールドに身を置く人も,ぜひ一読を。

ちなみにその後輩は,ちゃんと子どもたちから歓迎された様子。
さすが子どもたち。
さすがわが後輩。



さて明日から関東です。荷造り荷造り。

ロテさん,パクってすみませんw→人気blogランキング
スポンサーサイト
テーマ:ひとりごと
ジャンル:日記
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック