--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年12月04日 (月) | 編集 |
以前,ゼミで読んだんだけど忘却の彼岸に逝ってしまっていたので,本をゲット。
教育カウンセリングと家族システムズ―特別なニーズのある子どもを理解するために教育カウンセリングと家族システムズ―特別なニーズのある子どもを理解するために
ローズマリー ラムビー デビ ダニエルズ=モーリング Rosemary Lambie

現代書林 2002-09
売り上げランキング : 512093

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

しかし届くまで半月かかるってどゆこと?
まあ,届いたからいいけど。
お風呂入りつつ読みましたが,面白いです。

家族の中のペットやら,ペットを飼ってる子どもとその家族やら,ちうことを考えると,家族への視点をもっともっと鍛えねばならんですな。

ついでにもういっちょ。
なぜ記憶が消えるのか―神経病理学者が見た不思議な世界なぜ記憶が消えるのか―神経病理学者が見た不思議な世界
ハロルド・L. クローアンズ Harold L. Klawans 鴻巣 友季子

新潮社 2001-04
売り上げランキング : 660769

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
読み物です。が,面白い。
おいらが最近神経心理学にちょっと興味を持ち始めたことを知った友人が貸してくれました。
まだ読みきってないけど,最初の10ページで「面白い」と思えた本は久々。
サンクスです。枕元で読んでるので,よだれついてたらごめんね(ぇ>友人氏

そして例の,自閉症の極端男性脳説の書籍はっけーん。
共感する女脳、システム化する男脳共感する女脳、システム化する男脳
サイモン・バロン=コーエン 三宅 真砂子

NHK出版 2005-04-28
売り上げランキング : 107200

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

店頭でパラ見しましたが,こっちは,簡単に男性の脳=男性脳=だから男性はこうである・女性の脳=女性脳=だから女性はこうである,という風に解釈しない方がよさげな雰囲気。
時間があったらちゃんと読んでみます~。

なんだか際限&見境なくなってきたな…→人気blogランキング
スポンサーサイト
テーマ:心理学
ジャンル:学問・文化・芸術
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。