--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年12月06日 (水) | 編集 |
すっかり雪ですね。寒いですね。ぽちこです。

そして最近,考えてしまうことが多いのです。
たとえば学級になじめない子がいたとして。

そういう時に,その子のソーシャルスキルをアップさせる方が得策なのか。
学級内の環境調整をしてった方がいいのか。

そりゃまあケースバイケースで,もちろんベストなのは両方進めていくことなのでしょうけれども。
でも,ふと立ち止まると,えらく考え込んでしまうですよね。

ずっと先のことを考えると,これを機会にその子の力を伸ばしてく方がいいのかもしれない。
でも,周囲からのちょっとの支えさえあれば,その子だけがそんなに頑張る必要もないのかもしれない。
でもやっぱり,その子がいつもいつも,「ちょっとの支え」を得られる環境に身を置けるとは限らない。
けど環境を調整するってことは,他の子どもへの働きかけも含めるんだろうから,その子たちの世界を広げる,大きなチャンスになることも考えられるわけで。

そんなことを考えてると,堂々巡りで日が暮れる。。

何かこう,すぱーんとさくっと解決できる方法はないのでしょうかねえ。。

まあ,そんな方法あったら特別支援教育とか言わなくてすむんだろうけどさ。

難しいですよね。おいらが言うのもなんだけど。→人気blogランキング
スポンサーサイト
テーマ:心理学
ジャンル:学問・文化・芸術
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。