Still, Life goes on.

真実は人の住む街角にある

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何ていうか

最近おいらの中に確証バイアスが出来つつあります。

すなわち,

心理屋にあこがれる教師は微妙な人が多い。

すげえ人もいますよもちろん。いるんですが,そういう人たちは心理学の知識が豊富だけれども「自分は教師である」というアイデンティティが勝っているのですよね。

教師のアイデンティティうっちゃっちゃってる心理屋になりたい教師ちうのは,なんつーか,だめオーラがもわーんと出てますし,話しててもイラつくことばっかりで,いいことないです。

この「教師のアイデンティティ」ちうのがまた厄介で,これが強すぎても弱すぎても困ったことになると思うのですが,それはまた別の話。

ちなみにおいらは自分が「こりゃダメだ」と思う専門家には容赦しません。
(「こりゃダメだ」と思う研究者は内心腹を立てながら,基本無視ですが。)
特に子どもを犠牲にするような「本人は専門家のつもり」だけど「やってることは専門家もどき」は,大嫌いです(私も専門家もどきだけど一応その自覚はしてますよ,ええ。)。
そして乱暴な言い方をしてしまうと,この「専門家もどき」(しかもひどいタイプ)の出現率が,教師出身者に大変多いような気がするんですよね。
でもってそういう「もどき」に限って,おいらがちょろっとダメ出しすると,
「攻撃性高いね(そもそもそういう問題ではないと思うのですが)」
とか
「子どもにはその攻撃性向けないんだね(いるのかそんなやつ?)」
とか
「あなたのそういう攻撃性を受け止められない僕が悪いんだね…(受け止めずに破壊されてくれませんかね)」
とか,いろいろ言っちゃってくれるんですよねー。
そして,彼らが専門用語使うときの嬉しそうな顔ったら(ため息)。

で,いざ子どもの話になると,「あの子は問題があってね…」とか言っちゃって,歯切れ悪い悪い。
せめて「問題」じゃなくて「困難」と言ってくれ。
四の五の言わずにちゃっちゃと動こうよ。ただでさえ動きがわr(ry

と思ってしまうおいらはやっぱり柄が悪いのだろうな。別にいいよ。ふんっ。

同じ経験してる人は結構多いはず→人気blogランキング

12/17 21:42 あまりに柄が悪かったので修正
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

いくつになったの

いつでも里親募集中

Power PUSH!

あなたは当事者ではない-〈当事者〉をめぐる質的心理学研究-
宮内 洋 今尾 真弓
4762825824
おいら的要チェキの当事者研が,ついに本になりました。
当事者とは何か?当事者とは誰のことか? 刺激的なタイトルですが,質的研究を志す人ならば必携です。


Fly Me to the Moon
Oscar Peterson
B000EXZFAI
ころころと転がる音の粒にうっとりして下さい。犬飼は疲れた時によく聞きます。

Advertisement



マクロミルへ登録

[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。

プロフィール

ぽちこ

  • Author:ぽちこ
  • 「心理学的見地からの人と動物の関係論」を追っかけている,質的研究好き。好きな言葉は「精進」。
    似てるポケモンはソーナンス。
    似てるモンスターははぐれメタル。
    好きなガンダムキャラはランバ・ラル。

    ※基本リンクフリーですが,一言下さると管理人喜びます。
    ※スパム,誹謗中傷コメント/TBお断り。管理人がそれと判断した場合は予告なくさっくり削除いたします。

    メールは件名を「ぽちこ賛江」として下記アドレスまでお願いいたします。
    Still_Life_Goes_On@ほっとめーる.co.jp(全て半角英数字)

ブログ内検索

携帯でもどうぞ

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

左サイドメニュー

生存確認

千客万来☆


CalendArchive

ぽちっとな☆


banner


新着コメント

LinkinGood!!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。