--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年01月26日 (金) | 編集 |
早いもので,このあいだ明けたと思ったらもう1月も終わりですね。
こばわぽちこです。

1月が終わる,ということはですよ。
2月がすぐそこってことじゃないですか。
2月がすぐそこってことは,受験シーズンなわけですよね。
でもって,受験シーズンといえば正念場なわけですよ。

最後のあがき正念場のこの時期,何を読むかといえばですね。
まずはこれ。

哲学思考トレーニング哲学思考トレーニング
伊勢田 哲治

筑摩書房 2005-07-06
売り上げランキング : 39766

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

大先輩,M先生がご紹介くださいました。
おもすろいです。
おいらクリティカルシンンキング,というと,論文の批判的な読み方~なんてものばかりかと思っていたのですが(浅学なのばればれですな),これは哲学的クリティカルシンキング,ということで,おいらのピーマン頭にも分かりやすく書かれています。
それでいて,頭がほぐれる良書です。
さすが新書。ビバ新書。

次。

物語としての家族物語としての家族
マイケル ホワイト デビット エプストン Michael White

金剛出版 1992-05
売り上げランキング : 284398

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

求む再版!求む廉価版!

物語か~。ナラティヴか~。ん~。
と,その深淵を覗くのを何故か躊躇していたおいらですが,やはり避けては通れない。
そしてナラティヴ言うならこっちも読んだ方がいいのよねきっと,という素人判断。

社会構成主義の理論と実践―関係性が現実をつくる社会構成主義の理論と実践―関係性が現実をつくる
K.J. ガーゲン Kenneth J. Gergen 永田 素彦

ナカニシヤ出版 2004-06
売り上げランキング : 98934

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関係性キタ――(゚∀゚)――!!
ってまだ読んでませんが。

みんなのパワーをおらに分けてくれ!→人気blogランキング
スポンサーサイト
テーマ:心理学
ジャンル:学問・文化・芸術
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。