--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年03月04日 (日) | 編集 |
ゆれるを観てきました。
キャスティングの妙と申しましょうか。

ストーリーは,簡単に言えば,閉塞したムラ社会に生きる兄と,そこを飛び出して自由に生きる弟の,葛藤の物語です。

その兄弟と,幼馴染の女性の3人で遊びに出かけた渓谷につり橋があり,その上で事件が。
その事件を巡って,兄弟の葛藤が露わになるわけですが。

いやーあ,これはストーリーもさることながら,キャスティング勝ちでございましょう。

こころの愛人オダジョを観に行ったつもりでいたのですが(そして実際堪能したんですが),兄役の香川照之!
一見穏やかに過ごしながらも,深く鬱屈した思いを微かににじませる狂気じみた雰囲気は,多分この人しか出せなかったと思います。
すごい。

そしてそんな兄を持ちながら,自由に生きている風に見えてその実逃げの人生を送っている弟をオダジョーが。
これもぴったりでございます。

でもって,劇中で,すごく象徴的で重要な使われ方をしているのが,つり橋。
ゆらゆらとゆれる,不安定な橋を渡ってしまった弟と,渡れない兄。
兄は人生に絡めとられ,弟は人生から逃げる。
ゆれる橋の上で,2人は邂逅を果たせるのか?

穏やかな緊迫感をはらんだまま,映画はラストシーンへなだれ込みます。
その緊迫感がほどけるのは,ラストシーンのほんとに最後です。

見終わって思ったことと言えば。
属性によって人を区別するのはあまり好きではないおいらですが,でもうっすらと感じていたことが,この映画によって輪郭はっきりしちゃったよな,という気がしてなりません。

「橋」を渡る人と渡らない人とは,確実にいる。
渡れる人と渡れない人,と言い換えてもいいかもしれませんが。
その差はたぶん決定的で,でも渡ることと渡らないことは恐らく表裏。
だからこそ厄介で,だからこそ気になるのでしょう。

さて。
ゆれる橋がそこにあったら,あなたは渡りますか?渡りませんか?

おいら?おいらは渡るほうです,確実に。→人気blogランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。