--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年04月19日 (木) | 編集 |
少年法改正案が衆院通過だそうで。

少年犯罪,と聞いて思い出すのはこの映画。
息子のまなざし息子のまなざし
オリヴィエ・グルメ ジャン=ピエール・ダルデンヌ リュック・ダルデンヌ

東北新社 2006-10-27
売り上げランキング : 46057

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

詳細はこちらですが,何というか,野暮な解説も言葉もいらん映画です。
とりあえず,観てみてください。
安くなってるのでおいらも購入を検討しますよ。

んーそれにしても,収容年齢の引き下げよりも,少年院での処遇をきちんと整備することの方が先なんじゃないのかなあ。
これは刑務所でも同様のことが言えると思うのですが,きちんとした矯正プログラムでもって対処しないと,収容したって意味ないでしょう。
臭いものには蓋して隔離,中身?知らんよゴミ箱だもん,というやり方には賛同しかねます。

被害者を意識してのことならばもっと別のやりようもあるでしょうに。
これだけだと,加害者をぶち込めるところにぶち込めば気が済むんだろ,と被害者の側に言ってるような気するんだよなー。
他にやってるんだろうか,被害者対策。

何かやだなーこういうの。

ぶち込めばいいという話ではない( `_ゝ´)→人気blogランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。