--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年05月25日 (金) | 編集 |
いやーあ,何度見てもかっこいいですね。ポルコ・ロッソ。
紅の豚。

紅の豚紅の豚
宮崎駿 森山周一郎 岡村明美

ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント 2002-03-29
売り上げランキング : 134

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

つかポルコ,この渋さで36才て!ちょっと!そりゃ反則でしょ!

ジーナさんはいつ見ても素敵ー。非の打ち所無し。
しかしこの映画,疲れて脳みそが豆腐になった中年男向け(by宮崎駿監督)だけあって,女性キャラの配置が非常に男性に都合がいいような。
一緒に戦えるパートナー(=フィオ)と,帰りを待っててくれる愛しの君(=ジーナ)の2人をゲットできるのは,やっぱりポルコが魅力的だから?

ちなみにおいらの将来設計としては,ジーナさんを経由してラピュタのドーラばーちゃんになるのが目標のはずだったんですけどねー。
おっかしーなー,どこで間違ったのかなー。
すでにジーナとドーラを両立しようということ自体に無理があったのだろうかー。

せめてドーラにはなりたいぞ→人気blogランキング
スポンサーサイト
テーマ:TVで見た映画
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。