--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年05月26日 (土) | 編集 |
同じものを読んでも,同じだけ実践を重ねても,まったく深まっていかない人っているんだなー,ということに最近気がつきましたぽちこですおハローございます。

例えばです。

クライエントさんが不安を口にするとする。
その不安と,その不安を口にするということの吟味,というのはいろいろな角度から必要になってくると思うのですが,深まらない人,というのは安易に,凄く簡単に,
「不安?じゃあ認知行動療法でシェーマを変えなくちゃね♪」
となりますし,親子関係がキーになっていると思われる家族関係に出くわすと,
「じゃあ家族面接やって家族療法やっちゃいましょ♪」
とか軽く言えてしまうのですよね。

そんな「深まらない人」がなぜ深まらないのか,ということについて,つらつらと考えてみますたよ。

先日の記事ふむ。と併せて読んでいただくとわかりやすいかもしれません。
まずはね,深まらない人ってのは,「無知の知」がない人だと思うのですよ。
そしてそれがないから謙虚さもない。謙遜はするけどね。
ここまでは先日書いた話。

で,そっからさらに考えを進めてみると,ですよ。
深まらない人たち,というのは,どんな理論につけ,どんな技法につけ,読んだこと聞いたことをすべて字義通りにしか受け止めてないようなのです。

御大たちは我々ペーペーにもわかるような平易な言葉で実践を語ってくれます。
けれど,それを聞く我々は,まずは用心しなくてはなりません。
平易な言葉で語られたことどもが,実はどれだけ難しく恐ろしいことであるかを。
つーかこれって,ちょっとでも臨床に触れた人ならわかると思うんだけどなあ。

当然ながら,技法も理論も,使いこなせなくては意味はありません。
でもって,その使いこなしがどんだけ難しいかということを,我々はまず知らなくてはなりません。

なんだけど,深まらない人々っつーのはどこまで行っても字義通り。
しかも自分に都合のいい文脈で,字義通り。
それはたとえばこんな感じです。

「遊戯療法?要は子どもと思いっきり遊べばいいんでしょ?」
「認知行動療法を使えば鬱なんてすぐ治るんでしょ?」
「親子関係が問題なら,家族面接しちゃえば手っ取り早いじゃない♪」

…やってみ?
ただしそれでクライエントに迷惑かからんで済むならな。

こういった深まらない人々ってのは,研修会や講演会に何回か出ただけで知った気になる人が多い気がします。
そいでもって「広く浅くいろんなことを知ってる私♪」がお気に入りだったりするんだよな。
著名な先生と顔見知りってのが自慢だったりしてな。
著名な先生とどんだけ仲良かろうと,それが自分の臨床能力とは何の関係もないちうのに。

そしておいらはそれが大変に気持ち悪いし嫌いです。
こういう人に出くわしたら,ネットでもリアルでもさり気に遠ざかります。
経験上,ろくなことにならないのがわかってるので。
あからさまに遠ざかっても,この手の人は気づかないことが多いし,遠慮なく遠ざかります。

人の振り見て我が振りなおせ,自分の力への根拠のない自信と過信,自分勝手な「字義通り」,これだけはおいら,避けようと思うのです。

くわばらくわばら→人気blogランキング
スポンサーサイト
テーマ:心理学
ジャンル:学問・文化・芸術
コメント
この記事へのコメント
 お久しぶりです。
 研究において何か問題があって,じゃあそれをどうしたらいいのかってときに,
私も短絡的に結論を出しているのではないかと考えさせられました。
ありがとうございます。
2007/05/28(Mon) 21:54 | URL  | ぴえーる #-[ 編集]
研究でも臨床でも
わーいお久しぶりです~ノシ
いやいや,お礼なんてそんな(*´∀`)

研究でも臨床でも,あらゆる可能性を考え出す一人ブレイン・ストーミングは大事ですよ。
そいで頭ぐつぐつになったところで,研究なら指導あるいはコメント,臨床ならばSVを受けることで見えてくるものってあると思います。
他人の真似事だけじゃ行き詰る,というのはどっちも同じですよね。
どちらにとっても大事なのは「謙遜」ではなくて「謙虚」であることだと思います。
2007/05/30(Wed) 02:57 | URL  | ぽちこ #grcoP6NM[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。