--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年05月29日 (火) | 編集 |
昨日借りてきた音楽たち,やっぱりいい感じ。
ことばを語り(≒内容)と囀り(≒音声)に分けたのは神田橋御大でしたっけ?
その表現を借りると,mihimaruは囀り半分,m-floは完全に囀りだよなーと感じた今日。
そしてそれが不快でなく。

ちなみに自分がそのとき聞き手として囀りモードか語りモードかを判別するのに,おいらはラジオを使います。
幸いなことに,手持ちのmp3にFMチューナーもついてるので,結構お手軽に判別できる。
DJのしゃべり声を心地よいと感じたら囀りモード,DJのことばに反応するようなら語りモード。

最近は圧倒的に囀りモードなことが多いなあ。
チャリこいでる時はどんな曲聞いても完璧囀り入力ですけどね。

んで今回分かったのは,m-floにとって歌い手さんは,いい意味でヴォーカルマシーンなのねーということ。
lovesなアーティストは,曲にあった声をゲットするための,唯一無二の音声機械。
だからこその割り切り感,遊び具合がm-floの真骨頂なんだなーと。

聞き手の側にしてみても,音声のみで情緒を表現した曲ってのも,たまにはいいもんです。
ことばによる情緒に耐えられない状態なんだってことはおいといたとしても。

そしてmihimaruは「帰ろう歌」の囀りと語りのバランスがいい感じ~。
歌詞に耳を澄ますと高校生の下校風景が見えてきますが,囀りだけに耳を傾けていれば,少し力の抜けた夕暮れの風景によく似合う。
パート先からの帰りのバスのなかでぼへーっと聞くにはちょうどいい。

疲れてんのかなあ。
いやその前に,歌にモードを持ち込むなんて野暮なことをすること自体,若干病んでるのかもしれず( ´_ゝ`)

でもこの手の話は結構好きなんでまた続くかも→人気blogランキング
スポンサーサイト
テーマ:心理学
ジャンル:学問・文化・芸術
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。