Still, Life goes on.

真実は人の住む街角にある

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それじゃあ恋は始まらない。

突然ですが,恋愛に必要なものって,なんだと思います?
おいらは「ニュアンス」だと思うんです。
雰囲気でも空気でもなく,「ニュアンス」。
言葉に乗っかった,でも言葉では決して伝わらない,何か。
それがわからない,大切に出来ない単細胞は恋なんて出来ない(ついでに質的研究も出来ない)。
たとえばこの本に,次のようなエピソードがあります。

4048725351フリーク・ショウ
山田 詠美

角川書店 1989-05
売り上げランキング : 1,105,165

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

クッキーという女の子が,やがて故郷に帰ってしまうことがあらかじめわかっている米兵と恋に落ちます。
別れの時,彼は車の運転席でハンドルに突っ伏して涙しながら,彼女に向かってこう言うのです。

「運転,出来ないよ」。

この一見何気ない一言に,2人のどれだけの思いが詰まっているか。それがわからないひとには,恋ははじめられない。
言外に,あるいは行間に,どれだけの思いを詰め込むことが出来るか,それがすなわちその人の恋する能力だと思うのですが,いかがでしょう?

恋はディテールが大切です。
というか,恋自体が人生のディテールでしょう。
だって,ヒトという動物の最終目的である生殖・繁殖には,恋なんてなくてもいいわけですから(だから戦争時には,恋愛よりも見合い結婚のほうが優先されるわけですよ。生産性低い恋は切捨て)。
でも人は,恋をしたがる。面白いもんだと思います。
恋なんて人生における文学や哲学みたいなもんで,なくたって生きていけるはずなんですけどね。
でもそのなくてもいいものに一喜一憂するのは,下らなくも愛しいことだと思いますよ。自分も含めて。
けれどとりあえず,

 やらないか?

と訊かれて

 ウホッ

と答える女はいません。

到達点はそこであっても,そこにたどり着くまでの手練手管,表現方法にうるさい動物なのですよ,ヒト科オンナというものは。
かぐや姫を見たんさい。相手が自分のためにどれだけ時間と手間と労力をかけてくれたか,というのが女にとっては何より大事なんですよ。
女性にモテたければ,まずその「表現方法」を研究しないとダメです。

魂ラジで話題の
でも僕には,妻がいるからダメだよね(by火野正平)
なんてその骨頂じゃないですか。

さらに言えば,光源氏の息子・薫がダメダメなのもそこなんですよね。
柏木の未亡人・落葉の宮に向かって
「死んだものと思って僕のものになれ」
とか
「あなたも男を知らないわけでもありますまいに」
とか,サイテー語録のオンパレード。とても恋上手の源氏の息子とは思えません。
好きだ,抱きたいという欲求を,どうやって相手に了承あるいは伝染させるか,というのが恋の醍醐味だろうに,んな言葉じゃ逆効果もいいところです。
特に後者は悪代官そのもの。最っ低。

因みに,言外にこめられたものが「謙虚さ」ではなくて「謙遜」だったりとか,媚であったりしたときには,個人的にはドン引きですね。
例えば,
俺って嘘ついたり演技したりって苦手なんだよね~
という言葉の裏には,
ほらほら,そんな俺って誠実でしょ?
という媚が丸見えで,非っ常~~に見苦しいし気分悪い。
そうやって薄っぺらく物を言いまわす男には,絶対恋なんて出来ない(断言。
そんなことを言うこと自体,既に演技がかっていることに,そういう男は絶対に気付かない。
その無神経さが嫌われるんです(しかしそういう人のために,恋をすっ飛ばして結婚へこぎつける為のシステム,「お見合い」があるわけですよ。すばらしいですね~人間の叡智って)。
恋愛場面において,男性の「こう見られたい」という欲求=媚ほど小賢しくて醜いものはないと思います。

女性はどうかって?
我々女は普段から化粧だのファッションだので媚をまとうことが板についてますからねえ,不自然ではないのですよ(それでも小悪魔なオンナ志望者は別。小悪魔は天然だから小悪魔なんであってね。あれをまんま実践しても意味がないと思うぞ)。
男性はころりと騙されてくれますしねえ。ほっほっほ♪
でも女にとっては,男の媚は醜いだけ。
「俺って誠実♪」という男ほど不実なもんです。

ということで,思い当たる殿方,ぜひとも精進してくださいませ。

精進しつつ,ぽちっとな→人気blogランキングへ
スポンサーサイト

*Comment

読みながら、クビが痛くなるほど頷いていました(。-_-。)
  • posted by えみ
  • URL
  • 2005.10/24 11:29分
  • [Edit]

共感いただけたようで♪

>えみさん
共感いただけてうれしいです。首の具合はいかがでしょうか?(笑
「心理学と関係あるようで実はない男女論」って,いつか書いてみたかったんですよ。
こんな時男がこう動いてくれたら楽なのになーとか,こう言ってくれたらくらっと来ちゃうぞ~とか,常に思ってるので(笑

なので,時折また思い出したように書くかもしれません。
突っ込み・共感,お待ちしております。
  • posted by ひな
  • URL
  • 2005.10/24 17:34分
  • [Edit]

こんばんは。はじめまして。
いつも楽しく読ませていただいています(^^)

それで突然ですが・・・
以前からずっと思っていたことがあるのですが・・・
「ひなさんは山田詠美を読んでいる!きっと読んでいる!」・・・と(^^;

なんとなくですが、ひなさんの文章には、
山田詠美を読んでいらっしゃるんじゃないかな
という感じが漂っている気がして。
(・・・って、変な日本語になってしまいましたorz)
私の妄想かも?と思っていたのですが、
今回ずばり山田詠美が出てきて
あー、やっぱりー、とうれしくなってしまいました。

私は彼女の小説もエッセイも好きでよく読む方だと思うのですが、
ひなさんもそうなのかな?と、ずっと思っていたんです。
それで今回、思わずコメントしてしまいました(^^;

あ。すみません。
記事全体じゃなく、山田詠美一点に食いついてしまいました・・・(^^;

これからもブログ楽しみにしてます(^^)
  • posted by りお
  • URL
  • 2005.10/24 18:23分
  • [Edit]

なるほど

なるほどー φ(..)メモメモ

って、ほんとにわかってんのか?>俺
  • posted by takashi
  • URL
  • 2005.10/24 18:46分
  • [Edit]

ばれたかw

>りおさん
初めまして♪
こんなへっぽこブログを楽しんでくださってありがとうございますm(_ _)m

>「ひなさんは山田詠美を読んでいる!きっと読んでいる!」

ご明察でございます。
わたくし,お尻がブルーな思春期の頃からエイミーフリークでございます。
「姫君」「AtoZ」くらいまでは追っかけ,最近は読んでないですが(こないだ書店に行ったら「PAY DAY!!」が文庫化されてて時の流れの速さが身に沁みました)。
やっぱりエイミーエッセンスがにおうのですね(苦笑
わかる方にはわかるんだなあ。

ついでに今は亡き森瑤子女史も好物でございます。森作品はかなりセレブでスノッブな雰囲気でかすかで甘いですが腐臭さえ漂いがちなので,最近は食傷気味ですが。
あんなお金持ちになりたいですよほんとにorz

あと好きな作家は原田宗典氏ですかね。
こちらも最近(原田氏がうつ発病以降)は読んでないですが,言葉の感覚が好きです。
「,」や「。」の使い方がうまい人が好きですね。

こんなへっぽこ雑食ブログですが,これからもよろしくお願いいたします。

>takashiさん
一朝一夕にわかられても困るんですけどねー(棒読みの上口だけ笑
まあ,これからいろいろレクチャーして差し上げますですよ。お望みならば。


てか,G-tool,この記事のと別の記事合わせて検索して持ってきた広告が「恋愛カウンセラー」って。
すごいなおい。
恐るべし自動検索。
  • posted by ひな
  • URL
  • 2005.10/24 19:26分
  • [Edit]

>takashiさん

おおー、いいですねー。
ひなさんのレクチャー。


>ひなさん

> 一朝一夕にわかられても困るんですけどねー

ははは(笑)。
いや、私も少し耳に痛いお話ですたよ。

山田詠美かー。大学生のころ、いいなって思って少し読んでたなー。
  • posted by 臨床心理士デスマ
  • URL
  • 2005.10/27 12:08分
  • [Edit]

私の場合

恋上手な男の人は、苦手かも。
無神経な人は論外ですが、もてるだけの手練手管、表現方法を駆使されると多分ひいてしまいます。
自分が主導権をとりたいから・・・かなあ?

どちらかというと、普段「恋?それって何?肉まんよりおいしい?」みたいな顔してる殿方を「揺らす」ことに喜びを感じておりましたよ。
あ、そういう人に意外なところから「揺らされる」のだけは好きでした。
「そういうことしそうにないけど」「思わずでちゃった」的表現には弱いんだよなぁ。
  • posted by bikke
  • URL
  • 2005.10/27 17:29分
  • [Edit]

媚びる男は。

魅力的じゃないですよ。オレ様男も変則的な媚だと思う。

>デスマさん
「少し」の内訳が気になりますですよw
山田詠美,いいですよ。「ぼくは勉強が出来ない」とかおすすめです。
彼女の描く恋愛模様は,北方謙三キャプテンも歯が立たないらしいですからw

>bikkeさん
>普段「恋?それって何?肉まんよりおいしい?」みたいな顔してる殿方を
>「揺らす」ことに喜びを感じておりましたよ。

おおお,bikkeさん,悪女な予感w でもそのシチュ,萌えますなあ。

カタチだけの手練手管(ってこの表現がいかんのか?)はおいらも嫌いですとも。
その裏に,他の誰でもない「この人」を失いたくない,という切実さや怖れがないとダメですねえ。
怪傑ゾロリ風味ですがw,やっぱり恋は「真面目に不真面目」,これでございましょう。

>「そういうことしそうにないけど」「思わずでちゃった」的表現には弱いんだよなぁ。

禿しく同感でございます。
表現じゃない表現が一番キますよね。
光源氏はその典型でしょうね。見た目美男で真面目で,でも不実な恋が趣味で,女性を喜ばす言葉が自然に出るタイプ。
Mr.パーフェクトでございましょう。
すごいぞ紫式部。

しかし自分で書いといて何が言いたいかわからなくなってきたぞ。
もちっと整理して,その内何か書きます。
  • posted by ひな
  • URL
  • 2005.10/29 00:38分
  • [Edit]

こんにちは(^^)またお邪魔してしまいました。
やめておこうと思いつつも、また書いてしまいました(^^;

ひなさん、原田宗典もですか!
私も大好物なんですよー!
アーノルド波平(<歯医者さんの話の)とか
「パパー、まだぁ?」(<ビロウな話(笑)の)とか
もう爆笑でした。

森瑶子も少し読んだのですが・・・
・・・食傷気味になられるの、わかります。私も同じく(^^;
なので、数冊で終わってしまいましたorz

『ぼくは勉強ができない』いいですよねー。
あの中で、どれもいいですが、個人的には
”賢者の皮むき”が、最初読んだとき一番衝撃?でした。
あちゃー、それ書いちゃいましたか(=よくぞ書いてくれた)
って感じでした(笑)
実際に、山野さんみたいな女の子、いましたよ・・・。

ちなみに・・・私は、男の人で、山田詠美が好きって殿方がいたら
それだけで、ちょっとその人のポイント高くなってしまいます(笑)
見る目あるなぁって気がして(^^;・・・気のせい?
以前、電車の中で斜め向かいに立っていた男の人が
山田詠美の本を読んでるのに気がつき、
さりげなく?近寄って、隣に立ったのは私です(^^;
いえ!ちょっと近寄っただけで、それ以上は何もしてません。
ちょっと、じぃっと見ただけです。ほんとです。
・・・いや・・・これだけでも危ない人かな・・・orz

(すみません。また本の話だけしてしまいました。しかも長々と・・・orz)
  • posted by りお
  • URL
  • 2005.10/29 17:50分
  • [Edit]

光源氏かあ

源氏の君・・・友達がはまってたら間違いなく、やめとき、って言うタイプ・・・。
でも、その忠告は聞き入れられないのが常、というタイプ・・・。
そんなことが何度かあったから、なのか源氏の君タイプには何となく反発感なんですよね。私の大事な友達を~!と。

独占欲強い私としては、すべてをわかった上で源氏の君を受け入れることなんて
無理だ~と思います。
が、オダギリジョーの顔した源氏の君に甘い言葉でささやかれたら・・・ちょっと自信ないかも(笑)。それくらいの恋上手、なのは悔しいけれど認めるにしても!

・・・ということで源氏の君な香りのする人には近づかないことにしております。
友達として話聞くのは時にはおもしろそうな気もしますが、きっとそのうち説教したくなってしまいそうですし。

えー、酔っ払うと説教癖のあるbikkeでした。
  • posted by bikke
  • URL
  • 2005.10/29 18:26分
  • [Edit]

趣味が合いますねえ。

>りおさん
山野さんタイプの女の子,放課後の音符にも出てきますよね。
たいてい,学年に2~3人はいるタイプのやな女w
自分がその手の女を嫌いな理由を言語化してもらってすっとした思い出があります。

原田宗典もそうですが,山田詠美は短編の方が切れ味が良くて好きですね。
長編も味がありますが。

原田氏は最初,小説から入ったので,エッセイを読んだ時にはかなり驚きました。電車の中で読んで,かなり苦労したこともw

他には堀田あけみが好きです。

>いえ!ちょっと近寄っただけで、それ以上は何もしてません。
>ちょっと、じぃっと見ただけです。ほんとです。

強調するところが怪しいw
というのは冗談ですが,エイミーマニアな男性ですか…おいらの周りにはいないですねえ。
周囲にいるのは,トラッシュ読んでたら「何読んでるの?パトラッシュ?」と訊いてきた相方とか,そもそも本をあまり読まない男性ばかりですね。
よくって,山田詠美好きなんだよね,といったら,ああ,そんな感じだよね,といった男友達ぐらいです。
エイミーフリークな男性,会ってみたい気がしますね。

やめておこうなんて思わず,これからも書き込みお待ちしております(^^
  • posted by ひな
  • URL
  • 2005.10/30 08:39分
  • [Edit]

天然ですからねえ。

源氏の君は。

>bikkeさん
源氏の何がすごいって,どんだけ不実でも,許せてしまう何かがあるってことですかね。
で,タチが悪いのが「1対たくさん」の関係なんだという意識がなくて,どの人とも「1対1」の関係として付き合うとこでしょうね。
リアルでいたら,近づいてもいいけど,おいらは朝顔の君ポジションキープかな。

因みに,オダジョは源氏よりも匂宮のほうがしっくりする感じ。
  • posted by ひな
  • URL
  • 2005.10/30 09:24分
  • [Edit]

>「1対たくさん」の関係なんだという意識がなくて,どの人とも「1対1」の関係として付き合うとこ

うー、まさにここが許せんとこーっ。・・・なんか、「だから許してね」に見えてしまうのですよねえ。「意識がない」のは天然なだけに罪だと思いますよ。

ところで、本屋の方に、堀田あけみさんがあるのは、前から気になってました。
一時期私もはまってましたよ。私は「思い出にならない」「思い出させてあげよう」
が好きです。彼女も一時期心理学者でしたよね~。
  • posted by bikke
  • URL
  • 2005.10/30 11:11分
  • [Edit]

> 「少し」の内訳が気になりますですよw
> 山田詠美,いいですよ。「ぼくは勉強が出来ない」とかおすすめです。

それが一番印象に残ってます。
当時、他にも何冊か読んでたはずですが・・・。
  • posted by 臨床心理士デスマ
  • URL
  • 2005.10/30 15:08分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

いくつになったの

いつでも里親募集中

Power PUSH!

あなたは当事者ではない-〈当事者〉をめぐる質的心理学研究-
宮内 洋 今尾 真弓
4762825824
おいら的要チェキの当事者研が,ついに本になりました。
当事者とは何か?当事者とは誰のことか? 刺激的なタイトルですが,質的研究を志す人ならば必携です。


Fly Me to the Moon
Oscar Peterson
B000EXZFAI
ころころと転がる音の粒にうっとりして下さい。犬飼は疲れた時によく聞きます。

Advertisement



マクロミルへ登録

[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。

プロフィール

ぽちこ

  • Author:ぽちこ
  • 「心理学的見地からの人と動物の関係論」を追っかけている,質的研究好き。好きな言葉は「精進」。
    似てるポケモンはソーナンス。
    似てるモンスターははぐれメタル。
    好きなガンダムキャラはランバ・ラル。

    ※基本リンクフリーですが,一言下さると管理人喜びます。
    ※スパム,誹謗中傷コメント/TBお断り。管理人がそれと判断した場合は予告なくさっくり削除いたします。

    メールは件名を「ぽちこ賛江」として下記アドレスまでお願いいたします。
    Still_Life_Goes_On@ほっとめーる.co.jp(全て半角英数字)

ブログ内検索

携帯でもどうぞ

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

左サイドメニュー

生存確認

千客万来☆


CalendArchive

ぽちっとな☆


banner


新着コメント

LinkinGood!!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。