Still, Life goes on.

真実は人の住む街角にある

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真実とは何ぞや

日もうららかな13日の金曜日、世の中に絶対的真実なんてねーよなーとしみじみ思うぽちこです今日和。

いやあ、先日、とあるブックレビューで、あるエッセイについて
「このエッセイには真実が書いてない!だからダメだ!」
とかいう内容が書き散らかしてありましてね。
他人事ながらかなーり不快感を感じたおいらでありますよ。

だってね、「真実が書いてない」と糾弾するからには、そのレビュアーは書き手の「真実」を知ってるってことですよね。
何で赤の他人の真実を、自分の方が知っている、と、そこまでそんな尊大なことがいえるんでしょうかね。
自分に置き換えてみたらわかるでしょうに。

だってね、おいらが突然、今これを読んでくださっているあなたに、
「あなたがこれを読んで思うことはあなたの真実じゃない!」
とか言ったらどう思います?
はぁ?ってなりません?

おいらそういう人を見ると(見るだけです近づきはしません)そいつぁすげーやばっかじゃねーのwと思ってしまうのですよ。

あのな、今時「真実はいつもひとつ!」ってな台詞を吐くのは名探偵コナンぐらいなんだよバーロ。
ある事象に関して、人一人にひとつずつ真実があると思え、とは先達たちのよく言うところでね。
ユクスキュルの言う環世界もそうですし、レンプの言う隣接現実もそうですし、ウィニコットの言う錯覚もそうですが、

自分自身をみる能力の喪失について―統合失調症と自閉症の発達心理学による説明自分自身をみる能力の喪失について―統合失調症と自閉症の発達心理学による説明
ラインハルト レンプ Reinhart Lempp 高梨 愛子

星和書店 2005-12
売り上げランキング : 133895

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

錯覚と脱錯覚―ウィニコットの臨床感覚錯覚と脱錯覚―ウィニコットの臨床感覚
北山 修

岩崎学術出版社 2004-04
売り上げランキング : 353972

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


その人固有の世界というのは確かにあって、その中に真実も含まれますよね。
それを他人がとっ捕まえて「真実でない」とはこれいかにw
その「その人固有の世界」を大切にしながら共に共通の世界をつむいでいくのが心理臨床の基本だと思うんですけどね。
どんな技法を使うにせよ、ね。
残念ながらそのレビュアーは何となく心理学をかじっているようなんですがね。
できればそんな尊大な人に現場で会いたくないですわ。
間近にこられたら大変に不愉快だ。

それにしても、いやあ、ここまで尊大な人も珍しいよなーと、不快感通り越して感心の域に達してしまったおいらなのでした。
どっとはらい。
スポンサーサイト

*Comment

私は心理学かじってる
と言うには心理学をわかってないので
心理学しゃぶってるくらいにしとこうかしらん。

私の偏見によりますと、
そんな感じの心理学カジリストは
「受容と共感」と「甘やかしと思い込み」の区別がなく
親やSCになれば子どもを甘やかしスポイルし
ついでに周辺のフツーの一生懸命やってる先生とお母様をこき下ろし
自分だけが子どもを理解しているという夢に浸り
当の子どもに迷惑かけかねないのですが
まぁ人生いろいろですな。
そういう大人が周りにいなくて良かった♪
  • posted by 千尋
  • URL
  • 2007.07/14 13:39分
  • [Edit]

そーそー

>そんな感じの心理学カジリストは
>「受容と共感」と「甘やかしと思い込み」の区別がなく

そーなんですよー。
結局受容と共感て,それをされる側の判断に委ねられる部分が多いと思うのですよね。
それを自分の独断と偏見のみで「出来てねえ!」と言えてしまえる感性っていったい。

それにしてもなあ,書いてあることが「真実じゃない」って…。おまいは著者か?
要するに,自分が許せないものはすべて「真実」ではないんでしょうね。
その狭量さにもクチポカーンです。
  • posted by ぽちこ@電王に乗り遅れ
  • URL
  • 2007.07/16 00:38分
  • [Edit]

エッセイのブックレビューで臨床心理学について
語るバカっているんですか!?へー、見てみたい。
『心理学』とか『受容と共感』なんて言葉でレビューが
書かれてたっていうんですかねー。

というか、作家の本に対する批評じゃないんですか?
もとのレビューとやらを読んでないので
なんとも言えませんが、エッセイに対する批評なんですよね?
途中から心理学の話が入り交じって、訳がわからなくなってますねー。

「真実が書かれていない」という批判イコール
「真実はひとつ」というのはいきすぎなのでは?
上質な作品ではれば、「真実」が一つだけ描かれているという
ことは少なく、作品を通して読み手にさまざまな真実を
見せるものな気がします。
レビューは作品の質について述べるものですし、そういう批判は考えられます。

>ある事象に関して、人一人にひとつずつ真実があると思え、とは先達た
ちのよく言うところでね。

作家の手を離れた作品(小説やエッセイ、芸術作品)では、
一人にひとつずつの真実が描かれているからOKではないでしょう。
作品で作家である「私の真実」が描かれているだけでは、
作品としてはいけてません・・・・。文芸作品の選考では
「私の真実」以上のものが描かれていなければ、選ばれません。
(誰にだって「私の真実」があるのですから)
それにこれって、クライアントの真実に対する批判ではないですよね。
あくまで本のレビューのハズなのに…。

クライアントや臨床場面以外のことで、この日記のように
心理学的知識を用いて批判するのって、
ぽちこさんが批判している以上にアホだと思いますよ。


作家の手を離れた作品は、どんなバックグラウンドがあろうと
作品として批判されます。それは作品の宿命です。
そのことを無視して、クライアントの真実でもないのに
心理学的に批判するのはとても危ない行為だと思いますよ。

わたし的に、心理士でアブない人はこんな人↑です。

心理士としてアブない人の私見を以下にまとめてみます。

○臨床場面以外の日常で心理学的知識を語りたがる心理士
○個人の意見を述べるのに、心理学的知識を引用する心理士
(この2つは、日常と臨床場面の区別がついてない危険有)

○他人からの批判を、感情的に受け攻撃したがる心理士
○クライアントじゃないのに、「私の真実」に固執する心理士
(この2つは自分を批判的に受け止められない可能性大)

○wwwの公開で、自分の感情にまかせて書きなぐる心理士
○wwwの公開で、意見の違う同僚の心理スタッフを批判しちゃう心理士
○wwwの公開で、現場の環境を愚痴る心理士
(ユーザー閲覧の可能性を考慮にいれてない、プロ意識が低い)

こういう心理士は、クライアントとしても出会いたくない。
心理学をかじって有害な人同様、近付きたくない。
  • posted by なんでもない
  • URL
  • 2007.07/18 10:02分
  • [Edit]

>なんでもないさん
はじめまして。
いきなりの長文、ありがとうございます。

>クライアントの真実に対する批判

エントリのどの辺に「クライエント」の真実を批判してる内容が登場してますかね?
そう思われた箇所を具体的にお教え願えればと思います。
おいらとしては、「この本に書かれてることは真実ではない!だからダメだ」という発言に対して( ´,_ゝ`)プッ と思ってしまったことよ、という内容のエントリだと思ってるんですが。

それが「この本に書かれてることは私の思ってる真実とは違う!だからダメだ」ならばまだ納得がいくんですけどね。
それにしたって、どんだけ思い込み強いのよwと失笑してしまうと思いますが。

>クライアントや臨床場面以外のことで、この日記のように
心理学的知識を用いて批判する

この辺は用いる側の哲学の問題でしょうね。
おいらは心理臨床ってのはとどのつまり、質のよい人間関係を維持するためのさまざまなスキルや考え方やあり方が結晶化したものだと思ってるので、その辺の知識は平気で用いますよ。その方が早い人、それが通じる人にはね。
臨床心理学は困難を抱えた人のためだけにあるものではない。

ついでに言えば、
心理学的知識を用いて説明された!
→クライエント扱いされた!
→失礼だ!
という意味不明な回路をお持ちの方とはお友達になれませんし、なろうとも思いません。
たまにいるんですよ、こういう人。

あ、そうじゃないのか、その下の、

>アホだと思いますよ。

ってのがおっしゃりたかったのでしょうか?
失礼しました。
それならそうとおっしゃってくれればよかったのに。
  • posted by ぽちこ
  • URL
  • 2007.07/18 13:58分
  • [Edit]

有害認定されてみた♪

うわー、俺、blogで愚痴りまくりだよ。
まあ、アホなので返すことばはとりあえずなしだ。

 ~~-y(´<_`  )
  • posted by moo
  • URL
  • 2007.07/19 07:23分
  • [Edit]

誤爆?

なんでもないさんのコメント、
エントリの主題と関係ないですよね?

・・・もしかして誤爆?
mixiとかで時々見る、
「だれそれの日記にコメつけようとしたら
なぜかどこそこのコミュに書き込んでしまった!」
みたいな・・・。

なんでもないさんが、とっても熱く何かを語っていらっしゃるのは分かるのだけど・・・
  • posted by 千尋
  • URL
  • 2007.07/20 12:56分
  • [Edit]

なんでもないさんへ

ご自分の認識内においての過去の経験から怒りを覚えてコメントされたとのこと、了解しました。
そういった動機はおいらのなかでは「私怨」のカテゴリーに入りますので、投稿されたコメントは削除させていただきます。
あなたの真実論にはまったく興味ないですし。

千尋さんとmooさんが下さったコメントを消すのは忍びないので、その発端となった以前のコメントは残させていただくつもりでおりますが。

まだ納得がいかない部分がございましたら、もうあと10数回ほどこのエントリを読まれて内容をきちんと理解されてから、メールでお問い合わせください。
  • posted by ぽちこ
  • URL
  • 2007.07/24 21:26分
  • [Edit]

>mooさん
おお、名誉の有害認定ですねw

>千尋さん
書いたご本人の中では何かつながりがあるようですよ。残念ながら。
つながり具合はおいらにも皆目見当がつかないのですが。
誤爆だったらいいのですが、それ以上に、書かれていることがぶっ飛びすぎていてよく分からない。
  • posted by ぽちこ
  • URL
  • 2007.07/25 00:42分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

いくつになったの

いつでも里親募集中

Power PUSH!

あなたは当事者ではない-〈当事者〉をめぐる質的心理学研究-
宮内 洋 今尾 真弓
4762825824
おいら的要チェキの当事者研が,ついに本になりました。
当事者とは何か?当事者とは誰のことか? 刺激的なタイトルですが,質的研究を志す人ならば必携です。


Fly Me to the Moon
Oscar Peterson
B000EXZFAI
ころころと転がる音の粒にうっとりして下さい。犬飼は疲れた時によく聞きます。

Advertisement



マクロミルへ登録

[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。

プロフィール

ぽちこ

  • Author:ぽちこ
  • 「心理学的見地からの人と動物の関係論」を追っかけている,質的研究好き。好きな言葉は「精進」。
    似てるポケモンはソーナンス。
    似てるモンスターははぐれメタル。
    好きなガンダムキャラはランバ・ラル。

    ※基本リンクフリーですが,一言下さると管理人喜びます。
    ※スパム,誹謗中傷コメント/TBお断り。管理人がそれと判断した場合は予告なくさっくり削除いたします。

    メールは件名を「ぽちこ賛江」として下記アドレスまでお願いいたします。
    Still_Life_Goes_On@ほっとめーる.co.jp(全て半角英数字)

ブログ内検索

携帯でもどうぞ

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

左サイドメニュー

生存確認

千客万来☆


CalendArchive

ぽちっとな☆


banner


新着コメント

LinkinGood!!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。