--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年11月10日 (土) | 編集 |
秋も深まった最近のヘビロテはこちら。

five-star(初回生産限定盤)(DVD付)five-star(初回生産限定盤)(DVD付)
YUKI

ERJ(SME)(M) 2007-10-03
売り上げランキング : 43

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

実はおいらにはさみしさセンサーみたいなものがついてるんです。
そのおかげで,さみしさを感じさせるもの,さみしさを抱えている人には妙に敏感だったりします。
ただ,気付くさみしさにも種類があって,何というか,外側に何かが足りない,という状態には反応せず,内側の何かが抜け落ちている,という種類のさみしさ限定のセンサーなんですね。

たぶん,後者の方が補完不能でどうしようもなく,どうしようもないからこそ目が離せず,かつ自分が後者の方に属しているからだと思うんですが。
前者のさみしさしか知らない人とは,どうも反りが合わない。無邪気でかわいいんですけどね,こういう人って。でもそれだけ。深みなし。
そういう人とのあいだには,価値観云々以前の,ものすごい溝を感じます。
そして,好きになる人たちはみな後者のさみしさを抱えている,ないしは知っている人ばかりのような気がする。
ただ,それを指摘するとたいていの人は困った挙句に言葉を失ってしまうので(いや別にそんな野暮なことはしたことないですよ。自分が指摘された時がそうだったというだけで。),確認はしないけど。

で,ですよ。上記のアルバムはYUKIのソロベストなんですが,ここ最近のYUKIの曲は,このセンサーにどうも引っかかるんだよなあ。
JAMの時にはライブの時にミニスカートはいてジャンプして,見せパンをわざわざ見せ付けていたりとか,襟ぐり広いTシャツ着て前かがみになってみせたりしてたのを見て,「あざとい姉ちゃんだなー」としか思ってなかったんですよね。
ソロ初期も高い声をロリータチックな歌い方でおもちゃにしてるなあ,ぐらいしか印象はなかった。
それが,いつぐらいだろうなあ,JOYあたりからかなあ,ん?と思い。
これはたぶん,蔦屋好位置のアレンジのせいだと今は思うんですが,その後の“長い夢”で「ん?」は「おお」になった。

ああ,この人も,こっち側の人だ,と。

胸のすくような明るく澄み切った曲の中にちりばめられた数々の可愛らしい言葉。
それが内包するさみしさは,とても深いような気がしてならない。

たとえばね,星屑サンセット
あの子は太陽で,でも風景は「サンセット」。消えてしまう。
どうしたって消えてしまう流れ星に願いをかけなくてはならないほど,主人公は何がさみしいのか。
笑顔なんて「忘れない」ものではなくて,“今ここ”で上書きしていくもんじゃないのか。
「泣き出しそうな笑顔」なのは,実は主人公なのではないのか。
ふがいないやなんて,歌詞だけ声に出して読んだらえらい抑うつソングですよ。
それが無邪気さを前面に出したボーカルと歌い手,そして曲によって,上手に煙に巻かれてしまっている。

この変わりっぷりのプロセスが,上記のアルバムではよく分かります。
変わった契機は色々あると思うのですが,もう少し妄想を続けてみると,まずは彼女がお子さんを喪っていることも,要因のひとつじゃないかと思うんですよね。

あの時非常に印象的だったのは,旦那さんのYO-KINGは息子さんの喪失に耐え切れず一時休業したのに対し,YUKIは「歌っていないと死んでしまう」とツアーを休まずに続行したことです。
ああ,この人も歌姫なのだなあ,とぼんやり思ったのを覚えてます。

巨大な才能には,とんでもない犠牲や破壊や不幸がついてまわることがあるんじゃないかと思います。
古くは紫式部しかり,美空ひばり然り,近いところなら安室奈美恵ちゃんやYUKI,吉田美和ちゃんにも。
本田美奈子もそうかも。中森明菜は自分を壊そうとしてしまうことになったしな。

けれども突出し過ぎた才能というのは,その不幸をも燃料として,さらに力を得るもんだと思うんですよね。才能の持ち主の意思に関わらず。
まるで毒や犠牲までも飲み込んで育っていくモンスターみたいですが,そのモンスターと生きてこその歌姫だと思うんですが,いかがでしょうか。

歌がないと死んでしまうひとこそが,歌姫。
安室ちゃんの場合は歌というよりダンスの方にウェイトがおかれてるっぽいから舞姫か?
ピー(自主規制)とかピー(自主規制)とかは別に歌や踊りがなくても生きてけそうだよな。そんなわけでおいら的にはちっとも歌姫じゃない。

閑話休題。

とにかくYUKIを聞いて,おいらのいう「内側の何かが抜けてる」さみしさの意味が分かった人はお友達ってことですよ。

この時期の凛とした空気に似合います→人気blogランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ご案内
ブログランキングご参加〔相互リンク〕のお願い

サイト名:タイムブログランキング
URL:http://www.time-ranking.com/

はじめまして、「タイムブログランキング」管理人の水本と申します。
先日、BLOGランキングサイトをオープン致しました。
現在ご参加いただけるブログ様を募集しております。
ランキング参加はもちろん無料です。

是非、貴ブログ様のご登録をご検討下さい。
よろしくお願い致します。

コメント欄をお借りしてのご案内をお許し下さい。


※検索サイト・ランキングサイト等より訪問しております為、
重複してのご案内になりましたらお詫び申し上げます。

2007/11/11(Sun) 02:10 | URL  | タイムブログランキング #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。