2007年11月29日 (木) | 編集 |
こないだのエントリに,mooさんからお返事エントリいただきますた。わくわくです。うふ。

で。
こんなコメントいただいちゃいました。

「試行錯誤」でよいのか? よいのんか? (´<_` ?)
後半の「広げるという作業」のところがぽちこさんの言いたいことだろうに、
それじゃ、うまく伝わってねえんじゃないのか?と思った次第。


良いのです,試行錯誤で。だってそれすらしないヤツもいるんですから。

あのですね,最近のおいらの嫌いな言葉遣いに,
「自閉の子は○○だから●●しないと」
というのがあるんでやんす。

センモンカは,当然ですが,「自閉」なり「ADHD」といふものの輪郭,教科書的に共通理解されている辺りについてはだいたい知ってるわけですよね。
それすら知らないヤツ,知ろうともしないヤツ,たまにいるけどさ(いかん,また実名挙げたくなってきたぞ)。

んでも,例えばASでも,その人その人によって,自閉傾向の出方っつーかにじみ方は,当然違いますよね。
なのに,「自閉の子はこんなよね」っと,教科書的理解をそのまま目の前にいる子どもに当てはめて関わることほど,その子に失礼なことはないよな,と。
そういうヤツほど,その逆もやらかしちゃって,自分の少ない経験を過度に一般化させようとするんですよね。
いるんですって,
「赤を見ると自閉の子は興奮しちゃうのよー」
とか,へらへら言っちゃうヴァカが(※このあたりは実話を基にしたフィクションです)。

そんな,自閉の子だからこうなはず,という固定観念を捨てられないやつぁセンモンカやめれやと思うおいらの心だけが,特別に狭いわけではないはずだ。
とはいえ,この辺の教科書的理解近辺の話は別エントリにしないとおさまりきらんのでまたの機会にしたいと思います。

閑話休題。

要するに,おいらが言いたかったのは,その子に見える自閉傾向もその子の人柄も踏まえつつ,

この子は何が好きかしらん
何を面白いと思って何をつまんないと思うのかしらん
どんなことに怒ってどんなことに笑うのかしらん
何がこの子を幸せ気分にするのかしらん 
この子にこれを伝えるためには何を使ってどう言ったらいいかしらん
この子はこれについてどういうふうに理解してるのかしらん
どうしたらそれを教えてくれるかしらん


なんて感じでワクワクしつつ(別にしなくてもいいけど),あれこれあれこれ考えたりやったりすることが,おいらの言う「試行錯誤」なんですよ,ちうことなのですよ,mooさん。

試行錯誤違いですかね?→人気ブログランキング
スポンサーサイト
テーマ:心理学
ジャンル:学問・文化・芸術
コメント
この記事へのコメント
赤色
>おいらの言う「試行錯誤」なんですよ

了解しました。前提以前の話しですね。安心しました。
実践レベルが試行錯誤だったら、子どもの方がいい迷惑だよなと思ったのです。
でも、ぽちこさんに限ってそんなことあるわけはないという意味で、
「伝わってねえんじゃないの?」と愛のツッコミ入れさせてもらいました。

前提以前の試行錯誤程度すらできていないニンゲンとは、
そろそろかかわるのやめたら(やめられたら)いいのに・・・。
ぽちこさんの胃が心配です。


ちなみにわたしは赤色を見ると、中華屋さんか献血カーを思い出します。
そろそろ献血行きたいなあ・・・。
どうして献血の看護師さんには美人が多いのだろう・・・。
その意味では、わたしもある意味興奮してるのかもしれん。(´<_`  )
2007/11/30(Fri) 14:19 | URL  | moo #vIYzU//E[ 編集]
うい、基礎の基礎の話だったんですよorz
ご心配かけました(ニガワラ
しっかし前提が出来てないひとって何でああなんですかね。
自閉の子のこだわりは壊さなくっちゃ♪
って既にイミフw
つかあんたのアタマの方がよっぽど壊(ry

しかし実践レベルで教材出す時毎度毎度、ドキがムネムネするおいらも大して変わんないのかもorz
2007/11/30(Fri) 17:32 | URL  | ぽちこ #wyPnW/yE[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック