--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年01月05日 (土) | 編集 |
浅木さんとこのテンプレートがやたらかわゆくて日参してるおいらです。おハローございます。
いや~,んもうぬっこぬこ~♪

今日書店を回って気になったご本をご紹介~。

そらとぶねこそらとぶねこ
(2007/11/02)
junku

商品詳細を見る

もう,もうね,肉球全開。それに尽きる。
いいなー,J(仮名)が猫恐怖症じゃなければもっふもふぬっこぬこな日も夢ではないのだけどなー。
J(仮名),かつて子猫と遊ぼうとしてでれんでれん子猫に近づいてったら,お母さん猫に空飛ばれてそのまま強烈なとび蹴り食らったですよね。
以来,猫ダメ。
無理に飼ってもJ(仮名)とぬこ,両方にかわいそうなことになるだろうし~。
なので,道端のぬこに声をかけてさみしさを紛らわす不憫なおいら(´・ω・`)
この本も,買ってしまうとぬこ恋しさが募ってしまうと思うので,購入予定はなし。

ペット系購入予定なしつながりでこっち。

ペットはあなたのスピリチュアル・パートナーペットはあなたのスピリチュアル・パートナー
(2007/09)
江原 啓之

商品詳細を見る

や,あの,あれですよ?美輪様は好きですけど,あっちの世界に行ったわけでないですよ?立ち読んだだけだし。
ただね,やっぱりね,ペットと聞くとついね。モニョモニョ

それがですね,まるっとトンデモ系の本かと思ったら,犬猫の飼い方や日常について書いてある前半は,ふつーにいいことゆってるんですよー。
ペットが行方不明になったらこういうところへ知らせなさいとか最後まで飼えとかノーリード(・A・)イクナイ!!とか動物はアクセサリーじゃないんだぞーとか。
非常に現実的,かつ(おいらから見て)マトモ。

後半はすぴりちゅある全開で「・・・(;・∀・)」ですけどね。
鉱物が前世って(でも一応読んでみた)。
ダイヤモンドとかはむしろヒトなんかより徳が高そうな感じするぞ。真珠とか。

専門関連書籍だとこれですかね。買うかはわからんけど。

発達障害の子どもたち (講談社現代新書 1922)発達障害の子どもたち (講談社現代新書 1922)
(2007/12/19)
杉山 登志郎

商品詳細を見る

タイトルが少し気になりますがまあいいとして(何故かえらそーなおいら)。
内容はともかく,センモンカ以外も読む新書で,杉山御大がどういうふうに「発達障害」について説き明かすのか,ということに興味があったりなかったり。

週があけたら仕事始めだってことを思い出してしまいましたorz→人気ブログランキング
スポンサーサイト
テーマ:本の紹介
ジャンル:小説・文学
コメント
この記事へのコメント
うふ。
猫好きです。ねこねこ~。

しかし、猫恐怖症とはJ、こころやさしいですなぁ。

猫と犬を一緒に飼おうと思ったら、猫を先に飼った方が良いって言いますよね。力関係の問題なのかと思いますが。J君なら、後から飼っても平気そう?
2008/01/07(Mon) 21:40 | URL  | 浅木 #mQop/nM.[ 編集]
コメントありがとうございます~♪

>猫好きです。ねこねこ~。

おいらは毛や羽の生えてる生き物なら何でも
すきです~。

>猫と犬を一緒に飼おうと思ったら、猫を先に飼った方が良い

メモメモ
個体差はありますが,猫の方が距離感取るの上手いので,そうなるのかもしれません。
犬の群れの中だと,後から来る新参者は良くも悪くもつつき回されることが多いのに対し,猫は個体同士の相性に寄るところが大きいみたいです。

J,最近はぬこを見るといっちょまえに追いかけ回してしまうようになってしまったので,やはり安易にはぬこと会わせられない気がします。
追いかけて何がしたいのかは良くわからんのですが。
子猫には愛想が良いので,子猫から飼ってみたら違うかもです。

ああ,ぬこ・・・ぬこ・・・もふもふしたい~
2008/01/10(Thu) 11:37 | URL  | ぽちこ #grcoP6NM[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。