--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年01月30日 (水) | 編集 |
先週末からちょっとばかしお出かけしてたおいら。
その途中でこれ買おうと思ったんですが,

方法としての行動療法方法としての行動療法
(2007/07)
山上 敏子

商品詳細を見る

これ買うならEdyでマイルがたまる,地元の本屋の方が良いなあと考え直して,代わりにこれを買いました。
鹿男あをによし。ドラマの原作本です。

鹿男あをによし鹿男あをによし
(2007/04)
万城目 学

商品詳細を見る


なんつーか,ぎりぎりの作品ですね。
これ以上軽くては下品だし,これ以上ふくらますとくどい。
そして読んだ後に何も残らないこの感じは,うーん,幻冬舎w
出版されて1年未満でドラマ化,というのも胡散くs(ry

でもこの人,句読点をはじめとする文章内記号の使い方が,すごくうまい。

おいら,映画にしろドラマにしろ文学にしろ,作り手がその表現媒体にしかできないことが分かっているなあと思えるものが好きなんですが,この作者はそこクリア。
小説にしかできないことを,たぶんよく知っている。

で,そん次に来るのが句読点やら記号やらなんですよ。
文章の中の記号というのは,その文章の呼吸そのものだと思うのです。
ここは一息に読ませたい,ここは印象づけたい,その緩急をびしっとつけるのが記号なんじゃないかと。
今まで記号で息を呑まされたのは,芥川龍ちゃんに,川端さんでしょ,最近だと山田詠美に花村萬月。
花村萬月の「笑う山崎」にはぞくぞくしたもんなあ。

で,記号を駆使して取り混ぜた,地の文と会話文の混ざり具合もおいら好みです。
ストーリーもなかなかシュールで面白い。一言では言い表せない中身です。
でも冒頭でも言いましたが,これ以上シュールすぎるとラノベです。
書き手の文章力がそれを阻止してますけどね。

<以下ネタバレ含みます>
しかし,登場人物とドラマのキャストを見ると,最初に俳優さんありきの当て書きなんじゃないかと思わせられることもしばしば。
「野性的魚顔」の堀田イトちゃんと「鹿男」な主人公なんか,まんまだもんなあ。
リチャードの児玉清,途中で豹変するんだろうかー。
鹿が山ちゃんときて,これでネズミが夏木マリだったら,これはもう(ry

や,これが,原作が出て2~3年の話ならまだね。勘ぐらないと思うんですけどね。
去年出て今年,だからなあ。

ま,面白ければ何でも良いんで,よしとしよう。
我ながら偉そうなおいら。

ところどころ,ぷふっと吹き出してしまうところもありしますし,頭空っぽにして楽しむには最適な本ではないかと。

ちなみにおいらは1日で読み切りました。→人気ブログランキング
スポンサーサイト
テーマ:文学・小説
ジャンル:小説・文学
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。