--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年02月08日 (金) | 編集 |
めずらしく連続投稿のおいらですこんぬつわ。

おいら最近,自分は研究者なんだろうか,臨床屋なんだろうか,と真剣に考え込んでるですよね。
いやいやそれを分けて考えるのってどうなのよ,という方もいるでしょうし,そもそもここに立ち寄ってくれている方々からしたら,えー,そんなことも自分で気づいてないのかよーとか言われるような,自明なことかもしれないんですが,でもあれなんですよ,自分としてはですね,あんまし自分の研究テーマと臨床って,がしっと直接的なつながりはないと思ってるのですよ。
ほんのり繋がってるとは言えるんですけど。
少なくとも,このテーマががしがし進展したからって,明日の臨床業界が変わるわけでは決してないですし。

それでも,研究テーマってのは,人生の中でそうそう変える/変えられるものじゃないでしょう?
確かに,実践の中で色々な人と出会い,色々なことを学んで教えてもらうのは楽しいし,やりがいもある。
浅木さんがおっしゃるとおり,そのテーマが自分の中にしっかり根付いてるからこそ,おいらにも,実践の中で見えてくるものもある。
でもなあ,確かに見えてくるものはあるんだけれど,それをネタにして研究しようという気は,全っ然,起きないのです。
実践全般についての勉強は,んもうバリバリしようと思うんですけどね。
しゅてき(はぁと)と思った本は身銭切って買いますし。

んでもやっぱり,研究しない臨床屋なんてサイテーですから,サイテーにはなりたくねえなあ,と,思う。

臨床は楽しいし大好きだけど,研究したい!と思うほどには熱くなれないその理由は,自分でもよく分かんないのです。

・・・っと,ここまで考えてみて,自分が何がしたいか,も一度考えてみますとね。

共にありたいのですよ。人とでも動物とでも良いから。
同じ世界・同じ時間は生きられないけれど,共にありたい。
それができるなら,研究でも臨床でもどっちでもいい。

とかって,もう5~6年前から言ってるんですよねえ(遠い目
そしたらマブダチに
「おまえ,それは・・・宗教家のすることだぞ?しかも殉教者のすることだ」
と絶句されたんだっけなあ・・・

ベースラインがこれだもんなあ・・・そりゃ収拾つかんよなあ。
まあそんなわけで,おいらのピーマン頭の中ではこんな葛藤(なのか?)が繰り広げられているんだよ,という,とりとめのない話だったんでした。

どっちなのかなあ・・・→人気ブログランキング
スポンサーサイト
テーマ:心理学
ジャンル:学問・文化・芸術
コメント
この記事へのコメント
トラックバックありがとうございます~。

色々、放置していて、TB返し、遅くなりました。

ぽちこさんの記事読んでたら、やっぱり、私が研究思考にならないのは、距離感のせいなのか?なんて、思いなおしてみたりして。

まあ、学生時代の量的研究の際に、5件法の中間に書かれた○や、「これで何が分かるの?」って走り書きやらを見ながら、
そうだよねぇ・・・と、うなづきつつ、申し訳なく思っていたり。
その、数値に収まりきらないところが、こう、ね。
と、まあ、言葉にならないところですね。はい。
2008/02/15(Fri) 00:25 | URL  | 浅木 #mQop/nM.[ 編集]
距離感・・・
>浅木さん
どもです~。
距離感。そのココロは?

ちなみにおいらは数値におさまりきらないところを追っかけたくて質的研究に手を出してるわけですが,ま~あ大河の一滴というか大海のプランクトンというべきか,途方もないですよ'`,、'`,、('∀`) '`,、'`,、
2008/02/16(Sat) 03:34 | URL  | ぽちこ #grcoP6NM[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
こんばんは。今日は、大雪の日本です。 雪の中、外に出かけるのは、仕事とか用事がなければ なかなか快適です。 雪が好きなのですー。おこちゃま。 それはさておき、昨年の日心臨の大会に参加し、このところブログ仲間の皆様と色々お話させていただいたりしていて、...
2008/02/15(Fri) 00:14:12 |  いろはに心理学ちりぬるを
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。