--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年02月17日 (日) | 編集 |
最近ちょっとお堅い話題ばっかりなので週末くらいは柔らかい話を。

ちょっと奥さん,ごらんになりました~?4大陸。
いつのまに日本のフィギュアスケート界はこんなにハイレベルになったんでしょうねえ。
ショートの方,我らがミキティはちょっくら表情がさえなくておいちゃん心配でしたけど,いつもどおりの華と表現力でしたわね。
コンディション悪くても安定して実力を出せたのはさすがです。

そして真央タソ。ショートのステッピングアウトは残念でしたが,ジャンプよりもあなた,何あの超レベルアップしてるステップと上半身の動き!
おいらが先シーズンに生で見たときとは全然違う。
あそこまで完璧だと,もはや人間ではなくて,フィギュアのためのフィギュアロイドだなおい。
ミラクルマオなんて可愛いもんでなくて,フィギュアモンスター真央の方がいいんじゃないか。

なんつか,新時代のスケーターですね,真央ちゃん。
高橋くんやミキティは,モロゾフコーチの影響か,スケーターが氷上の華を競っていた頃の,いい意味でのバタ臭さというか,そんな味があるんだけれども,真央ちゃんは伊藤みどりの流れをくんだ「スポーツ的フィギュア」を追求しているような気がする。
今回2位のロシェットもアスリートタイプの精密さがありますねえ。
表現力命の村主姐さんは前者かな。
これもいい悪いではなくて,好みの問題でしょう。
おいらが好きなのはもちろんドラマチックなバタ臭さですよ~。
氷上でのジャンプが難しいのはもう分かってますから。その難しさを軽々と超える表現を見たい。

今回面白いなあと思ったのは,表現力のある美姫ちゃんが4回転サルコウにこだわり,ジャンプに強い真央ちゃんが表現力を補強してきた点でしょうかね。
そして今大会でトリプルアクセルを成功させたことで,真央ちゃんの方にアドバンテージがついた。
この調子で表現力とジャンプ,両方力をつけてったら,2年後にはどうなってるんだよ真央タソ!ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ
そんで最近のインタビュー聞いてると,真央ちゃんスケートの苦しさと奥深さにも気づいちゃったらしいじゃないですか。
てことはメンタル面も補強されつつあるってことジャマイカ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

しかし我らがミキティも,4回転に挑戦する勇気&根性と,ジャンプを失敗しても入賞できるほどの底力が身についてることが,今回はっきり分かったわけですよ。
今までの繊細な彼女なら,これはできなかったはず。
まだまだどんどん行けるぞミキティ!世界女王ミキティ!おいちゃん応援してっから!

世界選手権も目が離せません→人気ブログランキング
スポンサーサイト
テーマ:フィギュアスケート
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。