--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年08月29日 (金) | 編集 |
はい,夏の終わりにお晩です。
何か久しぶりな気がするんですが,ここはまあ日付詐称かしらん。

最近はえーと,検査ばっかりやってます。ちびっこが大半で,いろいろな子と会えるのが大変うれしい。
なんですが,子どもを支える資源が極端に少ない地域なせいか,いろいろ考えてしまうことが多いのですよね。

療育を受けて時間が経ってる子,行き始めたばっかりな子,療育どころか保育園にも幼稚園にも行ってない子などなど,養育環境は様々です。
そのさまざまな子の発達具合を見させてもらうのが今の仕事なんですが,周辺から,ちょりーっと気になることをぽつぽつ聞くですよね。
たとえば療育の成果があまり出ていないように見える子を目の前にして,専門家はどう考えたらいいか。
おいらはまず第一に,専門家の指導の仕方やその戦略,目的設定自体を総点検するもんだと思ってました。
端的にいえば,悪いのは子どもではなく専門家だ。っつーことですね。
んが。そうではない人たちもいるらしい。
すなわち。
療育の成果が出ていないことについて,
「この子の障害の度合いが強いから(仕方ない)」
「この子の問題行動がきついから(仕方ない)」
あるいは,
「この子にかかわっていられる時間が短いから」
「家庭状況が状況だからねえ…」
などという人たちがいるんですね。

なんだそりゃ( ゚д゚)ポカーン

何をつべこべおっしゃってるんでしょうかねこういう人達って。
親御さんが求めているのは言い訳じゃなく結果でしょう。
しかもその言い訳でさえ,てめえのせいじゃなくて子どものせいにするなんて,ものすごくよく言って最低だなあと。

だってね,結局ね,指導ってバランスだと思うんですよ。
この子は何を困難として抱えていて,この子のどういう側面が弱さで,それがどういう風に生活を障害しているのか。
この子の強みは何で,それがどのようにこの子の生活を支えているのか。
検査をすればそのあたりがある程度クリアになるわけで,それをもとに指導の目的と手段は決まってくるんじゃないかと思うんですけど。

それがなあ,なんでかなあ,ずれっずれな時があるんですよねえ。
検査の場面でちょっと手を出しただけで頑張れる子が結構いるってことはですよ,ちょっとどころかがっつり手を出せばちゃきちゃき伸びてく子はかなりの数いるはずなんですが,ずれっずれな対応のおかげであいたたた…なことになってることが結構あったりなかったり。

対応がずれるのは,子どものせいじゃなくって読み違えたほうの問題だというのは,そう考えると不自然じゃないでしょ?

んじゃあずれてたらどうするか。
それって研究とおんなしじゃないですかね。データに帰る。
すなわち,アセスメントの結果をみなおすっきゃないんじゃないでしょうか。

指導って結局,その繰り返しなんじゃないかなあ。
そんでその繰り返しが,単純な往復のように見えるけど,実は螺旋状になってるっていうのが,望ましいんじゃないすかね。
その繰り返しが足りない人や,繰り返してもなおズレが直せないような人が,子どものせいにするんじゃないですかね。

何にせよ,専門家のくせして子どものせいにするってのは,とんでもない卑怯者のすることだよな,と思うわけですよ,編集長!(←誰?)

卑怯者にはなりたくないもんです→人気ブログランキング
スポンサーサイト
テーマ:心理学
ジャンル:学問・文化・芸術
コメント
この記事へのコメント
全面的に賛成です。半世紀近く前に実験心理から臨床の分野に転じたのですが臨床家といわれる方々の多くを科学者にすることはできませんでした。すべて親が悪い、子供が悪いということで臨床家は保身を図っているのです。とことん疲れ果てました。臨床家を再教育出来るだけの技術を我々はまだ持ち合わせていないのです。
2008/09/04(Thu) 19:06 | URL  | Don #hiqg5pEk[ 編集]
>Donさん

ひと月以上もお返事が遅れ,大変失礼しました。
このことについては思うところがありすぎて,つい筆が鈍りました。

先生がお疲れになるくらいならば再教育ということ自体が無理なのでは?とか,
子どもや親のせいにするという行為は,臨床家が研究者になれないという,ある種高次の話ではなく,もっと何か根本的な,専門家として持ち合わせるべき何かが欠けていることの結果なのではないか?とか,
ひどいことばかり考えてしまいました。
この辺りについてはまた記事にしたいと考えています。

専門家に必要なのは反省と謙虚さと精進であると,おいら個人は思います。
2008/10/15(Wed) 07:49 | URL  | ぽちこ #grcoP6NM[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。