--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年10月31日 (金) | 編集 |
何だおめー「研究雑感」とかカテゴリー作っといて全然研究の話ししてねーじゃねーかとお思いかもしれない読者の皆様こんぬつわぽちこです。
研究?研究はアイドリング中ですよ。江古田ちゃんのごとく。

臨死!! 江古田ちゃん 1臨死!! 江古田ちゃん 1
(2006/04/21)
瀧波 ユカリ

商品詳細を見る

臨死!!江古田ちゃん 2 (2) (アフタヌーンKC)臨死!!江古田ちゃん 2 (2) (アフタヌーンKC)
(2007/04/23)
瀧波 ユカリ

商品詳細を見る

臨死!!江古田ちゃん 3 (3) (アフタヌーンKC)臨死!!江古田ちゃん 3 (3) (アフタヌーンKC)
(2008/05/23)
瀧波 ユカリ

商品詳細を見る


江古田ちゃん面白いよ江古田ちゃん。猛禽にはなれないおいらの感性わしづかみだぜ。女子の歓喜と悲哀がすべて詰まって匂って(臭って)ます。
って江古田ちゃんマンセー祭りではなくてですね,これって臨床やる時いらねんじゃね?というもののお話です。
巷でよく
「あの人は如才ないね」
「人間関係の運び方にそつがない」
「枠に隙がない」
「あの人のやり方には遊びがない」
とかっていうことありますやんか。
それって,臨床場面ではどうなのかなっと思うわけですよ。
少なくともおいらは,如才なくてそつがなくて遊びもなくて隙もない治療には魅力を感じないですね。
もちろん程度によりますけれども,そういう臨床をやる人とはたいてい他の部分でも全っ然合わなくて,喧嘩にもならないことが多い。
如才やそつや隙がないというのもまあ一つの才能なんでしょうが,何というか,詰まらんなあと。
そういう人って完璧を期しすぎてて,逆に反省点とかに気づかなそうじゃないすか。

だいぶ前ですが,おいら学生の頃,ある人と面接室の控室で一緒になりまして。
その人がすんげー厳しい顔してるんで,気を使って(たまにはおいらも気を使うんですよ)お茶出したですよね。
んでもその人全然手をつけず,だまーったまんま。おいら面喰って放置してたら,その人は子どもが来たらぱぁっと表情変えて面接室に向かったですよ。
んで,面接が終わって帰ってきて言うには,
「私,面接前には試合前のボクサーみたいな心境になるの。だから話しかけないで」
と厳命されましたとさ。
なんだかな,ですよ。
その人は当然,幾重にも幾重にも予防線を張って,枠が壊れないように壊れないように,枠内も波風立たないように立たないように,そのことに非常に気を配るタイプの人だったんですけどね。

ここで素朴な疑問がひとつ。

心理面接って,そこまで特殊なもんだろうかね。
質のいい人間関係の在り方を結晶化したものが,心理面接なんじゃないですかね。

質は良くっても人間関係だから,波風立つなったって立っちゃう時は立っちゃうだろうし,立った波風を吟味することと,そん時に子どもが見せてくれる表情がキモなんじゃね?と,おいらなぞは思ってしまうわけですが,いかがでしょう。

あ,当然,枠内の人を最終的に守るのは治療者ですよ。
でもねえ,~しないようにっていうのは結局,~させないようにするってことじゃないすか。そこまでクライエントの自由を奪っていいの?と,いけ好かない思いがふつふつするわけです。
そもそも,大人が波風を恐れていれば,それは確実に子どもにも伝わると思います。
そうなると,意味あることはその場に何も出てこないのではないかと。

でもって,如才なくそつがないタイプの人って,思考が硬くて独りよがりさんであることが非常に多い気がします。そんですんげープライド高いの。
あくまでも,おいらが会ってきた人たちの中では,ですが。
「ここはこうなんじゃないすか」
ってこっちが言ってみても,文頭に「でも」がつく率がすごく高い。
でもじゃねえよ,ちょっとぐらい聞けよ。と,内心では思うのですが,そこまで言ってあげるほど,おいら親切ではない。のでたいてい口にはしませんが,気分は良くないすね。

だからたいてい,おいらが誰かに対して「如才ないねえ」というのは,結構なけなし言葉であることが多い。

如才なくやってのけられないのが臨床。
そつなくこなせないのが臨床。
好きと遊びがあってこその臨床。
それでいいんじゃないでしょうか。

結局泥臭いのが一番だと思うあなたはぽちっとな!→人気ブログランキング
スポンサーサイト
テーマ:臨床
ジャンル:学問・文化・芸術
コメント
この記事へのコメント
えーとえーと。



これ、笑い話ですよね?あれ?(´<_` ?)

>「私,面接前には試合前のボクサーみたいな心境になるの。だから話しかけないで」

すみません。なんかのネタか?と思ってしまいました。
面接後に、こっそりお水を出したくなってしまった自分がいる。
と言うわけで、よくわからんままコメントしますが、
なんだか見ていて非常に疲れそうな人だなあと感じました。
自分が子どもだったら、逆に気を遣うというかなんというか。
この人の前では甘えちゃダメだ、怒っちゃダメだとなりそう。
ある意味では、一度面接を見てみたいタイプかもしれない。
子どもたちは実際にどういう風に動いてるのかなあ・・・。


>心理面接って,そこまで特殊なもんだろうかね。

ひなさんとその人が交われない(そのつもりもない?)のは、
たぶん、ここが一因かもしれん・・・。
と言うわけで、わたしのお題(ここに書くのか!)は、
 心理面接を非常に特殊だと思ってる巷の人ってどうよ
ということでよろしくお願いいたします。5万HITおめでとう♪
2008/11/01(Sat) 10:41 | URL  | moo #vIYzU//E[ 編集]
お題ありがとうございます~。
いやいや,これがね,笑い話ではないのですよ,残念ながら。
自分が本格的に面接をするようになってからは,うっひょーと思っていることではありますがw
風の噂では,この方未だに何事にもスキのない感じでやってらっしゃるとか。
いろんな意味ですごいなあ。

特殊に思うということは,むやみな価値上げをしてるのかも知れないな,と思う最近です。
おいら,子どもとのあいだが深まったと感じたときには内心ガッツポーズですが,だからと言ってそれが特殊なこととは思わないしな。
お祝いのお題,がっちり考えて答えさせていただきます。
ありがとうございました♪
2008/11/20(Thu) 00:50 | URL  | ぽちこ #grcoP6NM[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。