Still, Life goes on.

真実は人の住む街角にある

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真実は人の住む街角にある~SMAPに見る90年代後半のヒーローモデル

最初に言っときますが,今回は完全においらの自己満足エントリです。
SMAPや林田が好きじゃない人には全然つまらないと思います。

最近ひょんなことからSMAP Vestを聞き返しておりまして。

Smap VestSmap Vest
(2001/03/23)
SMAP

商品詳細を見る

てかこれ自体もう8年も前の作品なのね。うひょー。ど懐かしいはずだわ~。

それはさておき,ジャニーズタレントの中でもSMAPは曲に恵まれた人たちだと思うのですよ。
少年隊と光Genjiは徹頭徹尾アイドル路線で,曲はどうしてもけれんみたっぷりなものばっかりだったけど,SMAPは違う。
その証拠に,曲作りに参加したアーティストのセルフカバーが多いこと多いこと。

初期のアイドル一辺倒路線からのターニングポイントはどこだったんだろうかなあと考えると,やっぱ「$10」なんじゃないかと思うのですよね。
この曲は林田健司のカバーで,このころの林田作品は玄人好みのマニアックな音と,特徴ある歌声でもっていた。
それがいきなり,甘い声のアイドルが

「愛さえあれば何もいらないなんて/全部嘘さ」
「どうして愛はお金がかかるんだろう/抱き合うだけじゃダメ」


なんつって身も蓋もない恋の現実面を歌った,そのギャップが受けたのではないかと思います。

それまでのアイドルは愛さえあればいいよね的な,夢だけを見せる王子様キャラが多かった。
それがSMAPは最初から王子でいることを放棄している感さえある。
いや,最初はちゃんとアイドルだったんだよな。失敗しただけで。

同じく林田の手による「君色思い」でも,それは顕著です。
この歌,曲が明るいので流されがちなんですが,別れそうな二人の歌なんですよね。
恋の終わりかけに,これじゃいやだよ,丸ごとのキミを見せてよ,という話。
これが少年隊なら四の五の言わずに奪ってたはずで,光Genjiなら恋の終わりにも気付かなかったかも。
その後も「がんばりましょう」とか「たぶんオーライ」「KANSHAして」といった,アイドルらしからぬ,ちょっとひねくれた,突き放したような内容の曲が増えていくわけですが。
だってこれまでのアイドルだったら「がんばりましょう」じゃなくて「がんばろうね」だっただろうし,「たぶん」じゃなくて「きっと」だったと思いません?
「KANSHAして」(これも林田ですな)なんて,女子の生態描写中心ですよ。ありえねー。

そこから「はだかの王様」まで,アイドルにあるまじき,基本自堕落で後ろ向きでほんの少し前向きな曲に恵まれた時代が到来するのです。
つーことで,森くん脱退までが黄金期第1期。
「はだかの王様」は彼らが代表する(と思われる)世代の若者の等身大の姿を描いているという点で秀逸だと思う。

そいで黄金期第2期はまたしても林田健司作品の「青いイナズマ」で幕を開け,「世界に一つだけの花」のいい子ちゃん路線で終わる。

ああ,青いイナズマが出た時は,オイオイいいのか林田健司!あなたの代表曲でしょうに,と冷や冷やしてたもんです。
今考えりゃ,それだけ森くん脱退というのはSMAPには痛手で,それを回復するにはインパクトが保障されてることが必要だったのかなあ,と思えますけどね。
でも当時は衝撃だったなあ。

閑話休題。

しかしですね,正直,そこから先の最近の曲は,いい曲だけど,昔のSMAPの楽曲の自堕落さを知ってる者にはつまらんのです。
Banバカで少し盛り返したけど,でもあれは単にぱっぱらぱーなだけで,ひねくれてはいないもん。
SMAPのアイドルとしての稀有さはまさにそこにあって,基本ひねくれてなんぼ,自堕落でなんぼの人たちなんだと思うんですよね。

そして,アイドルとしては特異なほどの個性を持ちながら,その歌世界はむしろ没個性を礼賛しているということ。
これも大きな特徴かと。

SMAPの歌の中では繰り返し「自分とみんなとは違う,人とは違う」と主張することへの揶揄や,そういった主張を放棄できたことへの安堵みたいなものまで書かれてるのですよ。
たいせつ」とか「それじゃまた」なんかがそれにあたるかな。

「誰とも似ていたくない/ずっと前の/僕じゃ/なくてよかったよ(たいせつ)」


とか,

「自分はさぁ/変わってると/人は/よく言う/
でも犬だって/それぞれ違うよ/見ればみんな犬だけど(それじゃまたね)」


とか,ぐっと来ますねえ。
「それじゃまたね」は仕事帰りに聞くと沁みますよ。まじで。

ちなみに今月からこのBlog名のサブタイトルになっている「真実は人の住む街角にある」というのも,この「たいせつ」の中の一節だったりします。
残念ながらわたしのオリジナルではなーい。でもほんとにそう思うんだもん。<真実は~
なんならBlogタイトルにしてもいいかもと思うくらいそう思うんだもーん。

しかし今回のつよぽんの一件で,SMAPもやっぱりアイドルだったんだなあと,変なところで感心してしまった。
お笑い芸人だったらあそこまで大ごとにはならなかったでしょうし,ロック歌手だったらイメージどうこう言われなかっただろうしねえ。
でもその後のネットなんかでの擁護のされ方は,やっぱりアイドルらしくない彼ららしいそれなんで,そこでも感心したりして。
まあそのあたりは,草なぎくんのキャラクターのなせる技でもあるのでしょうが。
とにかくですね,人を殺したり殺しかけたりしたわけでもないのだし(そこはかとなく嫌味かしらん),戻ってきてほしいもんです。
飲み友達候補ならここにまだ一人いるからさ<つよぽん

おいらのSMAP愛,わかっていただけた方はぽちっとな→人気ブログランキング
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

いくつになったの

いつでも里親募集中

Power PUSH!

あなたは当事者ではない-〈当事者〉をめぐる質的心理学研究-
宮内 洋 今尾 真弓
4762825824
おいら的要チェキの当事者研が,ついに本になりました。
当事者とは何か?当事者とは誰のことか? 刺激的なタイトルですが,質的研究を志す人ならば必携です。


Fly Me to the Moon
Oscar Peterson
B000EXZFAI
ころころと転がる音の粒にうっとりして下さい。犬飼は疲れた時によく聞きます。

Advertisement



マクロミルへ登録

[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。

プロフィール

ぽちこ

  • Author:ぽちこ
  • 「心理学的見地からの人と動物の関係論」を追っかけている,質的研究好き。好きな言葉は「精進」。
    似てるポケモンはソーナンス。
    似てるモンスターははぐれメタル。
    好きなガンダムキャラはランバ・ラル。

    ※基本リンクフリーですが,一言下さると管理人喜びます。
    ※スパム,誹謗中傷コメント/TBお断り。管理人がそれと判断した場合は予告なくさっくり削除いたします。

    メールは件名を「ぽちこ賛江」として下記アドレスまでお願いいたします。
    Still_Life_Goes_On@ほっとめーる.co.jp(全て半角英数字)

ブログ内検索

携帯でもどうぞ

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

左サイドメニュー

生存確認

千客万来☆


CalendArchive

ぽちっとな☆


banner


新着コメント

LinkinGood!!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。