--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年03月20日 (金) | 編集 |
気になるCMがあります。
それはトヨタ・パッソ テッセのキャッチコピー。

私たち,主婦で,ママで,女です!

というもの。CMは↓に。





なーんか,モニョるんだよなあ。
「私たち」って誰だろうとか,この言い方って公と私の境界線があいまいだなあとか,このコピー考えたのって主婦じゃないよなあとか,フェミニストだったらどう考えるのかなあとか,色々ひっかかるんですよねぇ。

まず,女子って「主婦」という共通項だけでこんなにも美しく連帯できないと思うんですよね。
登場している主婦でママで女な人たちのコンセプトはたぶん,
主婦だけど自分磨きしちゃって輝いてる私たち(はぁと
だと思うのですが,そんな余裕のある恵まれた主婦がどんだけいるのかと。

ああそうだ,CM全体の雰囲気が,一言で言ってバブリーなんですな。
そして猛禽の臭いがぷんぷんする。だからいやに引っかかるんだな。書いててわかった。

美女が野獣

ならまだわかりやすいものを,

美女で野獣

になると訳わかんなくなりませんか(と,書いてる自分が一番分かりにくいよ)。

女性性(女性その物じゃないですよ念のため)っていうのは,その本質に触れようとすると結局こういう薄っぺらい感じでしか言い表せないのかも知れません。
だから役割を述べるしかない。

これが男性向けだったら,もう少し観念的になると思うんですね。
要するに,
「俺たち,サラリーマンで,パパで,男です!」
とかってならねーよな,と。

と考えて,これと対になるようなCMってないもんかいな,と思ってたらありました。
佐藤浩市様主演のこちら。



これの前のキャッチコピーは

「私の真ん中に,俺が帰ってくる。」

ってやつだったと思うのですが,いやあ,わかりやすいですね。
公と私,知性と野性の境界線がくっきり。
上記のCMになると,「私」も「俺」もいなくって,ただ『「男」の「真ん中」』という概念のみ。
こーんな,あるのかないのか分からんような概念のみで連帯できちゃう男性が,少しうらやましくもあったりするんですけども。

まあ,だからどうだと言うこともないんですけど,とにかく何が言いたかったかというと,例のCMはうざいっちゅーことですよ。

で,「私たち」って,だれ?→人気ブログランキング
スポンサーサイト
テーマ:研究者の生活
ジャンル:学問・文化・芸術
コメント
この記事へのコメント
どうかーん。
私もこのCM、うざいっす。

でもさ、これを地で行こうと頑張っている、もしくは地で行っていて
それが幸せで、ステータスだと思ってる人たちをリアルに知っているだけに、それ、ほんとにたのしい?
と、思っちゃうんだよなぁ。
2009/03/24(Tue) 20:39 | URL  | 浅木 #mQop/nM.[ 編集]
おおお
(゚∀゚)人(゚∀゚)ナカーマ

このCMって,作為たっぷりな感じのくせして,
「これが日常で~す」的に見せようとしてるのが,
イタい気がします。

>これを地で行こうと頑張っている、もしくは地で行っていて
それが幸せで、ステータスだと思ってる人たち

ってのも同様で,頑張ってる時点で地じゃないし,ステータスってのがダサいよなあ。
結局人に幸せ自慢したいだけじゃんか,と。
自分が幸せだってことを他者から照り返してもらわないと不安なんでしょうかねえ。
何ともはや。
2009/03/25(Wed) 00:01 | URL  | ぽちこ #grcoP6NM[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。