--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005年11月08日 (火) | 編集 |
マブダチ舞衣さんもブログやめちゃったし,ロテさんもなんだか意気消沈気味の後に亀仙人化なさったようで,おいらもちょびっと再ひな&自分の行く末について考えてみる。
一年ちょっと前,旧館でblogを始めたころは,ほんとに何も考えてませんでした。
web日記となんら変わりなく思ってたと思うんですよね。
が,それが何の拍子か今のダイエット同盟の皆様に惹かれて刺激を受けて,今まで自分が専門分野について考えてきたことを,小物なりに吠えることを覚えたのが旧館開設から2ヵ月後くらい?
なんだか懐かしいです。あの頃はまだtakashiさんも好青年でしたねえ。

そのときからの目的は,心理療法の一補助療法である「動物介在療法 Animal Assisted Therapy」というものについて,正確な知識と情報を発信し世に問い,世間にはびこる「アニマルセラピー」の嘘を指摘していくこと,そして同じ領域で研究をされている方と交流できたら,ということなんですよね(だからこんなに狭い研究領域でも,足がつくのを承知で自分の研究内容を晒しているわけです)。
それがまた,最近は動物の「ど」の字くらいしか出ない有様じゃないですかw

本格的に心理学に触れてから10年以上が過ぎたとはいえ,正直ここまで自分の中にoutputがあったとは思いませんでした。
いや,自分でそう思ってなかっただけで,最初からoutputすべきものがおいらの中にあり,どこかでそうしたいと思っていたのかもしれません。
inputしていくだけの作業では,おいらはどうも調子が悪いみたい。
少なくとも,今はそうですね。
心理学やその周辺に関する,論文とも研究ともつかない印象や考え,論文という形には乗っからない何かが確かにおいらの中にあって,それを洗練していくのに,気軽にコメントや関連記事を寄せていただけるblogというのはうってつけのoutput法だったんだなあと思うわけですよ。
inputした分だけその体験を言語化せずにはいられないおしゃべりなおいらですんで(ある先生にはそこを「我慢が足りない」と叱咤されましたがw),論文というきっちりした形でも,エッセイのようなお気軽な形でもなく,自分の考えを,公開することを前提に文章化するという作業は,怖いながらも楽しい作業なんですよねえ。

でもまあそのうちまた,inputだけに専念したい時期が来るかもしれないし,そもそも来年の今頃,自分が何をしてるのかもわからん状況ではあるので(汗笑,どうなるかはわかりま千円。
けど少なくとも来年の春まではこの路線で行くですよ。

要するに,好きなのさ,書くことが。

精神的ストリーキング中毒患者におひねりを→人気blogランキングへ
スポンサーサイト
テーマ:ちょっと一息
ジャンル:日記
コメント
この記事へのコメント
ひなさん、おはようございます。
moo@充電中(ちょっと漏れ漏れ)でございます。

>マブダチ舞衣さんもブログやめちゃったし,
>ロテさんもなんだか意気消沈気味の後に亀仙人化なさったようで,

舞衣さんがやめられたのは、ホントさみしいですよね。。
ロテさんは亀仙人のじっちゃんになられましたし。。

>あの頃はまだtakashiさんも好青年でしたねえ。

ですねぇ・・(オイw
時間が経つのが早いような遅いような、という感じです。

>そのときからの目的は,
>(…中略…)
>それがまた,最近は動物の「ど」の字くらいしか出ない有様じゃないですかw

わたしはひなさんがときどきアップされている研究話、
拝見するのとても好きですよ~~~♪
いやぁ、わたしもすごく狭い領域というか・・・(遠目
分野はちがいますが、国内ではあまりどころか、
まったく流行っていないテーマを追い続けてますし・・。
outputしようにも、大前提から説明することが面倒くさ
いあたり、ひなさんの「伝えたい!」という気持ちには、
『ちっとは見習え>moo』と思っています。ハイ。

とほぼひとりごとのようなコメントですみません。
ではでは今週残りもまったりいきましょう。ではまた~♪
2005/11/09(Wed) 09:27 | URL  | moo #vIYzU//E[ 編集]
>あの頃はまだtakashiさんも好青年でしたねえ。

一気に老けてしまいましたww。というか、私に「青年期」というものがあったのだろうか?ww


春から夏の終わりにかけて、ひなさんにしても、moo姐さんにしても、ロテ兄貴にしても、そして自分にしても、いろんな意味でハードだったと思うので----ここいらで、一服したり、振り返ったりするのがいい、というか、これらをするのが自然の流れとも言えますね。「ちょっとした冬眠」とも言えるでしょうか。
2005/11/09(Wed) 13:53 | URL  | takashi #JalddpaA[ 編集]
>mooさん
>わたしはひなさんがときどきアップされている研究話、
>拝見するのとても好きですよ~~~♪

ありがとうございます~(しみじみ感激。

おいらもお師匠から「この先この分野の研究が流行らなくなったらどうするの?」(多分言外に潰しきかねーんじゃねーの?という意味が)とよく聞かれるんですよねえ。
そもそも,流行ってるのか?という気もしますし,流行り廃りに関係なく,やりたいことは途方もないほどありますし。
でもまあ,基本落ち着かない奴なので,このまま他動に突っ走りますですよ。
姐さんご一緒にw

>outputしようにも、大前提から説明することが面倒くさいあたり、…(後略

この辺が論文の中で説明できればいいんですが,おいら希代の「ひらがな言葉」使い(通訳してくれる人必須)なものですから,ワンクッションおかないとできないんですよね。そのくせ妙にことばにこだわるし。
んでそのワンクッションに,blogは役立ってるよなあ,おまけに同業者の方から質問やコメントが来るなんて幸せ~,と,blogのよさをしみじみ噛み締めている次第です。
今後ともよろしくお願いしますです。

週後半もまったり参りましょう☆
2005/11/10(Thu) 06:54 | URL  | ひな #grcoP6NM[ 編集]
>takashiさん
>一気に老けてしまいましたww。
>というか、私に「青年期」というものがあったのだろうか?ww

青年期すっ飛ばしてエロオヤジ期ですもんね。
学会発表できそう。
「20代後半男性のセクハラエロオヤジ化に関する一考察―失われた青年期の行方を追って」
とかいかがです?

ちょっとした冬眠,禿同でございます。
1年,早いものですねえ。
2005/11/10(Thu) 07:01 | URL  | ひな #grcoP6NM[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。