2009年09月10日 (木) | 編集 |
はい。何というか、完全に乗り遅れた感じですけど、日心です。
面白かったです。でも疲れた。観光なんて食べることくらいしか出来なかったよー。
金閣寺近いし行けるかと思ったんだけどなあ。
河原町三条に泊ってたので、池田屋跡地と本能寺の前は通れたし、新福菜館には行けたけど、うーん、もっといろいろ行きたかった。
でも京都の空気感は満喫できたので、それで良しとします。

ちなみにおいらが関係してたのは、自分のポスターと、ボス主催のWSと、コメンテーターとして呼ばれてったWS。それ以外はWS「イヌとヒト、ヒトとイヌ」を盛大に船こぎながら拝聴して(それが聴いたと言えるかどうかは別にして)、ポスターをちゃららんと見て回ったくらいです。
でもなんか疲れた。

「イヌとヒト~」は犬がヒトのポインティングにどう反応するかちう実験結果と、本当に、犬と飼い主は似てるのか、というのと、犬の性格と遺伝子の関係との3本立て。
完全に、ではないですが門外漢のおいらにとっては

「へぇえ、なるほどぉう」

ぐらいしか浮かばず、フロアの質問に対しても

「なるほどぉう」

とうなづくしかないという体たらくでしたが、でも為にはなった。
しかしそれ以上に、大手を振って

「犬が好きー!好きだからこの研究やってんの!」

と言えてしまえる(であろう)発表者の方々がすげーうらやましかったり。
これまでさんざっぱら、

「何で犬なの?君が犬が好きだからでしょ?」

と半笑いでねちねち言われてきて根性ひん曲げてしまったおいらとしてはですね、その一点が非っ常に、強烈に、モーレツにうらやましかったです。
それが今回の学会で得た、最も大きい学びだったんでした。

さて、発達心の準備しなきゃ。

今年度は関西づいてる気がします→人気ブログランキング
スポンサーサイト
テーマ:研究者の生活
ジャンル:学問・文化・芸術
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック