--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005年11月11日 (金) | 編集 |
来週土曜のこのシンポ,ご興味のある方はドゾー

●地区シンポジウムのご案内
<テーマ>『動物とのかかわりと子どもの心の発達』
<概要> 近年の「ペットブーム」やケア場面への動物の治療的活用の普及,身体障害者補助犬法の施行など,人と動物の関係に大きな変化が見られ,ヒューマン・アニマル・ボンド研究(人と動物の関係学)という新しい領域が発展しつつあります。このような状況のなか,子どもと動物のかかわりも注目されており,適切な形で動物とふれあうことは子どもの心の発達にとって有意義であると指摘されています。本シンポジウムでは,子どもと動物の関係について実践的な研究・活動を行っている4人の先生方にその内容をご紹介していただくとともに,指定討論者および参加者との討論を通して,動物とのかかわりが子ども心の発達にどのような影響を及ぼすのかについて考えてみたいと思います。
<日時>2005年11月19日(土) 13時30分~16時30分
<場所>早稲田大学戸山キャンパス 文学部36号館681教室(地下鉄東西線早稲田駅下車,徒歩3分)
<話題提供者>
 矢野 智司(京都大学)  「人はなぜ動物を必要とするのか」
 柿沼 美紀(日本獣医畜産大学) 「子どもの発達段階における動物の役割」
 森田 和良(筑波大学附属小学校)「小学校における教室内飼育動物の成果と課題」
 花園 誠 (帝京科学大学)「小学校における子どもと動物のかかわり」
<指定討論者> 麻生 武(奈良女子大学)
<司会・コーディネーター> 安藤 孝敏(横浜国立大学)
<申込み方法>
 参加は無料です。日本発達心理学会ホームページの企画委員会サイト
http://wwwsoc.nii.ac.jp/jsdp/iinkai/kikaku/sympo2005.htm
にある「申し込みフォーム」から,参加申込書(Web版)に必要事項を記入してお申込みください。
<申込期日> 2005年11月12日(土)まで
<定員> 150名(先着順とさせていただきます。11月12日以前でも,定員に達しましたら申込みを締切らせていただきます。どうぞ予めご了承くださいますようお願いいたします。)
申し込み〆切は明日なんで,参加される方はお急ぎを。
参加人数,多分そんな150人もいないと思いますので大丈夫ですw
個人的に森田先生のお話は要チェキかと思っております。

え,面白そうでしょ?→人気blogランキング
スポンサーサイト
テーマ:心理学
ジャンル:学問・文化・芸術
コメント
この記事へのコメント
う”~~ん
仕事で行けないの(T_T)
ひなさん シンポのあと夜 暇だったらおデートしましょ♪
んで レジュメなんぞもらえるとうっれしいな☆
2005/11/12(Sat) 00:27 | URL  | さやか #/N6my8h.[ 編集]
残念~。ではおデートいたしましょv
レジュメも貢がせていただきますわw
私信送るね~。
2005/11/13(Sun) 14:20 | URL  | ひな #grcoP6NM[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。