2009年09月24日 (木) | 編集 |
本屋は魔窟ですねえ。
うかつに立ち寄れんですよ。
うかつに立ち寄って、結局買っちゃったのがこれ。

思考の整理学 (ちくま文庫)思考の整理学 (ちくま文庫)
(1986/04/24)
外山 滋比古

商品詳細を見る

どこの店頭ポップでも「東大生・京大生に最も読まれている本」てなことがあったわけですが、それってその本が名著である証左になるんでしょうか。
そういうならなあ、この本の学部別購読者数出してみろよー、とか意味があるようでないようなことを言ってみてもダメなんだろうなあ。
そんなテンションで、この手の広告の仕方はよくわからんちん、とは思っていたのですが、でも手に取って読んでみるとこれが読みやすい。
2~3ページ読んで、あ、これは買いだな、と思って買いました。

逆に、これは時間かけて立ち読みして、おもしろかったけど買うほどではないなと判断して戻したのがこちら。

罪と音楽罪と音楽
(2009/09/15)
小室 哲哉

商品詳細を見る

タイトルは何のひねりもてらいもなく、そのまんまですね。
「音楽」に関しては、彼がどのようにして90年代の音楽のひな型を作っていったのか、そのプロセスがよくわかる。そして、音楽ってのはカチッとした理論と伸びやかな感覚を両輪としているのだということも、改めて確認。けどそんだけ。
素人受けは良さそうですが、音楽理論をかじったことのある人には、目新しいことはないかもしれません。
・・・なるほど、彼の音楽と同じなんだな。
「罪」の部分に関しても書かれているけれど、散々報じられた、彼のスキャンダルの真相なんて、今更知りたい人いるのかな。
金のある人が金で失敗しただけのこと。スケールの大小はあれど、現象自体はよくあることじゃないすかね。
少なくとも私は興味なかったな。

んで相方がタワレコ行きたいと言うので、秋葉まで遠征。
これ買いました。

クラシカル・ビートルズ-ゴールデン・スランバークラシカル・ビートルズ-ゴールデン・スランバー
(2009/10/28)
オムニバスレスリー・ギャレット

商品詳細を見る


YOKO KANNO SEATBELTS 来地球記念コレクションアルバム スペース バイオチャージYOKO KANNO SEATBELTS 来地球記念コレクションアルバム スペース バイオチャージ
(2009/05/27)
YOKO KANNO SEATBELTS奥井亜紀

商品詳細を見る


ゴールデン・スランバーはEMI所属のクラシックミュージシャンによるビートルズカバー集です。
これを聞くと、ビートルズのメロディは普遍的なんだけれども一般的ではなく、歌詞を加味するとむしろ特殊でさえあるのね、と思わされる逸品。
ペニーレインがお気に入りです。

菅野ようこはまだ聞いてません。
Eco sizeってなんやねんな。
この曲が菅野ようこの作品だと知ったのが最近なわたしはまだまだですね。

しかし本屋。東京だと三省堂が一番性に合うらしい。立地的には八重洲ブックセンターも近いけど、今一つレイアウトがしっくりこないのです。
紀伊国屋はめっきり行かなくなりました。横浜そごうに用がある時ぐらいかな。
新宿にはほとんど行ってません。

本屋との相性ってあるよね→人気ブログランキング
スポンサーサイト
テーマ:研究者の生活
ジャンル:学問・文化・芸術
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック