2009年10月28日 (水) | 編集 |
さつま芋がおいしい季節ですね。
さつま芋。うちは飼い主・飼い犬共に炭水化物好きで、特にJ(仮名)はふかしイモに目がありません。
ふかしイモと言っても、うちでは主にふたつきフライパンで蒸し焼きにして、まだ硬かったらレンジでチン、なのですが、行きつけの八百屋のおじさんお勧めのおイモだけあって、レンジでチンしてもべしゃっとならないので、ほっくりしてとてもおいしいのです。

で、レンジでチンするとですね。音が鳴るわけですよ。ピロリロリ~っと。するとJ(仮名)はどうするか。
すっ飛んでおいらのところにやってきます。
で、おいらはおもむろに席を立ち、レンジを開けます。皿を取り出し、熱々のおイモの柔らかさを確認し、食べてみて、おいしければテーブルに持って行っておやつタイムです。

で、テーブルに着くまで、J(仮名)はどうしているか。
まず、レンジでチンしている間はきっちり正座してレンジの前で待機し、音が鳴るとおいらにそれを知らせて中を出させ、テーブルに着くまではおいらの1歩後ろを歩き、いざテーブルに着くと、目にもとまらぬ速さでお手おかわりの応酬、何なら伏せもしますかっ!てな勢いで大サービスです。
で、おいら余りの勢いに根負けしてちょっぴりだけおイモを分けてあげるのですが、やっぱりねえ、行動の連鎖と言いますか、強化子の絶大さと言いますか、すごいなあと思うわけです。

J(仮名)の行動につられてるわたしはまあいいとして(ぇ、イモにレンジ使うのは、硬かった時だけで、いつも使うわけではないのに、これですよ。よく見てるなあ。あ、理論的には、いつも使うわけではないから逆に強化されるんだったっけ。
ご飯をチンしたりキャベツをチンしたり、J(仮名)にとっては好物が出てくる魔法の箱なんでしょうねえ。
そりゃあはりつくわ。

季節を問わない食欲大魔犬ぶり、一体誰に似たんでしょ。
え?おいら?

(∩ ゚д゚)アーアーきこえなーい→人気ブログランキング
スポンサーサイト
テーマ:研究者の生活
ジャンル:学問・文化・芸術
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック