2009年11月08日 (日) | 編集 |
発達心理学会21回大会で発表なさる皆様、もう投稿はお済みですよね?
さっき投稿を済ませたぽちこですこばわ。

やあっと終わったよ。で、ですね、今回得た教訓。

抱え込むでかい仕事は2つまで。

はい。キャパのなさ丸だしですが、ケースレポートまとめと引っ越しとイベント準備と抄録作成は一挙にはできませんでした。
気分転換にと思った日ハム戦も、翌日体調壊して終了だったしなorz
おまけに日ハム負けるしなorz
疲れが蓄積してる時の人込みはいかんということをこの年で学びました(遠い目

多分、おいらにとって、かなり大きくても余裕で出来る仕事の数って二つぐらいなんじゃないかと思います。
それ以上はおそらく、出来が荒くなる。
なので今回の抄録の出来も(ry
ま、まあポスターで挽回します。多分。
・・・多分ばっかだな。

で、昼間ダイジェストを観て今夜の回から観はじめたJIN、面白いっすねー。
ドラマになる医師って、Dr.コトーもそうだったけど、外科のお医者さん最強ってことでしょうか。
分かりやすいし。
そういやレビューするする言ってていまだにしてない映画「ジェネラル・ルージュの凱旋」の速水先生も外科だったっけか。
あれは精神科の先生が悪者で、その辺縁にいる心理屋としては肩身狭かったw
や、まあ、救急外来の拡大を阻むヒールとして、権力掌握しか考えず、患者さんの利益は度外視の医師で、患者さんの生死の境から(一見)一番遠い科である必要があったのだとは思いますが。
ちゃんと不定愁訴外来の心療内科医の仕事は評価してたし>速水先生

そう考えると精神科って金をかけずにいようと思ったらどこまでも行けるのね。
備品は最悪、テーブルとイス2客ですむし。
医師じゃないからわかんないけど。

閑話休題。

JIN、おいらの中で不動の地位を築いている中谷美紀ちゃんと、個人的好感度駄々上がりの綾瀬はるかちゃんがWヒロインというのがホントにツボです。
中谷美紀ちゃんの透明感は、年を重ねても変わらないなあ。すごいなあ。
綾瀬はるかちゃんは声の出し方のバリエーションと眼差しがすごいです。ぽやっとしてるようで、かなりの演技派と見た。
大沢たかおも大好きだし、いやあ、何で今まで観てこなかったんだろ。

もしよろしければ、お勧めです。

キャパの小さいおいらに愛の手を→人気ブログランキング
スポンサーサイト
テーマ:研究者の生活
ジャンル:学問・文化・芸術
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック