2010年01月03日 (日) | 編集 |
3日遅れですが、明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

2年ぶりに北国で年を越し、会いたい人には大方会って、満足なお正月でした。
今回帰って改めて思ったことは、博士課程に入って、ちょっぴりでも好きなことができているわたしは、幸せ者と呼ばれてしかるべきなのだろうなあと。本人にその実感があまりなくてもね。

そして帰りの飛行機でこれ読んで、珍しく静かにテンション上がってたり。

ライブ講義M-GTA 実践的質的研究法 修正版グラウンデッド・セオリー・アプローチのすべてライブ講義M-GTA 実践的質的研究法 修正版グラウンデッド・セオリー・アプローチのすべて
(2007/04/16)
木下 康仁

商品詳細を見る

何度読んでもいいですね。研究者魂が磨かれます。
ちょっとだらけ気味の自分に喝を入れたくてもってったのですが、うむ、正解。
北国の本屋で、最新のこれも買ってみました。未読ですが。

質的研究と記述の厚み―M‐GTA・事例・エスノグラフィー (グラウンデッド・セオリー・アプローチ)質的研究と記述の厚み―M‐GTA・事例・エスノグラフィー (グラウンデッド・セオリー・アプローチ)
(2009/11)
木下 康仁

商品詳細を見る


久々にこれ読んで、静かに、でもちゃんと、研究に向かおうと決めました。
今年は頼まれ仕事以外、臨床はお休みします。
長期休業になるか、このままさよならするかはまだ保留ですが、今の恵まれた立場を生かさずにおく手はないなと思いまして。とりあえず今年は休み。
でも多分臨床系の本は読み続けますし、当ブログでも臨床系の話題は今まで通り取り上げていくのではないかと思います。
その辺は脳味噌二分割されてるから大丈夫、と思う。
要するに、研究しない逃げ道として臨床を使わないちうことですね。
子どもと会ってるとつい楽しくて、そっちに走りたくなるからなあ。
どうやらおいら、平均より少しは出来るみたいですし。自分としても研究よりは臨床の方が出来がいいと思うくらいだし。
でもかと言って、ここで研究の手を止めたら、それはすごい損失だと思うのです。
おいらこの2年、その損失を出し続けてきたわけで、さすがにそろそろ巻き返さなくては。
多分ね、ニッチな分野だから、巻き返しはそんなに難しくないと思うの。一応貯金はしてきたし。
とにかく、そんなわけでお休みです。臨床。

それ以外はですね、今年も体重を最低5kgは落としたいです。
去年、約5カ月で5kg落としてそのままなので、今年も同じペースで月1kg、せめて月0.5kgずつ落としていければなあと思っております。
あと遅刻と忘れものを半減したい。完全になくしたいというのも考えましたが、まあ無理はできないのでぼちぼちです。
それと龍馬伝を見逃さないこと。これ大事。
今シーズンはまだ風邪をひいてないので、このペースで健康状態を維持すること。

年頭所感はこのくらいです。

励ましの1クリックをぽちっと!→人気ブログランキング
スポンサーサイト
テーマ:研究者の生活
ジャンル:学問・文化・芸術
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック