FC2ブログ
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年01月27日 (水) | 編集 |
人の中にはいろんな妖怪がいましてね。
その中の一つに、妖怪デモデモダッテというのがいます。

妖怪デモデモダッテはとり憑いた人に、やたらと言い訳をさせようとします。
例えば、あなたは今回ここがよくなかったと思うので次回から気をつけれ、という文脈の時に、
「デモデモ、そこは確かに誤解だったけど誰それさんにもこんな悪いとこはあった!」
「デモデモ、それを言うお前だってここがダメじゃないか!」
と、反省の言葉の前後に言い訳をぐだぐだと述べさせようとします。
せっかく芽生えた反省の念も、それじゃあ相手にはちっとも伝わりません。
むしろ言い訳じみてて逆効果。
2番目の物言いなんて、単なる逆ギレですよね。
デモデモダッテはいつもこんなふうなので、気の毒に、デモデモダッテと言う度に、とり憑かれた人の評判は駄々下がりです。
おお怖い。

デモデモダッテは自分が大好き。
もちろん、自分が大好きなことは悪いことではありません。
けれどデモデモダッテは、自分が大好きなあまり、自分の痛いとこを突かれるのがとっても嫌いで、自分を守るために常にデモデモダッテ、デモデモダッテ、と後出しじゃんけんのように、あなたの口から言い訳を垂れ流します。
とり憑かれてしまった人は、そのことで呆れている人が増えるとも知らずに、余計、デモデモダッテ、デモデモダッテ、と繰り返しては、周囲からどんどん呆れられて、最後には誰からも相手にされなくなってしまうでしょう。

じゃあ、デモデモダッテに対抗するにはどうしたらいいか。
それは実はかんたんなこと。素直さの兜と潔さの剣を持てばよいのです。
素直さの兜をかぶっていれば、指摘してきた相手の年齢や性別、立場に関係なく、痛いとこを指摘されたら素直に反省できる力を得られます。これで、デモデモダッテはあなたにとり憑けません。

もしとり憑かれてしまった時には、潔さの剣で、あなたの虚栄心とちっぽけなプライドごと、デモデモダッテをバッサリと切ってしまえばいいのです。
デモデモダッテは虚栄心とちっぽけなプライドが、とっても好きですからね。
とり憑かれないためには、ふだんから、こだわるべきところとこだわらなくていいところを、人の意見を聞きながら分別していくことも、とても大事。

その時に、妖怪イコジがひょっこり顔を出してくると、ちょっと厄介なんですが、素直さの兜をかぶっていれば、たいていの妖怪は逃げていきますから大丈夫でしょう。

さて、次回は、自分はカブトムシだと思っているゴキブリに向かって、おまえはゴキブリだときちんと伝える方法についてです。

そんな次回はありません(笑)→人気ブログランキング
スポンサーサイト
テーマ:研究者の生活
ジャンル:学問・文化・芸術
コメント
この記事へのコメント
おお。妖怪だ~。

私には、結構、デモデモダッテ、ついてますよ。
あ、ダッテまでは行くのは少ないかもしれないですが。
突っつかれるとかなり、条件反射的に出てしまいます。まずい…。

しかも、思考回路とか、話し方とか、デモって逆説語をつかいなれているせいか
逆説でつながない話し方が出来なくなってきてしまい
注意していてもなかなかうまくいきません。

人から何か言われても
「でもさぁー、これってこうじゃないの?」とか言っちゃうし。
デモデモダッテにとりつかれない反論の仕方が知りたいです。

あ、もしや反論しちゃう時点で、駄目なのか…えへっ。
でも、じゃあ、どうやってこちらの意見を伝えるのだ―。

と、さっそくデモを使ってしまう今日この頃。
だから、そこでこっちの言い分とかを言おうとしちゃうのが
いかんのかなー。
2010/01/28(Thu) 00:39 | URL  | 浅木 #mQop/nM.[ 編集]
デモデモダッテの苦手なものはたぶん、具体性でしょうねえ。
あと、言い訳がましく言い募ったり言いつくろわなければ、デモデモダッテも妖怪化はしないんじゃないかと思います。
例えば相手に出鼻をくじかれて、悔しかったり恥ずかしかったりでうきーっとなると、体面取り繕いたくなって一気に妖怪化、みたいな。

話や論点をすり替えるのではなくて、あくまで相手の言い分の不透明な部分が具体的にクリアになれば、デモデモダッテの出る隙はなくなるんじゃないかと。
まず相手の主張の根拠を具体的に聞きだして、ふーん、じゃあこれはどう?っていう方が穏健な気がします。

逆の立場だと、こっちが思いっきり具体的に言ってるのに、相手がデモデモ言ってきたら末期症状でしょうなあ。

デモデモダッテは防衛のために現れますから、何でそんなに防衛的になってるのか、何に対して防衛的になってるのか、そこを当てに行けば楽なんじゃないかと思うのですが、いかがでしょう。
2010/01/28(Thu) 01:21 | URL  | ぽちこ #grcoP6NM[ 編集]
>ぽちこさん

忍耐力ですな…。
やはり、グッと堪えて、話や論点をすり替えないように
しないといけない。もしくは、防衛的になってるところを
考えると。

いやー、テスト前に部屋の掃除をしたくなるのと同じように
「でも」って言いたくなる時は、思考が少し飛躍して
いろんな可能性だったり、自分的にふっと気になったところを
どうしても、詰めたくなったりしてしまうのですね。

ちなみに、詰めてるうちに、相手が、はなしがちがーう
とかいわれ、論点がずれて戻らなくなることは良くあります。
私としては最終的に戻る気はありますが、相手が絡むと
まあ、そう思い通りには戻れません。

そういう表面事象に惑わされないで、本質へと向か
っていけるなら
楽なんですが。案外、楽じゃないものです。とほほ。

ということで、瑣末な部分に気がいってしまい
そのことを具体的に、「あなたのいうこの部分はどうなの?」と
言っても、言い返されたと思われるとか、言い訳するなと言われる
という部分もあったり。
ま、自分のことを言われているときに、でも、この部分はじゃあどう解釈するわけよと、言い返す時点で妖怪デモデモダッテが
出てきているのかもしれませんが、
それに対して、的確に応えてもらえることもまた、少ないなという気もします。

まあ、他人に対してそこまで甘えるなよとも、言えますが。

ということで、おお。デモデモダッテ妖怪がとりつく人の一部には、甘えっ子ちゃん体質があるのではないかという推論が出されました。
2010/01/28(Thu) 11:15 | URL  | 浅木 #mQop/nM.[ 編集]
>デモデモダッテ妖怪がとりつく人の一部には、甘えっ子ちゃん体質が
>あるのではないかという推論が出されました。

おおおナイスな推論。
確かにそうかも。デモデモ言うのは相手に何とか理解して欲しかったりもうひとつアクションしてほしかったりするからですもんね。

あと、デモデモダッテに代わる表現型を発見しました。
話を全部聞いたうえで、おもむろに「とはいえ」と切り出すってどうでしょう。
それで確認系半疑問だと言い訳じみない気がする。
「とはいえ、それだと○○じゃない?」
とか。
2010/02/01(Mon) 03:06 | URL  | ぽちこ #grcoP6NM[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。