--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005年11月17日 (木) | 編集 |
さいころじすと日記のtakashiさんが話題を提供してくれたので拝借。

犬の癒やし効果、人より上 心臓病患者の不安など改善

 犬との短時間の触れ合いは、心臓病患者の不安軽減や血圧などの改善に人と接するより大きな効果をもたらすと、米カリフォルニア大ロサンゼルス校のチームが15日、テキサス州で開催中の米心臓病協会の会合で発表した。犬の「癒やし効果」を具体的な数値で示した研究は珍しい。
 チームは心不全で入院中の患者76人(平均57歳)を3班に分け、12分間にわたり(1)ボランティアが連れてきた犬と触れ合う(2)ボランティアだけの訪問を受ける(3)ベッドで安静にする-を実行してもらった。
 その結果、犬と触れ合った患者では、不安の強さが訪問前より平均24%低下した。人の訪問では10%しか低下せず、安静に寝ていた患者には変化はみられなかった。
(共同通信) - 11月16日
これ,去年のIAHAIOで見た気がするぞー。
そもそも不安軽減効果=癒し効果とは言えないのでは,というところから突っ込みたいのですがね。センスねえよ>表題つけた香具師
これだけのデータで犬に癒し効果があるってか。おめでてーな。
端的にいってホリエモン早計だと思いますですよ。
それに,ボランティア抜きの犬単体と患者さんとの関わりが条件に入ってないのが引っかかります。これじゃあますます犬の不安軽減効果なんていえないじゃんねー。
このデータでは,犬とボランティアのペアに不安軽減効果があるかも,ということは言えても,効果の強さが犬>人であるという根拠にはなり得ないと思うですよ。

「犬」じゃなくて「かかわる人と患者さんの間に犬がいること」が,病気の不安を軽減する,という解釈の仕方なら,納得できるんですけどね。

ちなみにIAHAIOで見たのは,一度心臓発作を起こしたことのある人のなかで,犬を飼っている人の方が,飼っていない人よりも二回目の心臓発作を起こす確率が有意に低いってのだったかなあ。
これに関しても,他の条件というか違いはなかったんでしょうかね。

まあ,この辺は統計マジックというか,どうにでもなるところだと思うので,そこまで統計に詳しくないおいらが言えるのはここまでです。
数量研究として,この手の研究がちゃんとした学会で発表できたことの方が喜ばしいことだとも思いますし。

甘いですかね?→人気blogランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
病院で犬に会えることは基本的にないですから----犬好きの長期入院患者の場合、犬に会えたら、そらうれしいわな。その人らが点を引き上げているような面も否めない。
2005/11/17(Thu) 22:28 | URL  | takashi #JalddpaA[ 編集]
お久しぶりです。
AHA学術集会の報告ですかね>犬癒し

http://www.americanheart.org/presenter.jhtml?identifier=3035327

AHAのHP覗いたら、トピックとしてupされてました。
いま心疾患予後と不安、抑うつの関係が、こっち側でも
流行してますから、それで大大的に取り上げたのかな?

Circulationに載るかな?>犬ペーパー
2005/11/21(Mon) 00:55 | URL  | 番長 #nlBqyCS.[ 編集]
>takashiさん
そうなんすよね。
病院という閉塞的な環境の中に犬がいると言うだけでも環境には大きな影響があったでしょうし,犬好きな人とそうでない人との差を検討してないのが気になるのですよ。
犬の及ぼす効果を検討する時には,変数の多さを最初から考慮して,用心深くやっていくことが必要だと思うんですけどね。

>番長さん
わお,お久しぶりです。詳細情報をありがとうございました。
心疾患予後と犬の飼育による不安軽減効果に関しては,ペーパーを見たことがあるのですよ。
それも結構眉唾物で,犬飼ってた人の方が不安が低く,飼ってない人は再び発作が起きる率が有意に高いちうものだったんですが。
これだって,犬そのものの効果というよりも二次的な効果の方が大きいんじゃないかと思うんですよね~。
犬飼ってたらよほどのことがない限り,軽い運動は欠かせませんし,他者とのかかわりも持ちやすくなりますし。
今後のこの話題の推移に注目していきたいです。
2005/11/24(Thu) 02:18 | URL  | ひな #grcoP6NM[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。