Still, Life goes on.

真実は人の住む街角にある

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虐待と文化の境

先日こんなニュースがありました。

yahooより転載。

伝統行事に「動物虐待」の声=文化財指定の当否判断へ-多度大社「上げ馬神事」2月14日15時6分配信 時事通信

 三重県無形民俗文化財に指定されている多度大社(桑名市)などの「上げ馬神事」が、動物虐待との声を受け揺れている。県教委は「伝統だとは思うが、現代風に改める必要があるのでは」と指摘。15日に開かれる県文化財保護審議会にこれまでの経緯などを報告した上で、9月に指定の当否を判断することになった。
 上げ馬神事は、地元7地区の青年会などでつくる「御厨(みくりや)」と呼ばれる組織により大社に奉納され、高さ約2メートルの土壁を駆け上がった馬の数で豊作凶作を占う。馬を興奮させるため竹やはんてんでたたいたり、ササの葉で急所を刺激することもあるという。
 1996年以降、複数の動物愛護団体が「動物虐待に当たる」と主張し、指定取り消しを要望。県は、御厨との協議や馬の習性を学ぶシンポジウムを通じ、「不適切な扱い」の改善を求めてきた。しかし県によると、昨年もたたくなどの例があったという。
 県内の動物愛護団体代表の女性(62)は「見物人から『かわいそう』『もう来年は見たくない』との声も聞こえる。誰が見てもいい祭になるよう考えてほしい」と訴える。
 ある御厨関係者は取材に「虐待などない」と強く否定。別の御厨関係者は「馬が痛がっているのを調子が上がっていると勘違いするOBが出しゃばり、急所を刺激するなどしてしまう」と明かし、「今の青年会のメンバーはそんなことはしない」と話す。
 一方、奉納される側の多度大社は、難しい立場に「コメントは差し控えたい」と口をつぐむ。
 指定継続には、虐待を疑われる行為の改善がポイント。県教委は御厨への獣医や専門家の紹介を通じて、疑われる行為のないよう促している。 


まあね、文化と虐待って、虐待をどうとらえるかってところで難しい問題だとは思うんだけどさ、この上げ馬神事に関しては、個人的にはアウトだと思う。
どんな祭りかっていうとこんな祭りなんですが。

上げ馬神事

 三重県桑名市多度町の多度大社で、南北朝時代から続くとされる神事。騎手が馬を高さ約2メートルの土壁を駆け上がらせ、計18頭のうち上り切った馬の数で農作物の豊作凶作を占う。1978年に県無形民俗文化財に指定された。例年5月4、5の両日にわたり行われ、奉納される。騎手は6地区から16~18歳の若者を中心に1人ずつ選ばれ、4日は陣がさ・かみしも姿、5日は花がさ武者姿の衣装で騎乗する。同県東員町の猪名部神社でも例年4月の第1土・日に行われる。(2010/02/14-15:24)



ギャラリー鈴なりのすっごい狭い道を馬で走って2mの壁に挑むわけですよ。
そんで越えられそうになければ無理無理引き上げると。

で、馬ってのは非常に刺激に対して敏感で、もともとすごい閉所恐怖症だし、近くに雷落ちただけでショック死しちゃうような繊細な生き物なわけですよ。
だから競馬馬もかなりの時間を手間をかけて人を乗せて走ること、ゲートに入ることを教え、観客の歓声に負けない肝っ玉を育て上げるわけですが、それも馬の習性をきっちり考え、行動学にのっとってやってます。

それに引き換え上げ馬神事はこんな感じ

【多度大社】

   ●お茶ドーピングと注射(内部告発)、意図的で不必要な直接的殴打と蹴り上げる行為。

     ハミを激しくしゃくる。法被や半纏等を振回して馬を脅かし威嚇する。

     崖に激突し裂傷(要縫合)し流血、転倒後しばらく起立不可。

     体調不良馬の使用。不適切蹄鉄(要削蹄)。
                      
   ◎一部引き馬リーダーによる虐待の制止。一部青年から問題点の質問。

騎手と馬に大きな問題なし。



これが拷問でなくて何だというのだ。
しかもギャラリーの面前でそれをやるんですから、公開拷問もいいとこだよ。
各動物福祉団体が指導を求めてるのは、こんなことしなくても馬は走る、これらの痛めつけをやめよと指摘してるだけであって、祭りやめろとは言ってない。

上記の点を省略してる報道のしかたにも偏りがあると思いますが、yahooのコメント欄も非常にイタいね~。
皮膚が切れ、鼻血が出るまで殴られて走る馬の姿を見てから言ってもらいたいもんですよ。
それを伝統だから宗教だからと放置するのはどうかしてると思いますけどね。
かように、文化に埋め込まれた虐待というのは非常に怖いです。
暴力を容認するのがそこに流れる伝統なら、そこはやはり時代に合わせて変える必要があるでしょうね。
動物への態度というのはそのまま、人への態度の反映ですからね。

とはいえ、食肉やそれに伴うあれこれは、広義に見れば虐待だとは思います。
それどころか、競馬、ペット、その他動物を利用したすべての産業が広義には虐待でしょう。
動物の家畜化の過程そのものが虐待の過程とすることができるとも思う。それは否定しません。

しかし上記のようなドーピングや暴力は、狭義の虐待として弾劾されるべきものではないでしょうか。
相手に対してより大きな暴力を加えているのだから、小さな暴力はこの際無視していいというわけではない。

我々人間は動物に対し、常に広義の虐待を加えているからこそ、狭義の虐待を防ぎ、彼らの福祉を保障しなくてはならないんだと思います。
あ、もちろん、シーシェパードのような環境テロリストは別ですよ。
あれはもう、環境とか愛護云々以前の話ですからね。

それでも、狭義の虐待と広義の虐待をごっちゃにするような愚は犯したくないものです。
日本のアンチ動物愛護派の人たちはその辺ごちゃごちゃにするからね。アタマ悪いったら。
ま、その辺は、動物愛誤の人たちもゴリゴリだったりして、いい勝負なんですけども。

痛いことしなくても馬は走るし犬は従うんです→人気ブログランキング
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

いくつになったの

いつでも里親募集中

Power PUSH!

あなたは当事者ではない-〈当事者〉をめぐる質的心理学研究-
宮内 洋 今尾 真弓
4762825824
おいら的要チェキの当事者研が,ついに本になりました。
当事者とは何か?当事者とは誰のことか? 刺激的なタイトルですが,質的研究を志す人ならば必携です。


Fly Me to the Moon
Oscar Peterson
B000EXZFAI
ころころと転がる音の粒にうっとりして下さい。犬飼は疲れた時によく聞きます。

Advertisement



マクロミルへ登録

[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。

プロフィール

ぽちこ

  • Author:ぽちこ
  • 「心理学的見地からの人と動物の関係論」を追っかけている,質的研究好き。好きな言葉は「精進」。
    似てるポケモンはソーナンス。
    似てるモンスターははぐれメタル。
    好きなガンダムキャラはランバ・ラル。

    ※基本リンクフリーですが,一言下さると管理人喜びます。
    ※スパム,誹謗中傷コメント/TBお断り。管理人がそれと判断した場合は予告なくさっくり削除いたします。

    メールは件名を「ぽちこ賛江」として下記アドレスまでお願いいたします。
    Still_Life_Goes_On@ほっとめーる.co.jp(全て半角英数字)

ブログ内検索

携帯でもどうぞ

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

左サイドメニュー

生存確認

千客万来☆


CalendArchive

ぽちっとな☆


banner


新着コメント

LinkinGood!!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。