2010年02月17日 (水) | 編集 |
見ましたか?みなさん。男子フィギュア・ショート。
動画はこちら

まーもー、1~3位はすごい団子で、どの選手も息をのむような素晴らしい滑りを見せてくれてましたよね。
番狂わせもいいところで、アボットもジュベールもまさかのミス。オリンピックという大舞台にはやはり魔物が棲んでるんでしょうかね。

今んとこ、帝王プルシェンコが4回転ジャンプを武器にハナ差で勝ってますが、帝王にしては後半のステップに「こなしてる感」があって、そこだけは精彩をやや欠いていたような気がします。
しかし3年のブランクがあったのにあの演技はすごいっすね。

2位のライサチェクは今シーズン3アクセルにやや不安があるものの、華麗なステップで観客を魅了。4回転は挑戦しないとのことなので、演技点高めで維持する方向なのは明らか。

ということは、日本のエース・氷上の王子高橋くんがフリーで4回転を成功させ、かつあのステップのレベルを維持できたなら、かなりいいところまで行くんじゃないでしょうか。
けど4回転はかなり大きな賭けになるような気がするし、どうなんだろう。
攻めの姿勢に出てメダルが取れなかったらそれまでだと、おいらは思うけど。

織田くんはどうだろう、結構な点差ですし、120%の演技をした上で、上位の誰かのミスを待つ感じになっちゃうかなあ。

もうこのレベルになってくると気力と精神力の問題、引いてはアスリートとして迎えた危機を乗り越えたということのインパクトの大きさの問題なんじゃないかと思います。
それで行くと、ここ1年、高橋くんに降ってわいた壁は高かった。とても。
高橋くんはホントにもう、一生スケート滑れないんじゃないかと言われるほどのがけっぷちに追い込まれたわけですが、そこから生還した氷上の王子は、ちゃんと王位継承者の顔つきになっているように見えませんか。
少なくともおいらにはそう見える。

前回のオリンピックの経験と悔しさがあることによるものかもしれないし、彼個人が乗り越えた危機の大きさによるものかもしれないし、それら諸々が、王子を王位継承者たらしめたのじゃないかと思います。

怪我すりゃいいわけじゃぜんぜんないですが、でもやっぱね、実際に壁を乗り越えた人が持つ強みってのは、大きいと思う。
アスリート生命を脅かすほどの危機から生還するってことは、そういうことだと思います。

高橋くんは一度ぺしゃんこになった。だから今は大丈夫。もうぺしゃんこにはならない。

19日が今から楽しみです。

そして別な意味で同じくらい気になるのはジョニー・ウィアー→人気ブログランキング
スポンサーサイト
テーマ:研究者の生活
ジャンル:学問・文化・芸術
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック