--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年04月18日 (日) | 編集 |
pochiko_inukai

でも子どもとの面接を思い返してみると、なんつーか、やっぱりお医者さんの面接という感じがしなくもなかった。
04-17 04:17

@decostatw すごかった。いや、面接そのものは多分普通なんだけど、纏う空気をね、相手によって着替えてた。あのバリエーションはすごい。医師という職業の持つ権威性もコントロールしつつ、総着替え。
04-17 04:12

そういう意味では北国大で前ボスのケースをモニターさせてもらってた私はある意味勝ち組?
04-17 02:18

うむー。神田橋だって本の中では具体的なこと言ってるぞー。
04-17 02:18

ひょー。確かに寄り添うのは大事だけどさあ、せめて具体性を持たせてほしいなあ。それとも寄り添うの意味が違うのかしらん。
04-17 02:05

@decostatw ぎゃーなんじゃそらー!最悪だーそんなの研究者でも指導者でもねえよう。
04-17 01:54

ほんとそうですね。津崎さんレベルの人が量産できるならいいんですけども。大学に来ちゃってもったいない!と思うのは、西澤哲さんもです。 RT @peeoka : 現場で輝く人だけに、大学教授というのは勿体ないですね。
04-17 01:52

お、decoさんがいつになく熱い。いいぞいいぞー言ったれ~!
04-17 01:37

@peeoka 私が学部時代にすでにご本を読ませていただいていたので、凄いキャリアですよね。そしてこの熱さ。感服というか敬服というか。
04-17 01:28

子どもがその中からわざと「リンゴではないです」というのを選んで「だって当たってない?」とげらげら笑うので、もーちょい具体的に答えーよ、と言ったら「しょーがない、空気読んどくか」とぶつくさ言って、正解を答えたこと。超吹いた。
04-17 01:15

今日のヒットは子どもと英語やってて「Is this an orange?」という文章に答えれ、という問題があって、答えの選択肢としてまあ普通にYes/Noの答えと「It's not an apple」というのが与えられてて、
04-17 01:12

でもって「空気読む」ということの意味が全く分からないままのわたし。間合いを読むのは自閉圏の子もできるぞなもし。
04-17 01:09

自閉圏で社交性激高で社会性ゼロに近い感じだと、周囲と超もめるよね。社交性と社会性のアンバランスさがどの程度かで、社会的な部分のいざこざはある程度予測できるんだけど、どうにもならん。
04-17 01:08

最近、社会性と社交性は違うんだなあということをしみじみ感じることが多い。
04-17 01:06

不安感じる=自分死ぬかも→対象見つける→「おめー俺のこと殺す気だったべや!!」と怒りに転化→がぶー という流れを妄想中。 #attachment_boo
04-17 01:02

でも無理やり妄想してみると、動物にとって何が不安かといえば群れからはぐれること(=死ですからね)で、その不安を解消するには手当たり次第に対象にその不安をぶつけること、なの、かなあ(自信全くなし)。 #attachment_boo
04-17 00:59

犬は人ほど表象能力高くないので、対象が目の前からいなくなると途端に不安が強くなるようです。 #attachment_boo
04-17 00:55

ちなみにうちの犬はいたってニュートラルなため、獣医師さんからは結構評判がいいです。でもやっぱ私がいないとひゃんひゃんゆってるので、セキュアベースなしでは不安に勝てないのかも。 #attachment_boo
04-17 00:52

何が言いたいかと言いますと、不安から攻撃性への転化は、非常に原初的なもので、原初的であるがゆえにメカニズムは分かりにくいのではないかと。 #attachment_boo
04-17 00:51

犬が最高に不安にあるのはどこかったら動物病院の診察台の上なわけですがw、獣医師の知り合いたちに訊くと、だいたい人、あ、犬か、が変わったようにがうがう言いだすか、うれしょんするほど媚び媚びになるかなのだそうで。 #attachment_boo
04-17 00:50

ちなみに犬の場合、不安は攻撃行動か躁状態のトリガーになり得ます。不安に対する防衛なんじゃないのかなあ。ってこれじゃあ答えになってませんね。すみません。 #attachment_boo
04-17 00:48

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。